« 半年間の林檎遍歴 | トップページ | 今年度も図書館へこもる季節が終わった »

2018/02/08

映画「スリービルボード」を観る

Img_3792 映画「スリー・ビルボード(原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)」を観た。現代版の女性ドン・キホーテを描いた映画だと思った。ビルボードというのは、大きな野外広告板のことだ。8ヶ月前に、主人公のミルドレッドの娘がレイプされ焼死させられたという事件が起こる。それから、どうしようもなく捜査が進まず、未解決のままになっていた。そこで、ミルドレッドは当地ミズーリ州エビングの警察署長を非難する広告を3枚掲げたのだった。なんとなく、この発想は風車めがけて突進するドン・キホーテのようなのだ。この事件を発端として、地域特有の深刻なのだがユーモアもある出来事がつぎつぎに起こって来ることになる。

 

最初は娘の殺人事件の解決を目指す推理小説仕立てのストーリーが展開するのだが、警察署長が意外な役回りを演ずることによって、ある時点からコミュニティとは何かというシリアスな社会小説仕立ての物語へと転換するのだった。この転換を見逃すと、結末の曖昧さに腹を立ててしまうことになるだろう。けれども、この転換を理解すると、途端にアメリカ社会のタフなコミュニティの在り方に目を開かれることになる。

 

途中で、ミルドレッドはなぜ病気で死を前にした警察署長に過酷な要求をするのかと聞かれて、この映画の主題がようやくにして、飛び出してくるのだった。この映画の隠された、と言ってもむしろそれが目立つのだが、そのような意図が見える場面が、前半にある。町の人格者とみんなが認める警察署長を攻撃するミルドレッドに対して、神父が忠告に訪れる。ここにコミュニティ・反コミュニティ思想が見え隠れする。

 

なんとその話の比喩は、わたしたちには馴染みがあまりないストリートギャングの話だった。60年代後半以降、アメリカでは信頼性が失われる犯罪社会へ入っていくが、象徴的な動きとして80年代のロサンゼルスで抗争を繰り広げた2大ストリート・ギャングの「クリップス」と「ブラッズ」の犯罪の動きがある。そのヤクザなギャングを取り締まるために新しい法律ができたとミルドレッドは言うのだ。「ギャング組織の一員であれば、仲間が起こした事件の責任があり、自分がまったく関与していなくても罪に問われる」というものだった。なにやら、旧5人組の連座制的な制度を想像させるものだ。

 

ここがミルドレッドのドン・キホーテ的飛躍につながっていくところなのだが、彼女によれば、神父もギャングと変わりがないのだ。もし神父が教会でミサを行なっている間に、別の神父がミサの少年に虐待を加えていれば、ミサを行なっている人格者の神父であろうと、やはり罪に問われると言うのだ。突拍子もない論理の飛躍があるのだが、感性的には、うなづいてしまうのだ。この調子で、神父も追い返し、町の人びとからの批判も跳ね返してしまう。ここには、特有のユーモアと悲しみがついて来る。ここが前半の山場だ。なぜ人格者である署長を貶めてでも、娘の事件を取り上げる意味があるのか、というところだ。風車小屋に槍で突っ込んでいくドン・キホーテの姿が浮かんできたのだ。

 

Img_3796 固まってしまっている状況を動かすには、生きた力が必要なのだ。親しい関係でも断ち切って、二者関係をことごとく壊して行く。それは直感的なのだが、次第に三者関係が少しずつ見えてくるのだ。破壊がかえって良い方向へ向かう場合もあるのだ。このような願望はおそらく映画の中でしか成り立たないというのが現実なのだが、このようなアイディアがありうるかもしれないという記憶を持っているかどうかは、そのコミュニティの性格を決定的なところで左右するに違いないのだ。この意味で、この映画の展開には人びとを惹きつける何かがあるといえる。

 

|

« 半年間の林檎遍歴 | トップページ | 今年度も図書館へこもる季節が終わった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スリービルボード」を観る:

« 半年間の林檎遍歴 | トップページ | 今年度も図書館へこもる季節が終わった »