« Bench 75−木製ベンチは雪との親和性が高いのかもしれない | トップページ | Bench 77−パーク・ベンチの新作はいかにして可能か »

2019/02/09

Bench 76−ジャズ喫茶には、ベンチが似合う

Img_6729

db (ダウンビート)の椅子は、ソファ・ベンチだとずっと思っていた。それは、このリスニング・ルームのほとんどの座席が三人掛け用に並べられていて、他のジャズ喫茶のように、一人掛け中心ではないからだ。



Img_6728_2



言うまでもなく、ジャズ喫茶では、話してはいけないのだ。もちろん、後ろの方にある別室ではカウンターになっていて、おしゃべりできるBarスタイルの空間もあるから、常連ならば、こちらに座れば、一人でジャズを聴くことになっていることはすぐわかる。



Img_6732



一人でジャズを聴く空間で、なぜ三人掛けを保っているのだろうか、という疑問が常にあった。ベンチのスペースを取りながら、一人掛けの贅沢な空間が許されているのだ。学生時代から数えれば、断続的ではあったが、もうかれこれ40年以上通っているから、疑問もかなり長いこと続いている。このような疑問は楽しむためにあるようなもので、疑問が解決してしまわないように、あれこれ想像力を抑制しつつ、通ってきているのだ。



Img_6733



このようなときには、ベンチというものには、思考習慣的特性があるのだな、と思ってしまう。三人掛けに一人で座っていても、見えない人びとがそこにはいるのだ。そのように思考しても、決しておかしくない、余分な空間がこのdbには保証されているのだ。後ろの方からそれとなく聞こえてくる、他者のおしゃべりに対して、これ見よがしにビールを流し込んで、見えない人との対話を始めたのだ。



Img_6734

 

« Bench 75−木製ベンチは雪との親和性が高いのかもしれない | トップページ | Bench 77−パーク・ベンチの新作はいかにして可能か »

Benches」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bench 76−ジャズ喫茶には、ベンチが似合う:

« Bench 75−木製ベンチは雪との親和性が高いのかもしれない | トップページ | Bench 77−パーク・ベンチの新作はいかにして可能か »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

『経済社会を考える』第9回〜第15回

  • 『経済社会を考える』
    “『経済社会を考える』"

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。