« 台風の影響が心配なのだが、Tupera Tupera展を観に行く | トップページ | 2日目だけの沖縄の面接授業 »

2017/10/26

育ててもらった場所が失くなってしまうこと

世の中には、思いも寄らず、そこに属している間に育ててもらえる場所というものがあるのだ。生まれてから、長らく家庭がそうだったし、妻との現在の家庭もそうであることは間違いないのだが、働くようになって、社会へ出るようになり、いくつかの場所を見つけていったと、今になって思うのだ。その一つが「財団法人家計経済研究所」だった。設立時の常任理事だったM氏が呼んでくださって、研究員になった。週に1、2回出れば良いということで、厚遇してくださった。

 

この研究所で書いた論文で、機関紙『家計経済研究』の創刊号に載せていただいた「家計原理と家族」は、その後のわたしの研究方向を決定的に左右するものだった。大学院までの研究を清算して、新たな一歩を踏み出したと自覚したものだった。現在でも、この時の問題意識を大事にしている。この意識は、1日や2日で育つものではなく、若い時といっても当時すでに30代になっていたのだが、経済的にも以前と比べれば恵まれて、放送大学での仕事もあってかなり忙しかったけれども、自分の研究にじっくりと取り組める心の余裕が、この場所に所属していることで培われたと今でも思っている。この論文は、とくに常任理事をはじめ、なぜか監事の方々にも、パーティの場などで褒めていただいたことも覚えている。

 

昨日、厚紙の立派な案内状がこの家計経済研究所から送られて来た。今年の12月5日をもって、31年間続いた家計研究の場を解散することになったそうだ。パネル調査など研究活動と4名の研究員の方がたについては、慶應大学が引き継ぎ、懐かしい「家計経済研究」雑誌などについてもN先生(日本女子大)が引き取ることになって、活動そのものは当分維持されるようだが、やはり場所、研究の拠点という具体的な場を失うことの影響は大きいと思える。研究員のK氏へ直ちに電話をかけたのだった。

 

論文や書評を書かせていただいた他に思い出深いのは、お茶の水大学の故M先生たちとの研究会の思い出だ。夕方になって、研究所が閉じる頃を目指して、若手の研究者たちが集まって来て、家計研究について議論を戦わせた。研究所はかなり鷹揚で、研究会のスポンサーになってくださったばかりか、この都内の一等地で議論の場所を提供してくださったのだ。現在、放送大学でゼミのために場所を大学以外の場所で借りようとすると、かなり高額な請求が来ることを考えれば、たとえ当時時間外の使用であったとしても、交通の便の良い(当時は文藝春秋社近くの麹町にビルがあったのだ)部屋を提供してくださったことは、今になって考えれば有難いことであったのだ。Img_3482 現在でも、この時対立した時の議論の夢を見るほどなのだ。議論が対立する中で、わたしは育てられていったのだと自分では考えている。

|

« 台風の影響が心配なのだが、Tupera Tupera展を観に行く | トップページ | 2日目だけの沖縄の面接授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 育ててもらった場所が失くなってしまうこと:

« 台風の影響が心配なのだが、Tupera Tupera展を観に行く | トップページ | 2日目だけの沖縄の面接授業 »