« Bench Warmers Society(BWS)を作ろう! | トップページ | Bench 89−対話ベンチ・鼎談ベンチ・座談ベンチなどの会談ベンチの発展を動物公園のベンチにみた »

2019/03/20

Bench 88−ベンチの有無で、公共性・共同性の程度がわかる

Img_6131

春カフェの季節だ。パン日和「あをや」でO氏と待ち合わせたのだが、早く着きすぎたので、JR鹿島田駅と矢向駅のちょうど中間のある塚越2丁目・4丁目(川崎市)辺りを散策する。バス通り沿いに、ザ・ミレナリータワーズという名称の、かなり高層のマンション群がある。この前面に「塚越こかげ公園」があり、このベンチがあった。

Img_6133

伝統的なパーク・ベンチだ。脚にヌキが入っていて、鉄パイプがまだ残っているパーク・ベンチだ。しかし横棒1本だけしか通っていないところから見ると、鉄パイプ型の後期に出たものだと考えられる。また、差別型の肘木が真ん中に立ててあるのだが、裏から見ればわかるように、後付けのものであることがわかる。古典的なパーク・ベンチが後から修正されたという、転換期のベンチであることがわかる。

Img_6135

今回注目したのは、このベンチなのだが、じつはその後ろに連なるマンション群の公開空地には、公共管理となる「塚越こかげ公園」と、民間管理となる緑地の公開空地とがあることにも興味を覚えた。写真の手前が公園部分で草木の生えていない運動場のような公園が広がるのだが、その後ろに緑で竹林が鬱蒼としている部分が民間管理の公開空地だ。この後者にはベンチが設置されていないという点に気がついたのだ。市が管理する公園も、明らかにこれらマンション群ができたときに、この公開空地として提供されたと推測できるものだ。もともとは、古河鋳造や日本酸素の工場があって、それらが京浜工業地帯の衰退とともに移転して、作られた敷地だったものだ。なぜこの市の管理の公園の方にはパーク・ベンチが設置されているのに、マンション管理の方には、ベンチがないのだろうかが不思議な点だった。


650x_38976237
(https:// cdn.4travel.jp/img/thumbnails/imk/travelogue_pict/38/97/62/650x_38976237.jpg)

この一帯は、南武線沿線で、かつては京浜工業地帯として製造業の最も盛んな地域だった。今では、この京浜工業地帯では製造業の多くが撤退し、中京工業地帯が製造業では日本では一番であることになっている。そして、この地域も工業地帯だったものが、現在ではマンション群の集積がかなり進んでいる地域に転換してきているのだ。これほど見事に、半世紀の間に地域全体が様変わりした地域も珍しいのではないだろうか。


Img_6137

この公園は平成19年(2007年)にできたという標識が出ていたので、おおよそこの地域のマンションへの転換点もこの年あたりだったのだと考えることができる。繰り返すが、問題は冒頭に掲げたベンチがなぜ公共管理ではあり得て、なぜ民間管理の公園ではベンチが設置されないかという点だ。これだけの芝生と竹林の幅のある空地なのであれば、このマンションの住民がこれらの空地で憩いすることは欲求として当然ありうるのではないかと思えるのだ。意外にベンチの管理には、難しい点があるかもしれないということかもしれない。ベンチが後から差別型に修正しているところから見ても、その可能性はある。けれども、おそらく最大の理由は、民間管理では、極力公共利用を排除する傾向があるのではないかと思われる点である。

Img_6130

わたしが興味深いと感じたのは、じつはベンチはある種のリトマス試験紙の役割を持っているではないかということだ。ベンチが置かれているのは、これを受け入れる余裕のあるところで、民間管理では意外に余裕がないのだ、ということがわかった点だ。それは、ベンチが設置されているのか、設置されていないのかによって、逆にわかってしまうのだということだ。

Img_6132

このような事例が他の公開空地でも同じように生じているのかはわからないのだが、公共性の発揮が部分的に行われていると、それで安心してしまい、その周りの地域では公共性の発揮が傍観者的になるという、ある種の社会心理法則が存在することはよく知られている。公園緑地についてのこのような「傍観者効果」が現れると、その地域の公園設置あるいは公共性の高い公園設備はあまり進まないことになってしまうだろう。この広大なマンション公開空地にベンチが少ないのは、その法則が効いているからだとは思いたくないのだ。

Img_6136

« Bench Warmers Society(BWS)を作ろう! | トップページ | Bench 89−対話ベンチ・鼎談ベンチ・座談ベンチなどの会談ベンチの発展を動物公園のベンチにみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

Benches」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Bench Warmers Society(BWS)を作ろう! | トップページ | Bench 89−対話ベンチ・鼎談ベンチ・座談ベンチなどの会談ベンチの発展を動物公園のベンチにみた »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

『経済社会を考える』第9回〜第15回

  • 『経済社会を考える』
    “『経済社会を考える』"

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。