カテゴリー「大学関係」の投稿

2017/06/17

郡山でスクーリング

Img_2121 人口20万から30万人都市というのは、たまに帰ると昔のものがそのまま残っているところがある。戻ることが予想されている都市規模だ。これよりも大きくなってしまうと再開発が盛んになって、昔が破壊され、これよりも小さいと、衰退の波に勝てなくなる。郡山市にスクーリングのための出張できている。ここがちょうど人口30万人なのだそうだ。

 

Img_2123 東京から東北新幹線に乗ると、仙台や山形くらいの遠出する気分になる。列車に乗り込んで那須高原を過ぎ、関東を超えて出て行くとそのあと、ずいぶんと距離があるように思い込んでいた。頭の中に具体的な距離感がなかったのだった。東日本大震災のときに、同じ阿武隈川流域にある亘理町へ行ったが、これは太平洋側であった。郡山市は、それからぐるっと、川が回って内陸部へ入っているところにあるのだ。残していた北欧ミステリーを読んでいたら、なんと東京を出発して1時間18分で郡山へ着いてしまった。

 

Img_2124 駅前広場が広くとってあり、ここのバス停から郡山女子大のバス停まで、10分ちょっとでつく。福島学習センターは、郡山女子大が生涯学習のために建てた建物「もみじ館」に入っている。そして、隣には会議・集会所施設の「つつじ館」があって、こちらはゼミなどに利用されている。レンガ壁作りの洋館が洒落ていて、静かな学習センターだ。駅から少し距離があるが、市役所のそばであり、女子大の図書館も近くにある。交通の不便さはあるのだが、勉強するには恵まれた環境だといえる。

 

Img_2127_2 学習センター所長M先生は教育行政の専門の方で、隣接する公園と神社を案内してくださった。日本史の中の明治期開発の典型例として有名な、猪苗代湖から灌漑用水を引いた「安積疎水」の中心地が、この学習センターの位置している公園で、その昔は沼地だったそうだ。現在は、開拓地記念のモニュメントが建っていて、そこが五十鈴池となっている。昼休みに、気分転換するには最適な散歩コースだった。講義も順調に進んで、質問もたくさん出て、ヒアリングを行っているような楽しい面接授業だった。また偶然にも、学習センターでもいくつもの貴重な情報を様々に仕入れることができて、成果満載の出張だったのだ。

 

Img_2134 駅のそばに宿をとっていたので、郡山の幹線道路の「さくら通り」をずっと歩いて帰ることにする。4月ならば、お花見を同時にできたのかもしれない。市役所をちょっと過ぎたところに、「薄皮饅頭」製造で有名な柏屋が経営しているスイーツの店「Branco」がある。Img_2137 7時間立って講義した後の栄養補給のために、「白桃のショートケーキ」を取り、コーヒーを飲む。夕暮れの中を家へ帰る自動車の波を見ながら、講義で熱くなった頭の中を冷やしてから、ようやく席をたった。

 

Img_2144 20万から30万都市の目安のひとつは、専門書店があるか否か、老舗百貨店があるか否か、そして映画館があるか否か、という点であり、ここには全てあり、そして「郡山テアトル」という複数のスクリーンを二つのビルにもつ名画座風の映画館があるのだ。Img_2159 Img_2157 「出張先で映画を」という習慣は抜きがたい。成島出監督の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」を観る。会社上司のパワハラにあう主人公の一人「青山」が、もう一人の主人公「ヤマモト」に支えられて、パワハラから脱する物語だ。来週は盛岡出張なのだが、今から宮澤賢治が頭に浮かんできた。「セロ弾きのゴーシュ」で、楽長に怒られて、町はずれの川ばたにあるこわれた水車小屋に、重く黒い大きなものを背負って帰っていくゴーシュの気分を思い出したのだった。

 

Img_2146 さて、問題は、映画館での夕食だ。福島学習センターからの帰り道、偶然見つけたバーガー屋さん「SONORA」が美味しかったのだ。安積疏水が通ってきている原野が、最後には阿武隈川河岸段丘で低地へおりて行き、郡山駅へと通じるところに、清水台という場所があって、急な坂道が斜めにゆるくカーブして、国道の幹線道路へ続いている。Img_2156 その両側が、なんとなく渋谷の道玄坂みたいな雰囲気を持っていて、椅子を巧みに展示している花屋さんや古道具屋さんが並んでおり、その連なりの中に「SONORA」がある。白かべの内装と、無垢の木で専用に作られた椅子とテーブルが素敵だ。テイクアウトで、米沢牛バーガーを購入して、何か良いものを発見したような楽しい気分になって、この坂道を下ったのだ。Img_2152 Img_2150

2017/04/29

天川晃先生、林敏彦先生が逝去される

427日に政治学の天川晃先生、28日に経済学の林敏彦先生が、相次いで亡くなった。それぞれ放送大学で、10年あまりに渡ってお世話になった。「社会と産業」コースの中でも、実際の職場で一緒に仕事をさせていただいたという公式の立場よりも、職場以外のゼミ、合宿、飲み会などでの立ち振る舞いや、言動での声の調子などでの印象が強い。二先生とも、日本における政治学と経済学の正統的な本流を歩んできているので、放送大学における存在感よりも、公的な場所での存在の方が大きかったと記憶しているのだが、もちろんそれを超えて、非公式での印象も深いものがあったのだ。

 

二先生とも、若い頃から、そして現役時代にも合唱団に関わっていたと聞いている。もちろん声質は違っていて、低音であったりバリトンであったりするのだが、よく通って聴きやすい声音だった。天川先生は神奈川の交響楽団とも共演する合唱団に所属していた。また、林先生は米国滞在中に、小澤征爾の合唱指導を受けた経験があるとのことだった。小澤はまず歌わせてみるそうで、最初にその合唱の良い点を褒めるのだ。そして、人びとが図に乗ってきたところで、成長曲線へ載せるべく、厳しく1ランクほどアップさせる指揮を行うとのことだった。天川先生のゼミは、合唱団のように結束が硬かったし、林先生のゼミ運営では、成長めざましい学生たちが次々と湧出したのだった。

 

合唱団での経験が、それぞれの学問方法にどれほどの影響を与えていたのかは、推測してみることしかできないのだが、思い出してみると、若手にどんどん新しいことを行わせ、勢いをつけるという方法には二先生とも長けていたといえる。それはきっと、合唱団での方法も影響を与えていたのではないかと考えるのだった。きっと天の上からも、みんなを引き上げてくださっていることだろうと思われるのだ。ご冥福をお祈りいたします。

2017/03/31

知識循環研究プロジェクトの終わりと印刷教材の電子保存

Img_6972 2003年から続いてきた「知識循環研究プロジェクト」が終わりに近づいている。放送大学の規定に則って、また振興会の許可を得て、印刷教材書籍の約9割の電子化を行った。放送大学設立の1985年から2014年までに至る、およそ2千冊分の印刷教材をDVDに納めて、このような形になったのだ。

 

Img_6977 当初の知識循環研究では、放送大学の放送教材、つまり映像の検索を行い、二次利用につなげようという研究開発だった。これは、3年くらいで文部科学省からの資金が終焉したのに合わせて、プロジェクトも終了した。これだけでも、相当な記憶装置を使った。これらは、研究が終了した時点で、保存目的以外のものは消去することになっている。

 

Img_6973 その後、この知識循環研究を継続することが文部科学省から求められたので、放送大学の内部資金や放送大学教育振興会助成金などをつないで、ようやくここまで来たということだ。この10年間には、主として放送大学の印刷教材のほとんどを電子化することに注力してきた。だいぶわたしの研究費もつぎ込んだので、かなりの負担と労力を使ってきたな、という感慨がある。また、同僚のH先生とK先生にはたいへんなご支持とご協力とをいただけた

 

とりわけ、実際に電子化作業にあたってくださった、SさんとKさんにはほんとうに感謝申し上げる次第である。ちょうどお子さんたちが小学校へ入り、次第に手から離れ、大学を出て、社会へ出て行く時期に、時間を割いて働いてくださった。丁寧で細やかな作業は、コンピュータを使うとはいえ、熟練が必要とされる作業だ。ちょっとしたやり方次第で、粗雑になったり、画像転換がうまくいかなくなったりするのだ。それをうまく制御して、綺麗な電子化を行ってくださったのだ。

 

今回、振興会からの資金が最後の3年計画となり、それ以上は無理だということで、計画がこれで切れることになり、終了ということになった。また、印刷教材自体の保存が悪く、電子化に使用できる紙版の原本が枯渇してしまったという事情も重なったのだ。じつは紙版自体の印刷教材も全部揃っているのは、附属図書館の1セットしかないようだ。今回の終了で、電子化のこの熟練した技能が失われてしまうのは、残念である。時には、他の先生方から頼まれて、その著書を電子化してあげたこともあるほど、腕を買われていたのだ。先日会食を近くのイタリアンのOREAJIで行った時に、この10数年間の思い出を出し合ったのだ。

 

Img_6462 年度末には、他にもこのような成果物がようやくにして出来上がってくる。じつは先日、いつも季節カフェを一緒するW大のO先生から、ご著書『変容する社会と社会学』が送付されてきていた。近代社会の「成功の物語」と「幸福の物語」と、その機能不全という、O先生の図式が説得的に語られていた。頭の中がすっきりとして、整理されるという論文だった。

2017/03/20

神保町で研究指導

Img_6480 松江に住む修士課程の学生の方から、仕事での研究会が東京であり出張してくるから、そのついでに会えないかと連絡が来た。彼女はたいへん仕事が忙しい人で、いつもはインターネットを通じて、ゼミに参加することになっていたのだが、このところ上手く繋がらないこともあって、連絡が途絶えがちになっていて、心配していたのだった。ちょうど、春休みになって、こちらの仕事も一段落してきたので、東京の出張先に近いところで会おうということになったのだ。

 

Img_6469 出張先はどこかと聞くと、どうやら文京区のT大だということがわかったので、東京文京学習センターで会うのがよいなと考えていたのだ。ところが、約束の日が320日だということになり、祝日の代替日でセンターはお休みだということになっていた。Img_6470 長居できる場所が必要だということから、それでは、ということで、神保町の喫茶店でどうかということになったのだ。ところがということなのだが、じつはここもやはり、この日ばかりはお休みの店が多くて、いつも行く静かな喫茶店ラドリオもだめだった。それで、ラドリオの向かいの、初めて行くミロンガという店でと約束をしていた。

 

Img_6473 ところが実際、ミロンガに着いてみると、他の店がお休みだということを受けて、やはり、満席で研究指導を行うどころではないのだった。それで、入るのをあきらめて、横丁を出たところのビル地下にある、自家焙煎の喫茶店「伯刺西爾(ブラジル)」へ降りて行く。Img_6477 ここも満員なのはわかっていたのだが、ちょっとまてば、良い席が空くこともわかっていたので、入り口付近でプリントを広げながら、話して待つこと10分、案の定一番奥の話しやすい最適の席をとれたのだった。

 

Img_6475 修士論文の内容は、まだ途中なので、ここで言うことはできないのだが、全体的な筋展開であれば、影響はないだろう。社会人研究者特有の現代的なテーマで、独自の社会調査を行うというので、出来上がれば興味のつきないものとなるであろう。今日のところは仮説と因果関係のおおよそのところをきいておいて、調査が上がってきたら詰めようということになったのだ。Img_6474_3 ただ、興味津々のところだったので、雑多などうでもよい知識をたくさん吹聴してしまったのは悪かったと反省している次第なのだ。でも、たとえ修士論文であっても、面白くなければ書く意味がうすれるだろう。ここが肝心だと思う。

 

Img_6481 この神保町という街の健全で人を惹きつけるところは、このようなむかしからの店が残って集積が素晴らしいから、十分にアマゾンやブックオフへ対抗できる力をもっている点であろう。Tさんとはここでお別れして、わたしは仕事が残っている幕張へ取って返して、4月から始まる授業の準備に余念がなかったのだ。まだまだ、春休み中も、旅する人を続けなければならない運命にあるようだ。

 

 

2017/03/10

群馬での合宿

Img_6157 今年も3月を迎えることができたという余韻が1週間経ってもまだある。原稿を出して、ホッとする余裕ができたことを喜んでいる。さて、この余韻の続いている時期に毎年恒例となった、「社会と産業」コースの先生方との合宿への参加のために群馬へ向かう。Img_6168 もちろん、自由参加の私費旅行なのだが、ほぼ9割の先生方が参加するのだ。これまで、K先生の地元である群馬の湯宿温泉で開かれてきている。

 

近年、東京駅のエキナカが充実してきていて、昔であったら駅弁を買い込んで、列車の中で食べるのだが、今はそれよりも、暖かい昼食をエキナカでしっかり食べてから、Img_6346 新幹線へ乗り込んだ方が、ゆったりとする気がするくらいなのだ。新幹線が速すぎて、上毛高原までの間に弁当を食べ、さらに列車を楽しむ余裕がない。

 

トンネルを抜けると、雪が残っているという毎年恒例の情景にも、慣れることがない。その山の頂に見える雪に向かい、バスは赤谷川に沿って、ずっと登っていく。Img_6130 三国街道の須川宿で降りると、そこには手作り工房が並んでいて、「たくみの里」が展開している。今年も昨年と同様に、ふっと顔あげると、H先生が目の前を歩いている。6回目の探訪となるらしいのだが、須川宿の郷土記念館から出てきたところだとおっしゃっていた。これも昨年と同様なのだが、山椒の店へ入って、甘酒を1杯いただく。Img_6159 夜のためのブルーベリージュースを農協で購入して、いつもながらの宿場町の「中央用水構造」についての雑談をしながら、雪が1メートルほど残る山道を、須川宿から湯宿温泉へ下る。

 

Img_6390 早めに宿へ入って、早速1度目の温泉風呂へ浸かる。じんじんと突き刺すくらい熱い湯が、この湯宿温泉の特色で、丸い湯船に身体を投げ出すと、肩こりや腰の痛みなどが吹き飛んでしまうのを覚える。決してキツくはないのだが、硫黄の香りがなんとなく漂ってきて、頭も刺激する。

Img_6384

Img_6381 そもそもこの合宿の目的は、歓送迎会なのだが、大学に関する議論や研修として計画されたという昔の経緯もあるために、食事の前には、真面目な議論が行われることになっている。Img_6177 今年も真面目すぎて食事時間に食い込むくらいの議論を行ってしまった。Img_6379 程よいところで、M先生がそろそろ食事にしませんか、とにこやかに提案してくださったので、ようやくにして議論の方はめでたく終了となり、本来の歓送迎会となった。

 

Img_6176 今年度末に退任なさるK副学長とH先生のご挨拶は、放送大学での人生のあり方を感じさせるものだった。また、R先生が新任として4月から加わるので、この合宿にも参加してきていた。料理は、ヤマメの塩焼きをはじめとして、お腹いっぱいになるほどだった。

 

Img_6188 次の日には、午前中いくつかのグループに分かれて行動して、最終的に12時に集合して、これも恒例となった「たくみの里食堂」にて、ジビエ料理をいただくことになっている。わたしたちは、地元のK先生の運転で、須川宿、相俣宿、猿ヶ京に連なる宿場町であった、「永井宿」へ向かった。Img_6193 同行のH先生に寄れば、もしかしたら、宿場の中央用水構造の資料も手に入れることができるかもしれないとおっしゃるのだった。

 

Img_6199 標高がだいぶ上がってきていることこともあって、永井宿ではやはり雪が降っていた。K先生が地元のかたに昔の用水の様子を聞いてくださったりして、それなりの収穫があったのだ。Img_6203 また、古い旅館だったような建物も残っていて、柱に施された修飾模様なども凝った造りを残していた。三国街道の華やかなりし頃をしのぶのに十分であったのだ。Img_6214_2 残念ながら、冬季には資料館が閉じられていて、資料そのものは見ることができなかったけれど。同様にして、猿ヶ京温泉にある関所跡・役宅跡なども、閉まっていて中までは見ることができなかった。Img_6250 その代わりに、食堂への途中、相俣ダムに寄ったのだが、そこでの流木が印象に残った。Img_6266 「流木はゴミなのか、資源なのか」という問いかけも面白い視点だと思ったのだ。

 

「たくみの里」に戻って、初めてカスタネット工房の展示を見ることができた。Img_6281 日本のカスタネットの多くがここで作られているのだそうだ。それは、「赤谷プロジェクト」という林業プロジェクトとネットワークを形成していて、間伐材などを有効利用したり、広葉樹の植林などを行ったりしているのだそうだ。Img_6284 ブナやナラ、サクラなどの木工の材料となるような、樹木のプロジェクトが形成されているのを見せていただいたのだ。

 

Img_6141 今年の「たくみの里」での収穫は、これも毎年訪れている革工房「KURO」でいくつかの革製品を購入したことだ。ぷっくりとした作品を得意としている。Img_6426 この赤いハートの飾りもさることながら、この青いキーフォールダー風のものも面白いのだ。さてクイズなのだが、これは何に使うものでしょうか。Img_6428 それから、ご主人が昨年から今年にかけて店を改装していて、漆喰風に壁を真っ白に塗ってあった。その壁に飾られていた、黒革カバンがとても良かったのだ。Img_6302 2年前にわたしが購入したカバンよりもひとまわり大きなサイズで、柔らかそうなぷっくりしたタイプだ。

 

Img_6136 今年の「たくみの里食堂」のジビエ料理は、イノシシ中心だった。このイノシシ肉のソーセージやベーコンに始まり、山菜のオードブル、焼肉と煮物などが昨年同様に、どんどん続いて出てくる。Img_6310 今年はM先生が、「赤ワインがイノシシ肉に会うのでは」と言出だし、それに応じて、S先生がキャンティワインなどを見繕って持ってきてくださったのだ。

Img_6306Img_6308Img_6309Img_6311Img_6316Img_6317Img_6319Img_6320Img_6321Img_6325Img_6328Img_6331Img_6332Img_6333Img_6335 そして、最後は食堂のご主人の手打ち蕎麦で締めとなったのだ。わたしはここで先生方とはお別れして、ワインと日本酒が相当身体に染み込んでいたので、Img_6336 向かいの喫茶店「マッチ絵の家」の薪ストーブの前で、しばし読書し酔いを冷ますことにした。Img_6154 薪ストーブの暖かさは、時間の進行を緩くするのだった。

Img_6342

夕方になって、湯宿温泉に帰り、宿の外湯を訪れることにする。Img_6338 4つの外湯があり、その中で最も古い建物が使われているという「松の湯」へ行く。Img_6362 昔からこの湯が好きで通ってきているという、地元の60歳くらいの方と一緒になった。Img_6360 お話を聞きながら、じっくりと温まる。この4つの外湯は、地元の70軒くらいの共同体によって維持されていて、各世帯は月に1500円費用負担しているとのことだった。これで、清掃代などが支払われているらしい。お湯は湯本温泉の源泉から大量に供給されている。この湯宿温泉のすべての泊り客は、心付けを払えば、これらの外湯に入って良いことになっている。鍵を宿のフロントで借りることができるのだ。Img_6361 4つも外湯があるというのは珍しいらしく、松の湯の帰りに、入り口で5人ほどの若い男女の温泉マニアの人々に呼び止められ、お湯の様子を聞かれてしまったのだ。お湯の効用は素晴らしく、暖房がいらないほど、布団の中でもポカポカとしてくるのだった。Img_6376

2017/01/17

来年度放送する授業「色と形を探究する」の最終録画が終了した

2017 2017_3

4 月から始まるテレビ科目「色と形を探究する」とラジオ科目「日本語アカデミックライティング」のテキストがはやばやと送られてきた。2年間かけて制作したのだ。 一緒に制作した先生方や、編集者・ディレクターの顔は浮かんでくるものの、手に取ってみると、原稿用紙に書きつけていた頃が夢のごとくであり、自分の手から離れてしまった文章がこのように活字となってしまうと、にわかに書きつけられた世界がすでに彼方の世界のように思えてしまう。とはいえ、授業科目なので、録画・録音したのちも、数年間は質問を受けたり試験を採点したりと、通常業務がついてまわるし、何度も考え直すことが出てくることになるだろう。

 

P1176852_2 思い返してみると、わたしはここ数年間、音や色や形や言葉などの「感性」というものに注目して授業科目を作ってきた。経済学からは少し離れるのだが、十分に社会科学の領域内で考えることが可能だったので面白いと思いつつ制作してきた。感性を媒介として、人と人とがいかに結びついているのかを考えてきた。今年は、特に「色と形」に焦点を結んで考えてきたのだ。かなり困難なこともあったのだが、それでも、得るものはたいへん多かったし、今後の課題も発掘することもできた。さて、このように成果物が目の前にあるのだが、学生の方がたはこれらをどのように受けとめるのだろうか。

 

P1176880 それで、今日はテキストが届いただけでなく、じつは授業科目「色と形を探究する」の第15回、つまり最終回の収録日なのだ。5人の担当した講師全員、N先生、S先生、Y先生、O先生、そしてわたしで最後をしめようということになっている。午後からの収録に、Y先生は早くから控え室にきていらっしゃった。準備としては、それほどないのだが、定番通りメイクアップする部屋へ行って、専門のスタッフによって、テレビ用のお化粧をするのだ。それが済むと、テレビの技術スタッフとの全体的な打ち合わせがあり、シナリオ案にしたがって、ディレクターがレクチャーして、ディレクター達は二階の副調整室へ入り、私たちはスタジオフロアでカメラの前に座ることになる。

 

P1176854 今まで数百回も行ってはいるのだが、いつもこの録画の流れに没頭するまでには時間がかかるのだ。それで大概はリハーサルというものを行って、スタッフと出演者が互いに確認し合うのだが、今回は慣れた先生方だけなので、それぞれの場面のリハーサルは行わずに、進めるところは進むだけ撮っていくことになる。これだけ慣れた先生方ならば、腹八分目でおおよそのところうまくいけばOKなのだ。P1176864 講義というものは、相手との間の了解なので、上手い下手はあるのだが、大方良好に伝わるのであれば、それで良いのだと思われる。対話というものは、この程度の曖昧さが必要で、あまりにびっしりと計画どおりに、一字一句正確に撮ってしまうと、身も蓋もない杓子定規の、聞くに耐えないものになってしまう恐れがある。ある程度の緩さが必要なのだ。

 

P1176875_2 自然科学における「色と形」と、人文科学における「色と形」、さらに社会科学における「色と形」が勢揃いした。それでわかったことは、「色と形」の現れ方が、時間的・空間的にかなり幅があるということだった。Y先生は何億光年にも及ぶ「色」の出現について述べていたが、次のS先生は現在目の前にある「色」というものの現れを問題にしていた。この隔絶した世界のあり方を、一気に並べて共通点や、相違点を述べてしまうという壮大なことを、この番組で行ったのだった。O先生の批評が当を得ていたと思われる。P1176853 客観的な「色と形」から主観的な「色と形」、表層の「色と形」から深層の「色と形」、作り出す側の「色と形」から受け取る側の「色と形」などなど、この多様な幅のある「色と形」にはまだまだ探究すべきことがたくさん残されているな、というのが率直な、録画後の感想だった。けれども、「色と形」を様々な角度から考える「橋頭堡」のようなものをここに築くことができたのではないかと思われる。わたしたちが生活する中で、常に分子レベルの色彩を感知する細胞を意識しながら、「青」という色を認識するわけでもないのだ。生物学的な認知と、心理学的な認知と、さらに社会科学的な認知には、ある程度の距離があって当然だということもおぼろげながらわかってきたのだった。

 

P1176881 さて、いよいよ夕方になって最終回の打ち上げ会だ。近くのイタリアン「Oreaji」にて開いた。この科目を企てたH先生も加わってきた。天文学のY先生は、今年度で定年となるのであるが、タイミングの良い?ことに、ちょうど今日が古希の誕生日だということであった。S先生の取り計らいで、このような誕生日プレートが用意されて、打ち上げ会も盛り上がったのだった。P1176897 考えて見ると、通常の大学では、天文学の先生とこんな雑談をする機会は、社会科学者にはないし、ましてや同じ授業科目を作ってしまうなどということもないのだ。今回は、「日本語アカデミックライティング」とこの「色と形を探究する」の二科目で一緒して、自然科学的「感性」と社会科学的「感性」の共通点と相違点を考えることができたのは、もちろんすべてを理解したわけではないとしても、たいへん稀有な体験であったと感謝している。

 

 

P1176887_2 また、今回の収録では、3人の先生方がガテマラ取材を成功させていて、その時のシャーマンなどとのやりとりも、学問を超えた話として興味深いものだった。このやり方をもう少し最後の番組で反映させればよかったとも思ったが、それはあとの祭りとして、謹んで今後の課題として楽しみに残しておいても良いのだと思ったのだった。P1176902_2 さてせっかく、「色と形」という小さな窓が空いたのだから、一方的に窓から見える風景だけでなく、外からそれぞれの部屋へ闖入して、それぞれの研究分野へと重ねることができればということだが、それにはもっと時間が必要だろう。P1176901_2 けれども、少なくとも受講生の方々の中では、このような窓が開くことになるのだから、風の如くに存分に部屋に入り込んで、いろいろな「色と形」の姿を見ていただきたいと考えている。とにかく、一つの終わりと、もう一つの終わりの始まりとがあったのだ。


2016/12/23

京都で博士課程のゼミを行う

Img_1800 博士後期課程の「経済学研究法」と「特定研究」の集中ゼミを京都で行って来た。京都学習センターでは、講義室が少なく限られているので、計画通りにゼミ室を取ることは難しい。そこで、学習センターの入っている、駅前のキャンパスプラザ京都の研修室を一日中借り切って、三日間に渡ってゼミを行ったのだ。島根、滋賀、大阪から加わってくる大学院生にとっては、駅前のビルは交通の便も良く、食事の心配もなく(一階に入っている「Kenya」は、学割が効くし、研修室まで出前してくれるのだ)、静かな空間が保証されている。

 

Img_5490 Fさん、Yさん、Hさんそれぞれにテーマは違っているのは、放送大学大学院的特性であって、縦に深く、さらに横に幅広くという大学の理念通りの課題を抱えており、好ましい議論ができる状況が現れたのだ。Img_1812 一人は消費者・生産者関係、一人は患者・医師関係、一人は被ケアラー・ケアラー関係で、内容や言葉はかなり異なるにもかかわらず、共通点もあって、大きな構図をみんなで描いているような気になってくる。朝から議論していて、気がつくと昼食となり、さらに気がつくと夕食の時間になっている。

 

Img_5511 そのうち、彼らの議論は査読論文などで現れてくると思われるが、それぞれの微妙に異なる点が他の人のテーマへ少なからず影響を与えていて、差異にこだわればこだわるほど、その差異が共通の課題となって現れてくるという、言葉で書いてしまうのは簡単だけれど、実際に現れてくると少し驚くようなことが起こっているのだ。Img_5515 この小さな差異となって現れる特殊な現象を一度解体して見ると、その底では原理的なところで結びついてくるという、意外な共通点が明らかになって来たのだった。

 

Img_5501 いくつかのキイポイントはあるのだが、それらは、消費者・生産者関係、患者・医師関係、被ケアラー・ケアラー関係のほぼ中間で問題になるという、きわめて普遍的な言葉で括ることができ、さらにそれぞれに異なる現象が生ずるところが面白いところだ。諸氏の健闘に期待したい。

 

Img_1807 ゼミの後には、京都で生まれ育ったHさんの紹介で、全面がガラス窓で、駅前広場が一望のもとに見ることができる、素敵なレストランへ入った。前に見える京都タワーが改装されたそうで、この塔のライトアップが当初は古い京都で違和感があったのだが、Img_5525 これだけの歴史を経ると、かえって京都のランドマークになっていると思われる。京都駅の成り立ちや、洛中洛外の話など雑談の方も盛んになった。このあといつものように、四条の方へ宿をとっていたので、夜には喫茶店「Kocsi」に出かけて、食後の甘い系統のパン数種と、コーヒーを飲んだ。Img_5519 Img_1808

2016/12/20

ラジオの最終収録

2017_4 年の瀬が迫ってくると、仕事もあらゆるものが最終を迎える。今日は、二年前からテキストを製作し、さらに今年度ラジオ講座を製作して来たものが、収録の最終回を迎えることになったのだ。『日本語アカデミックライティング』と題する放送大学のラジオ講座だ。書くことをとりわけ意識した論文作成講座なのだ。

 

ヨーロッパ経済史のK先生と日本語学のT先生が主任講師となって、天文学のY先生、教育社会学のI先生、そしてわたしが加わっての異なる専門領域の5名の先生による講座だ。先生方は、それぞれの専門領域で一家言を持つ方々ばかりなので、全ての番組に立ち会ったK先生とT先生は色々な意味でたいへんな思いで臨んだものと思われる。苦労が多かったラジオ制作だったと推察される。

 

けれども、こうして終わって見ると、かえって良いことばかりが思い出されて、多くの先生方と一緒に作る楽しさが思い返される。今回の中で、最も印象に残っているのは、番組の中へ挿入された対談者の言葉だ。

 

わたしは、今回おもしろいテーマをいただいて、二章分書いた。一つはこれまでも何回か書いたこともある「情報を調べる」という章であるのだが、これはこれで、今回書き直して色々と興味深いものがあったのだ。けれども、もう一つのテーマが変わっていて、「他者の言葉で書く」というものだった。この他者という言葉を使って、書くということを考えさせてくれるというので、二つ返事で飛びついたのだった。

 

それで、わたしの担当回の「他者と書くことの関係」についてはそれはそれで楽しかったのだが、それに加えて、今日の座談会でも、他の先生方からも興味深い話が飛び出して来たのだった。K先生のお話はとくに印象的だった。若い頃に漱石全集を購入して、日夜文体を真似したのだそうだ。そしてときには、字体までなぞったとのことだ。

 

もちろん、そのままを真似ること自体に意味があるのではなく、真似ることで自分の体内に文体や字体が浸透することが重要なのだ。おうむ返しのように、すぐに真似ることの結果を求めるのではなく、自分のものになったという確信が必要なのだ。他者が自分の中に入ってくるということは、思った以上に困難があり、これを克服しなければ、他者の言葉を使って書くなどということはできないということだろう。

 

じつはラジオにおける座談会は、時間との勝負のところがある。一人の話者が時間を取ってしまうと、他の話者は時間が少なくなるというジレンマがあるのだ。だから、何か言おうと考えている場合に、ふつうは自分のいうことだけを考えて発言すれば良いのだ。ところが、ラジオの座談会では、それこそ他者がこの次どのようなことを言うのかまで予想を立てつつ、発言しなければならない。今回の座談会では、この「他者」がどのように言うのかを意識しつつの座談会であり、時間がぴったりに終わったことから考えて、5人の先生方がそれぞれの発言ばかりか、他の4人の発言を考えながら、つまりは、他者の言葉を意識しながら座談会を行なったのだと推察されるのだ。


この時間のぴったり感は、文章を書くときには、すこぶる大事なものだと思われる。ぴったりしていれば、表現もぴったりするということだ。ぜひ来年4月から始まる『日本語アカデミックライティング』のラジオ放送を聴いていただければと思うのだ。

2016/12/10

卒論審査・発表会が幕張で開かれた

Img_5418 一年の中でも、果実の収穫時期という印象のあるのが、今日行われる、この発表会だ。外目には大したことなさそうに、思えるのかもしれないが、やはり発表者にとっては、一年間この論文を仕上げるためにかなりの時間を費やしてきており、思い入れの程度は並大抵のものではないはずだ。恒例となった12月の卒論審査・発表会が、幕張本部の研究棟で開かれた。始まる1時間前には、10人ほどの発表者たちがすでに集まっていて、資料の準備に余念がない。


Img_5390 会場でわたしの前の席に座っていた、北海道からいらっしゃったOさんから話しかけられた。姿を見ても気がつかなかったが、ラジオ授業を聞いていたので、声で分かりましたということだった。美声でなくて申し訳ありませんとわたしは謙虚に謝った。そしてさらに、先日の北海道学習センターでの面接授業の時に、廊下ですれ違ったのを思い出したとのことだった。こちらもまた、お見それいたしました。Oさんは力の入った気迫を感じさせる発表をなさったのだ。

  

Img_5421 わたしのゼミの、Kさん、Sさん、Oさんは、皆さん完璧と言えるほどに準備万端だった。あまり準備しすぎると気力が続かないから、少し抑制した方が良い、と助言したくなるほどだった。三人ともに、10分という、与えられた時間ぴったりに報告が終了するという出来だった。

 

Img_5441 わたし自身はネットでのゼミ運営がルーズなのであるが、本人たちがその足りない部分を互いに補い合っていた。同様にして、発表会のプレゼンでも、三人三様の自分の特色を生かした報告を展開していた。トップバッターのKさんは、全体を大きく掴んで、それをうまくサマライズして提示する能力に長けた方で、「社会は私たちの脳の中に存在する」という、壮大な研究計画の一部を今回発表し、一部の発表で全体像がよく見えないという欠点をうまく乗り越えていた。


Img_5401 Sさんは、アイディア豊かな方で、今回の福島県の只見町のつる細工という、ふつうの方は見逃してしまいそうな題材を取り上げつつ、「どのような条件のもとで存続可能なのか」という困難な問題に挑んでいた。挑戦的な論文になったのではないかと思う。Img_5424 只見町の隣の三島町の編み細工は有名なのだが、あえて有名ではない方を取り上げて、特色を出していた。Oさんは、バランスの良い、確実な思考を展開する能力の持ち主で、重点を定めてそれへ向かって着実に結果を出していたと思われる。この誠実さが発展を生み出したのだと思われるのだ。

 

Img_5446 あまり褒めすぎると手前味噌的に思われてしまうので、ほどほどにとどめておくことにするが、この三人の方がたのコミュニケーションの取り方には、素晴らしいものがあったのは事実だ。一人の方が問いを発すると、他の二人の方々が答えを返すという、キャンパスネットワークの掲示板のやりとりが歴代のゼミの中でも群を抜いて多かった。この点はここに記録として留めておこうと思うのだ。Img_5450 日常文をふつうに掲示板に書きつけることができるということは、やはり観念をはっきり記述する能力が高いのだと思われる。これはやはり、社会人のなせる技なのだと思われる。言葉を慎重に選んで、言って良いことと言って悪いことを的確に書き分けることができるということだ。


発表会の写真を多く撮ったのであるが、皆さんのメールアドレスをまとめて聞いていなかったので、送付できなかった。この発表会で報告なさった方で、もし自分の発表場面の写真をご希望の方はわたしのHPからのメールでお知らせいただければ、送付したいと思っている。どうぞ連絡ください。

 

 

2016/12/01

札幌での面接授業

Img_5215 昨夜、陽が落ちてからホテルへ着いたので、寒さのために窓に霧がかかって細かい水滴がついていた。それで、外の景色はキラキラしたビルのガラス窓しかわからなかった。向こうの方に、コンサートホールらしき大きな建物がようやくわかる程度だった。Img_1709 朝になって、水滴のない窓の上の方から、青空が広がっているのが見え、その下には札幌の藻岩山が昨夜降った雪で冬化粧をして現れた。そして、眼下には中島公園の池が真っ白に凍結していた。白い世界が目覚ましの清涼な風を運んできた。

Img_5185 朝食を食べた後、まだ時間があったので、ホテルの中島公園散歩案内図をもらって、ちょっと歩いた。ホテルの横がすぐ公園の入り口になっていて、地下鉄へ向かう通勤客が足早に階段を下っていく。Img_5183 幼稚園の施設が建物を擬人化させて、単調な緑の景色に剽軽なアクセントを加えている。道なりにコンサートホールへ向かって池の周囲を迂回する。途中、ベンチがあって、池に臨みつつ、重要文化財の豊平館を望む良好な配置の場所があった。Img_5192 典型的なレイクビューのベンチだ。おそらく、世界中のベンチの中でも、腰掛け率などというものがあるかわからないが、それに相当する率が良いと思われる椅子だ。Img_5194 ここを通る人の多くが必ず座ってしまうほどの良いロケーションのベンチである。

Img_5191 公園には、多くの彫刻が置かれているのだが、コンサートホールが近くにあることもあって、音楽に関係したものが散見される。Img_5199 札幌交響楽団の本拠地だということで、地下鉄のベンチでは、楽器を持った乗降客を多く見かけた。さて、彫刻なのだが、この陽に背を向けた指揮者は誰だかわかるだろうか。

Img_5201 コンサートホールを過ぎると、そのまま中島公園の南側にある地下鉄方面へ行くか、それとも、池の反対側を回って、ホテルへ帰るかの分かれ道となる。授業が控えているので、今朝のところは、池の反対側へ足を向け、枯葉が積もっている文学館の前の道を通って、いったん戻ることにする。Img_5205 そして、地下鉄で4つ目の「北12条」駅で降りて、放送大学の北海道学習センターへ入る。北大は入り口を入ってから建物までが長いのだ。その分の計算がうまくいかず、数分の遅刻をしてしまった。二日間の中で、なんとか挽回しよう。

Img_5207 当初懸念されたような、寒さで喉が詰まって、声が出なくなってしまうこともなく、ちょっと過剰反応だとは思ったのだが、龍角散のど飴を準備して臨んだのだ。しかし、その世話にもならずに、1日が順調に過ぎた。

Img_5211 以前、同僚のA先生が札幌へ来た時に、受講生の学生主催の懇親会が開かれたらしい。熱烈なA先生のファンがいたらしい。その伝えで、わたしへもお声がかかった。もちろん、A先生のように高級志向ではないので、ごく慎ましく近くのカフェで、Aさん、Sさん、Eさん、Kさん、そして事務長のIさんも残業の後、駆けつけてくださって、気の置けない飲み会となった。Img_5219_2 何が楽しいのかといえば、多くは学生の方々の放送大学の先生方や職員の方々への見方の面白さだ。これらの話の中には、同僚のわたしたちではうかがい知ることができない話がたくさんあって、猛省したり抵抗したり、会話が弾むこと、この上ないのだった。

より以前の記事一覧

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。