« Bench 84−ベンチの形態は、機能に従うのではなく、環境に従う | トップページ | Bench 86−棚やスツールとセットされた木製ベンチ »

2019/03/14

Bench 85−薪ストーブの前の仕合わせなソファ・ベンチ

Img_6003

合宿最初の日程は、昼食会から始まった。上毛高原駅からバスで、江戸時代の須川宿に観光用に作られた「たくみの里」に着く。「たくみの里食堂」でこれも毎年恒例となっている、猪・鹿肉のジビエ料理を堪能する。


Img_6049


食堂に着くと、まずみんなが手を温めようと薪ストーブを目指す。そして、仕事の終わらなかった先生方は、この前のソファ・ベンチに座って、パソコンを広げたり談義を広げたりするのだ。以前は、このテーブルの代わりになっている木製のベンチだけが置かれていたような気がするが、この本格的に居眠りできるソファ・ベンチが入ったことで、居心地・座り心地は圧倒的になったといえよう。防火を考えれば、木製ベンチが良いと思われるが、人間は贅沢に流れる傾向があり、それは止めることができない。


Img_6027


散歩をして帰ると、すでに食卓には箸や皿が並び始めて、幕張から送ったワイングラスも取り出されていた。次々に繰り出される猪の肉と鹿の肉料理を前にして、1年間に摂取するたんぱく質全体の数ヶ月分を食べたような、仕合わせな気分になったのだった。


Img_6030Img_6029Img_6031Img_6032Img_6033Img_6035

Img_6034Img_6045Img_6046


Img_6042_2 Img_6038_2 感謝!

« Bench 84−ベンチの形態は、機能に従うのではなく、環境に従う | トップページ | Bench 86−棚やスツールとセットされた木製ベンチ »

Benches」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bench 85−薪ストーブの前の仕合わせなソファ・ベンチ:

« Bench 84−ベンチの形態は、機能に従うのではなく、環境に従う | トップページ | Bench 86−棚やスツールとセットされた木製ベンチ »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

『経済社会を考える』第9回〜第15回

  • 『経済社会を考える』
    “『経済社会を考える』"

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。