« パン日和「あをや」で夕食し、映画「Paterson」を観る | トップページ | グレインノート椅子展の最終日 »

2017/09/20

グレインノート椅子展を観る

Img_8460 あずさ5号で松本へ降り立つ。駅で感ずる、すうっと入ってくる風に秋だなと思う。今日、水曜日は松本市全体がほぼ休業日となるので、観光客も少なく感ずる。けれども、それを知らない外国人がかえって目立つのだ。考えてみれば、わたしも地元の人からは外国人と見られているのかもしれないと思うのだった。

 

Img_8461 グレインノート椅子展は公式には第10回を迎えている。わたしはここ3年ほど前からようやく通いはじめているのだが、毎年新作が出て少しずつ趣が変わってくるところが良いのだと感じている。「少しずつ趣が変わる」法則性というものがあって、その年には「座編み」が座板の世界の中から、一斉に出てきたり、椅子のデザインがカラフルになって出てきたりするのだ。今年も以前のものを少し発展させて、全体の流れはそれほど変わるわけではないのだが、少しずつなのだが、部分的に見るとかなりの発展が見られたものがあったのだ。

 

Img_8463 グレインノートのS氏制作のベンチは、昨年のUアームチェアの発展型なのだそうだ。Uアームチェアが魅力的であることは、わたしも放送大学の教材で取り上げさせていただいたので、十分にわかっているつもりだったのだが、Img_8495 これをみて、さらに想像力を異なる方向へ発展させていた方が顧客の中にいたということだ。世の中は広いのだ。

 

それで、このUアームチェアを発展させて、ベンチを作って欲しいという注文があったそうだ。それでできたのが、この新作のUアームチェア・ベンチなのだ。確かに、Uアームの肘木を受け継いでいる。つまり、特徴ある曲がり方と形状はUアームチェアの遺伝子を継いでいる。Img_8505 けれども、本来のUアームチェアの肘木は、たいへん細いので、背部分をベンチ風に長くするには、背部分を厚くする補強が必要となってくる。そして、アームを支える点も以前よりもスピンドルを多く設定しなければならなくなる。このような必然性が、少しずつUアームチェアの基本的な部分を改良し、発展させていく動因となっていることがわかる。少しずつ変わるということに必然性のあることがわかる。

 

Img_8506 そして、この少し変えたことによって、元のUアームチェアとは異なる造形を少しずつ生み出していることもわかるのだ。たとえば、座板の網部分以外にも、横のところに栗の木の木目を生かした部分が出てきて、これがこのベンチの特色となっている。デザインというものは、このようにして変化していくものなのだ。さて、このベンチがどのような場所に収められるのか、たいへん楽しみだ。このことこそ、想像力を掻き立てられるところなのだ。

 

Img_8471 少しずつ変えている点では、Y氏の編みの椅子にも、この特徴が出ている。これまでY氏は、野生的な特色を強調してきた椅子を作ってきている。そこにほんの少し変化を加えただけで、野性的であることに変わりがないのだが、野性的な印象が野に居る「貴婦人的な印象」に変わっているのが、この椅子だ。なぜ女性的な印象に変わったのかといえば、後脚を完全に45度に転ばせて、前脚から後脚への幅を極端に絞ったところに、その秘密がある。そしてまた、むき出しの背板部分を編みで覆ったところから、全体的に洒落た感じが出てきたのだといえよう。従来の男性的な椅子と、今回の女性的な椅子と、これら両方をペアで組み合わせて使う人が出てきても不思議ではないだろう。このようにして、基調は同じだが、重層的な多様性が出てくるのが、「少しずつ変える」醍醐味だといえる。

 

Img_8481 少し変えたという点では、H氏のウィンザーチェアも昨年から少し変わっている。どこが変わったのかわからないほどなのだが、座った感触が違うことがわかる。さて、これは製作者ご本人に聞いて見てようやくわかるのだと思われるほどなのだ。歯切れが悪くて済みません。でも、確かに昨年の小さくすっぽりした感触とは違っていて、少し大きくゆったりとした感じを優先させたのではないかと思われるのだが、さてどうだろうか。何れにしても、ウィンザーチェアなのだが、たいへん軽量に作られていて、それは座板を薄く削り込んだところに現れているのだ。

 

Img_8470 最後に注目したいのは、K氏のスツールだ。両方とも、じっくりと眺めるとようやく苦労した点が見えてくるような椅子なのだ。K氏は様々な意匠を組み合わせることがうまいことで知られている。たとえば、こちらのハイスツールでは、座面にレザーの柔らかい素材を配置して、座り心地の良いものとなっている。おそらくレザー部分は外注したものと思われるが、スツールというものがお尻に過酷であることを知っていないと、このような工夫はできないだろう。どうしても、木工で生きてきた人は、木工でどうにかしたくなるのだが、K氏はそれを乗り越えている。さらに、S氏にこのハイスツールの貫の作り方を聞いてみた。すると、このハイスツールの隠れた苦労が色々と見えてきたのだった。ちょっと見た目には、貫に椅子の脚が刺さって突き抜けているように見えるかもしれないのだが、そう見えるように作られているが、じつはそのような作りでは不可能なことがわかるのだ。Img_8469 それじゃ、どのようにしてこの貫を突き抜けるような脚をつけたのかが問題となるのだった。ほんとうに見れば見るほど、不思議な作り方をしているのだった。同様にして、もう一つの編みのスツールも、簡単そうに見えて、じつはウルトラC級の技術が入っていることが、それもようやく説明されるとわかるのだった。これだから、椅子を見るのはやめられないのだ。(9月16日から9月24日まで、松本市の中町通りグレインノートにて開催されています。)

Img_8509 Img_8507

« パン日和「あをや」で夕食し、映画「Paterson」を観る | トップページ | グレインノート椅子展の最終日 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/65824683

この記事へのトラックバック一覧です: グレインノート椅子展を観る:

« パン日和「あをや」で夕食し、映画「Paterson」を観る | トップページ | グレインノート椅子展の最終日 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。