« Bench 65−近代になってミニマライズされたパビリオン・ベンチ | トップページ | Bench 67−聴覚から視覚へと、ハイバック・ベンチの意味が変わった »

2019/01/19

Bench 66−自動車のシートではなく、自由に動くことができるベンチはあり得るか

D26



ベンチはもっと自由だと思う、と先日述べてしまったが、それじゃ自由に「動く」ことができるか、と問われてしまうことだろう。それで、意外にきちんとその思想を忠実に実現してしまっているのが、このベンチだ。やはり、フラリエ庭園の中で見つけた。右側にある二つの取っ手を持ち上げて、一輪車のように動かすことのできるベンチだ。



D27



車がついているので、何のためについているのか、と最初は荷車のイメージで眺めてしまったのだ。このベンチを荷車から発達したものと考えるのか、それとも、ベンチから発達したものと考えるかで、見方がかなり違ってくるだろう。前者だと、荷車ベンチということになるが、後者だと移動式ベンチということになるだろう。荷車が固定化されるのか、ベンチが自由になるかの違いだといっても良いだろう。ようやくにして、後者の心がわかってきたような気がするのだ。また、それに加えて、この自由ベンチは意外に木組みもしっかりしていて、ベンチそれ自体としてもどっしりしており、肘木が広く好きなタイプのベンチなのだ。

 

 

« Bench 65−近代になってミニマライズされたパビリオン・ベンチ | トップページ | Bench 67−聴覚から視覚へと、ハイバック・ベンチの意味が変わった »

Benches」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Bench 65−近代になってミニマライズされたパビリオン・ベンチ | トップページ | Bench 67−聴覚から視覚へと、ハイバック・ベンチの意味が変わった »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

『経済社会を考える』第9回〜第15回

  • 『経済社会を考える』
    “『経済社会を考える』"

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。