« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月に作成された投稿

2018/03/24

学位記授与式が開かれた

Img_3961 朝、近くの弘明寺公園を足早に通り過ぎてしまったのだが、展望台を見上げると、青空に透けて、すでにかなりの桜が開花しているのが見えてきた。放送大学の学位記授与式が渋谷のNHKホールで行われる。横浜で東横線に乗り換え、渋谷へ出る。駅前の交差点を渡り、井の頭通りから山手教会の脇へ出て、坂道を登っていく。いつも途中にある喫茶店で、コーヒーを一杯飲んでから、渋谷公会堂とNHKの角を曲がって、ホールへ着くのだ。

 

Img_3967 横浜から、ちょうど30から40分くらいの道のりのところで、なぜか最近、喉が乾くようになった。東海道線で言えば、横浜から東京駅へ出た頃だが、一息ついての休憩が必要になっている。おそらく、このようなコーヒーによる休憩習慣は、老化の生理現象の一つだとは思われれるのだが、自分の中では、余裕を見せているという精神現象だと捉えたい。

 

Img_3975 ホールの前には、学位記授与式を表示する立て看が見られた。その前で記念撮影をするために卒業生・修了生たちが行列をなしていた。みんな笑顔で晴れがましい。「教員受付」のTさんとIさんが教員向けの受付を行なっていて、式次第と教員用のリボンを手渡してくれた。ホールの中では、今年も左右社の放送大学叢書コーナーができていて、わたしの叢書を編集してくださったTさんが詰めていた。1月に頼まれていた原稿が、叢書通信へ載ったということで、通信の入った封筒を渡された。

 

Img_3976 以前は、授与式の最後に必ずN響のメンバーによる室内楽が奏でられ、言葉だけに終始する儀式に彩りが添えられていたのだが、次第にこのようなことが簡素化されて、ほんとうは簡素化されるべきところはかえって残ってしまっている。儀式に付き物の音楽という必須の要素が消えてしまうのは残念なことである。儀式というものを「感動」一辺倒に染めるのではなく、多くの方を楽しませる工夫も残して欲しいものだが、それは今日的な風潮ではないのだろう。昔は遠くなりにけり。

 

Img_3981 昨年までは、四谷赤坂のニューオータニで懇親会が行われていたのだが、今年は新宿のハイアットリージェンシーに会場が移った。早くついたので、会場が開くのを待っていると、学生の方々が話しかけてきてくれた。懇親会は、大学人にとって数少ない社交の場だと思う。岩手の盛岡で面接授業を行ったときに、当地の同窓会の方々が夜に酒席を設けてくださったのだが、その面々がいらっしゃっていて、久しぶりの再会を祝ったり、左右社の叢書をわざわざ購入してくださった学生のかたが、何か書いて欲しいと持ってきたり、次第に懇親会らしい雰囲気が出てきたのだった。

 

Img_3986 会場内では、今年の修士修了の方がたは、おおよそ固まって懇談していたので、会の後で茶話会を催すことを告げておいた。懇親会の間は、みなさんはかなり自由に他の学生の方がたとの会話を楽しんでいた。

 

Img_3988 わたしも彼ら以上にかなりの社交を楽しんだ。3月に、放送大学の先生方の中でも尊敬している方々が同時に何人も退任となるので、その先生方を回って、お話を伺ったのだ。モンテーニュの「エセー」完訳を出されているM先生には、エッセイ的な文章を学生に勧めるときにはどのようにするのかを聞いてしまった。大学には、「論文を書く文化」が一応存在するのだが、それらはやはり客観性を重視する。Img_3993 現在は、実証主義の時代と言っても良いくらいだが、どう見ても実証主義には限界が多すぎる。けれども、もう一つの系譜があって、エッセイ的な手法を取り入れる場合があるのだ。Img_3996 それで、エッセイを書くにはどうしたら良いか、ということがたいへん重要ではないかと思うのだ。人文学には、エッセイを書く伝統があるのだが、社会科学では客観性に劣るとして、エッセイの価値は低い。

 

Img_3995 問題は、文章の表現力の問題だと思う。実証論文だって、表現力は必要とされると思うのだが、それが軽視されているような気がする。エッセイは、その力を呼び起こしてくれる。それで、M先生からの言葉で印象に残るのは、その文章が「自分のものであるとする」ような書き方がエッセイの本質にあるのではないかということだ。

 

Img_3997 恒例となっている、I先生の肝いりで集められた全国のお酒コーナーは、毎年欠かせない。相変わらず、多くのものは早く行かないとすぐ空になってしまう。日本酒では吟醸酒が全盛で、標準を抜くお酒が集まってきていると思う。そのような中にあって、今年美味しかったのは、甲州ワインだ。機山ワイナリーのメルローが出ていて、芳醇だがシンプルで飲みやすい、日本的できめ細やかなメルローだと思った。メルローの持つ濃厚さというのと異なる印象を持った。出雲ワインの白は、すぐに空になったらしく、香りすら残っていなかった。

 

Img_4006 懇親会の後は、卒業生のFさん、修士修了生のAさん、Kさん、Onさん、Okさん連れ立って(Gさんは奥様が待っているとのことで、すぐに会場を後にした)、ホテルの茶店を申し込もうとしたら、すでにすべての席が夕方まで満杯ということだった。ちょっと歩くが、近くの喫茶店で茶話会となった。Fさんは、この新宿から徒歩5分のところに住んでおり、Aさんは北海道の札幌から、Kさんは大阪から、Onさんは栃木からきている。また、Okさんはこの喫茶店の入っているビルに2年ほど勤めていたことがあるそうだ。この地区で、すぐに座ることができる喫茶店を見つけるのは、Okさんがいなかったら、できなかったかもしれない。

 

Img_4011 Fさんが修士の方々の論文を聞いて回る式に、雑談が進んだ。みなさんの話を聴きながら、大学が持つ「論文を書く文化」には特有の法則性があるのではないかと思ったのだ。一つは、好奇心だ。なぜそのテーマがその人の心を捉えたのか。この点を抜かしてしまうと、論文作成作業は砂漠を這いずり回ることになってしまうだろう。二つは、理解する喜びだ。ああそうか、というユーレカ効果がなければ、論文作成は辛いものになるに違いない。三つは、やはり発表の場を共有することだ。大学という場所が存在する意味は、論文発表における共有の場だという点が強いと思うのだ。学位記授与式で、学部学生・修士学生・博士学生の代表の方々がゼミや研究会での発表が最終的に論文作成を支えたと言っていたのが印象に残っている。

 

西新宿から、学生の方々は地下鉄に乗って帰っていった。わたしは少し歩きたくなって、今日の思いを反芻し、かつ冷ましながら、街を眺めたのだ。

 

2018/03/23

O先生と春カフェ

Img_1416 O先生と春カフェ。冬カフェの時期に、わたしが体調を崩してしまったので、延期していたのだ。パン日和「あをや」でランチをしようという冬カフェの予定に、ようやく追い着いた。横浜からJR湘南ライナー線に乗ると、一駅で新川崎駅に着く。Img_1406 ビルの二階をずっと数百メートルほど伝っていく連絡通路を抜け、JR南武線の鹿島田駅へ至る。昨日からの陽気で、マンション群にとおる桜並木が遠目に見えてくる。すでに満開に近い。今日の暖かさの中に、昨日までの寒さのありがたさが隠されているのだ。人生は混沌と退廃の中に、ようやく活路を見出す。有名な「荒地」の冒頭だ。

 

四月は残酷極まる月だ

リラの花を死んだ土から生み出し

追憶に欲情をかきまぜたり

春の雨で鈍重な草根をふるい起こすのだ

 

Img_1408 12時に待ち合わせをしていたら、O先生が少し遅れるという連絡が入ったので、これ幸いと、ドイツビールの小瓶をもらう。Img_1414 O先生は呑めないタイプなので、目の前で呑むには多少遠慮することにしているのだが、これほど春めいて、体調もようやく上り坂になってきていると、ちょっとアルコールが欲しいところだったのだ。鈍重な草根をふるい起こさねばならない。

 

Img_1411 「あをや」のガラス戸には、街の風景が映し出される。この店の常連さんが通り過ぎるときには、店の中へ笑顔を振りまいて行く。そのガラス戸に、店の外観をカメラに収めているO先生の姿が写った。彼は入ってきて、喉の渇きに、アップルタイザーとチョコクロワッサンで対応していた。Img_1419 続けて、彼は昼食で、BLTサンド(かな?)とマメマメ豆乳スープ。わたしは、同じスープにアボカドとクリームチーズのサンドを頼む。豆乳スープには、色々な豆が入っていて、小さな豆、大きな豆が擦りよせあって入っている。大きな方では、インゲン豆が柔らかく煮込まれていた。デザートには、いちごミルクと、アーモンドクリームの入ったいつものスフォリアテッレ。

 

Img_1420 金曜日なので、一応ウィークデイなのだが、店の1階も2階もいっぱいだった。お子さん連れが多かったといっても、2組なのだが、それから類推すると、やはり春休みなのかなと思うのだ。「あをや」の奥様が客の応対で忙しいときには、もっぱらO先生と大学事情の情報交換をして、世の中に似て非なるものや、非ならず似ているものがたくさんあることを認識したのだった。14時くらいになると、わたしたちだけになって、奥様が会話の輪に入ってきた。Img_1421 今日の話題の多くは、これからの人生をどのように生きるのだろうか、という楽しくもあり身につまされることでもありという、多くはシュムーザー的話題が多かったのだ。北海道の田舎に帰る可能性のある奥様と、蒲田からは離れることがないO先生との対比ということに話の筋は進んだ。結局、4時間もの長居をしてしまった。田舎パンを購入して、店を出る。

Img_1425 Img_1423

Img_1435 Img_1445 Img_1446 Img_1453 Img_1452


Img_1457 Img_1456 Img_1455 散歩の途中でよる店を、「あをや」の奥様が紹介してくださった。この塚越商店街を突き抜けた先に、喫茶店「くもい(雲居)」があるそうだ。Img_1451 2年前に開店して、キャッチフレーズで「川崎にぽっかり浮かんだはなれ雲」という店だ。少し家や職場から離れるためには、余裕があって落ち着ける場所が必要だというメッセージが伝わってくる店だ。Img_1459 「くもい」という語感は、パステルカラーの明るいグレーを想像させる。多機能な小規模喫茶店を目指していて、女子会・ママ会・親子会を誘ったチラシがおかれていたし、さらに、夜にはBarがオープンしているらしい。お母さんと娘さんとでこの店を動かしている。

 

Img_1462 ところが、びっくりしたのは、O先生の食欲で、先ほどサンドウィッチとチョコクロワッサンと、さらにスフォリアテッレを食べたにもかかわらず、ここでも卵のサンドウィッチを食べたのだ。思わず、彼のお腹に目をやってしまったのだが、もう少し大丈夫なのかな。Img_1465 もう一軒、焙煎コーヒー屋さんが矢向駅前にあるというので、こちらの会計はわたしが引き受けることにして、「くもい」での勘定は彼が受け持った。ところが、矢向の店は夕方早くにしまっていて、ちょうど掃除の時間になっていた。またの機会ですね。

 

Img_1467 矢向からの川崎行きの電車は、通勤時間に入ってしまったために、混雑していた。日本のシリコンバレー候補の一つと言われながら、もう一皮剥けないと、単に労働力の集積だけでは追いつけないだろうと、雲の向こうのことを考えたのだった。Img_1471 文化として定着するまでに、どのくらいの時間がかかるのだろうか。また、5月に松本カフェを計画して、川崎駅でO先生と別れた。

2018/03/15

湯宿温泉への合宿に参加する

Img_1074 ヘニング・マンケルが描く「刑事ヴァランダー」シリーズの番外編に、ステファンという舌がんを患った刑事を主人公とした、佳作品がある。この「タンゴステップ」という小説では周りから周りから、物語が進んでいく構成が取られていて、なかなか核心へは入らないという方針を貫いている。この静かで、全体を横目で見ながらの展開は、好ましい物語を紡ぎだしているのだ。

 

Img_1077 たとえば、このようなエピソードが重ねられていくのだ。「以前ボローズ署にフレードルンドという老警官がいました」ステファンが話しはじめた。「固くて、融通の利かない、そのうえ仕事の遅い人でしたが、すばらしい捜査官でした。あるとき、いつになく機嫌のいいときでしたが、こういうことを言ったのです。私はいまでもはっきり憶えています。『手に明かりを持って歩くのだ。そして目の前を照らすのだ。足をどこにおくかを見るために。だがときどきは道の端のほうも照らせ。Img_1081 そうすれば、どこに足をおいてはならないかがわかる』彼がなにをはなそうとしたのか、私にははっきりわかりませんが、どこに中心があるのかを見るにはあたりを見なければならないということを言っていたのではないかと思います。いちばん重要な人物はだれか、ということを見なければならないと」「それをいまわれわれのいる状況に当てはめてみたらどうか? おれは今日話しすぎた。聞く側にまわりたい」

 

Img_1085 毎年この時期になると、昨年度と今年度との頭の中の切り替えが必要になってくる。大学という職場は、変に専門に偏っていたり、逆に専門でないところに時間が取られていたりして、上記のように、どこに中心があるのかが見失われてしまうこともよくあることだ。もちろん、頭と足と完全に引き離してしまうことはできないのだが、付かず離れずが必要になってくるのだ。ステファンのように、舌がんになると、人生が変わって周りが良く見えるようになるのだろうか。

 

Img_1079 この点で、毎年恒例となっている先生方との群馬合宿は、良い習慣となっている。半分はフォーマルな行事なのだが、公費は一切出ないことから、もう半分はインフォーマルな交流となっていて、良い習慣だと思われる。周りをみる習慣を取り戻す良い機会だと思われる。

 

Img_1056 昼に東京駅出発の「とき」を目指して、ゆっくりと家を出る。このゆったり感はやはり温泉であるということであり、また春休みにようやくはいるという季節感のせいでもある。新幹線では、定番の大和地方特産の柿の葉寿司を食べた。この甘酸っぱい味と、コンパクトな食感は、ときどき呼び起こされる感覚なのだ。

 

Img_1072 上毛高原駅では、H先生とAさんに合流する。連絡のよい猿ヶ京行きの路線バスで、30分ほどの旅程だ。H先生は、ちょうど現在NHKの「100分で名著」という番組に出演中で、わたしたちにテキストを配ってくださっていた。松本清張をめぐるエピソードが面白くて、昨日の教授会の帰りに一気に全部読んでしまった。226事件で、宮城へ入った中橋中尉の解釈がいくつかあって、謎として残っている部分の多いことがなかでも印象に残っている。

 

Img_1066 湯宿温泉では、取るものもとりあえず、まずは温泉に浸かり、まだ誰も入っていない新湯に、ぐっと身体を伸ばした。この数ヶ月の疲れとの別れを惜しんだのだった。それで急速に、血行が良くなり、すぐに空腹感をうったえ出したのだ。けれども、まずは公式行事をいくつか済ませなければならなかった。その後、ようやくにして夕食から懇親会へ入ったのだった。

 

Img_1068 ある先生は、このような会を称して、昔の左翼系の山奥合宿に喩えていたが、他の先生は、貴族趣味の温泉行楽だと言い、この温泉合宿への評価はまちまちなのだが、わたしにとっては、このインフォーマルなところに、この会の本質があるように思える。インフォーマルなところでは、日頃の凝り固まった頭もすこし解れて、複数の解釈が成り立つかのように思えてくるから不思議なのだ。Img_1058 そして、なによりも、昨年度のわたしから、来年度のわたしへの橋渡しが行われ、ちょっと後の自分が見えてくるような気持ちになるのだ。

2018/03/01

今年度も図書館へこもる季節が終わった

Img_38682月は、毎年大学テキストを書く月間となっている。こんな日々が続く。「ゆっくりと起き上がった。背中が痛い。ドアを開け、トイレへ行った。この言いようもない疲労感ほど耐えがたいものはなかった。ほとんど吐きそうなほど気分が悪かった。年とともに我慢できないものになってきた。顔を冷たい水で洗った。鏡に映る自分の顔を見るのを避けた」という暗い文章が続くのだ。相変わらず、刑事ヴァランダーが難事件を抱えて、次々に起こることをなんとか結びつけようともがいている姿と重なる日々だ。Img_3864


この小説はスウェーデンでも南部のデンマークに近いイースタ地区を舞台としている。それで、ときどき厚手のセーターを持ってきていたらなあっというセリフが1冊の中に何回か出て来る天候なのだ。こんな小説から顔をあげることができないような日々が続いたのだ。

Img_3857けれども、今朝こもっていた図書館から、すべての原稿を編集者にメールで送って、ようやく「顔を冷たい水で洗った」状態へ到達したのだった。この図書館には、フレッシュ・ルームなる部屋があって、週刊誌・月刊誌が揃えられ、仕事に疲れた時には、意味のない写真を次々にめくって、フレッシュな気分にしてくれる。Img_3871

先ずは、朝淹れてきたコーヒーを飲むのだ。この仕事は、もしコーヒーがなかったら、決して成り立たないのでないかと思うほどだ。

そして、地下の文芸書の書棚をたどり、最後の図書番号のところまで来ると、詩歌のコーナーだ。目をつぶって、えいやっと探り出した本を開いて、その一節を声に出して読む。

Img_3855まだ、図書館には人はいない。静かな文芸書の部屋では、声さえも本たちが吸収してしまう。音を吸収する本の虫がいるのだ。

地階から1階に出ると、貸出・返却コーナーがあり、検索パソコンが並んでいる。コーナーに続く大部屋が、この図書館のメインルームだ。主だった専門書は、新しいものを中心に開架式におかれていて、手当たり次第に持ってきて読み散らかすのに最適な部屋だ。しかし、この部屋は原稿を書くときには使わない。

Img_3858Img_3872もう1階上がって、3階の参考図書コーナーの横にある、2階の大部屋に張り出したように見える不思議な大きな屋根裏部屋みたいな空間があって、2階の吹き抜けの雰囲気も伝わり、勉強をする人々の息遣いも聞こえてきて、なおかつパソコンを使っても良いように電源も用意されている。その最後のコーナーがわたしの専用に使っている席なのだ。

Img_3873この席は、空間が上から下まで続く、20メートルほどの吹き抜けの中間に位置していて、正面の四角い窓から、枯葉の残った冬技が見える。その先には、晴れた日には青空が見えて、数十メートルの眺望を得ることができるのだ。手を上にいっぱいに伸ばして、腰を前に出して、一服するには、この眺望は欠かせない。手を休めたときには、水分補給で、またコーヒーポットが手に触れるのだった。

Img_3879こうした日々も、今日で終わりだ。自分だけの世界から出て行く世界があるのも、やはり救われる気分になるものだ。帰りに、いつものコーヒー豆屋さんへ寄って、明日からの外の世界との交流に備えよう。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。