« Bench 80−2-図書館椅子は目的を表示する | トップページ | Bench 82−人間に劣らず、ベンチも複雑だ »

2019/03/01

Bench 81−映画館シートはギリシャ・ローマの劇場シートの末裔かもしれない

Img_6849

原稿書きの仕事から、解放されてまず行ったのは、歯医者と映画だ。最近は治療というよりは、歯磨きの予防検診へ移ってきている。朝いちばんで、検診を済まし、その足でTOHOシネマ館へ行き、映画「ギルティ」を見る。北欧ミステリーファンには欠かせない映画だ。

Img_6848

放送大学の「音」に関するラジオ授業を作ったときに感じたのだが、音の呼び起こす想像力は、ときには映像を上回ることを知らされた。「ギルティ」の中でも、暴力シーンが出てくる。女性の叫び声とともに、肉が弾ける音がする。それで女性が被害者で、暴力が加えられているのだと想像してしまうのだ。この力は過剰に大きすぎるのだ。あとになって、それが錯覚であることを聴衆は知らされることになるのだ。音が一般イメージとして一元的に伝えられると、現実との間にギャップが生ずる。このギャップをさまざまに駆使して、音というものの効果を最大限利用した映画だと思う。

Img_6852

この映画館のシートに座った。考えてみれば、座面が跳ねて背板に収まる映画館の座席シートは、典型的なベンチだ。座席へ至る通路を最も狭くとり、収容客数を最大限にとる工夫であり、おそらくヨーロッパの古い劇場で発達したシート形式だと推察されるものだ。劇場の歴史を辿れば、いつ頃から座面が跳ねるシートがあったのかがわかるかもしれない。

 

Src_10335388

       (https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/33/53/src_10335388.jpg?updated_at=1248464429

劇場のシートそれ自体は、ギリシアの野外劇場にも存在していたし、ローマの劇場にも存在していたから、シートの歴史は意外にもベンチの歴史よりも古い可能性がある。現に、ブリタニカ百科事典には、ベンチはシートの一種であるという記述があり、シートがまずあって、その中の1ジャンルとして、ベンチがあるという認識がふつうにあるのかもしれない。


Romacolosseo2014010        (http://www.comearrivarea.com/wp-content/uploads/2014/12/roma-colosseo-2014-010.jpg

 

« Bench 80−2-図書館椅子は目的を表示する | トップページ | Bench 82−人間に劣らず、ベンチも複雑だ »

Benches」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Bench 80−2-図書館椅子は目的を表示する | トップページ | Bench 82−人間に劣らず、ベンチも複雑だ »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

『経済社会を考える』第9回〜第15回

  • 『経済社会を考える』
    “『経済社会を考える』"

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。