« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月に作成された投稿

2017/08/22

O先生と松本カフェだ

Img_8061 天気が不安定で、大雨の予報が出ている、かと思えば、次の時間には、晴れ間が出ると言っている。こちらは31度の晴れだが、横浜からは雷雨の知らせが届く。などという日ごと時間ごとに変わる天候の今夏だ。そんな状態なので、今日一日の天気が気になって、朝5時には目が覚めてしまう。

 

Img_8062 O先生と、恒例の夏カフェの始まりだ。大糸線で松本へ出るが、なんとこちら松本では日傘を必要とする真夏日だった。O先生とは、朝10時にリッチモンドホテルで待ち合わせたのだが、もう少しゆったりしたいと連絡が入り、11時に変更する。浮いた時間で、駅から直接に、ブックカフェの「栞日」へ行き、近くにできた「Sioribi INN」へ入る。Img_8076 ここは、昨年、Crowd-fundingで栞日のご主人が資金を集め、長期滞在型の宿を開いたところだ。わたしもほんのわずかながら、このFundingに応募したのだ。床板の1枚くらいの貢献をした。実際どのようなINNになったのか、泊まってみようということになった。Img_8080 近頃はやりのゲストハウスとは、まったく異なる作りだ。何しろ、ほぼビル全体を一人の客に貸し出してしまうという鷹揚さなのだ。正確に言えば、1階にはキッチンが入っているので、2階から4階が自由に使える仕組みだ。

 

Img_8088 2階がダイニング、3階が仕事場、4階が寝室となっていて、それぞれ一人用にはかなり贅沢な空間を確保できるのだ。この文章も3階のスペースで書いている。Img_8094_2 4階の窓からは、美ヶ原高原がNHKの鉄塔越しにのぞまれるし、反対側には、北アルプスの峰々が連なっている。ビルの前が松本市の幹線道路「あがたの森通り」なので、ちょっと自動車の音がうるさいが、朝夕の涼しさで、それも帳消しだ。さっそく、近くの焙煎豆の店ローラのコーヒーを淹れる。

Img_8038 Img_8036






 

Img_8096 荷物を置いて、次に中町通りある、いつもの工芸店「グレイン・ノート」へ向かう。奥様が風通しの良い奥の座席に腰掛けていて、涼やかな挨拶を返してくださった。今年の春から、椅子作家たちへのヒアリングをグレインノートのご主人S氏と奥様とわたしで共同企画している。Img_8098 ヒアリングした原稿を郵送して置いたので、その様子をお聞きし、残りの作家たちへのヒアリングの可能性を探った。というと、何か大袈裟な感じだが、雑談の中で、面白かったところをあげていただいているのだ。たとえば、椅子を作っていると、「頭いっちゃって」などという、製作者本能が率直に出てくるフレーズがたくさん出てくるのだ。

 

Img_8056 ホテルに着くと、ゆっくりとO先生が降りてきた。日頃のご無沙汰という感じはブログを見ているのであまりないのだが、それでもほんものの挨拶を交わすのはまた格別だ。そこまでは良かったのが、外へ出た途端に、直感的に今日の外歩きは無理だと、二人とも悟ったのだった。Img_8046 日差しがわたしたちをつねに日陰に追いやるほどだ。標高が500メートルほどあるので、それだけ太陽に近いというのが松本なのだ。それで、当初のカフェ巡りでは、いくつかのカフェを候補に挙げていたのだが、距離のあるものはほとんど諦め、近いところだけ回ることにした。

 

Img_8045 まずは、喫茶店「チーアン」でランチ。キッシュ・プレートで、野菜たっぷりの健康昼食を摂る。たいがい、健康問題から日常の会話は始まるものだ。わたしの体重を聞かれ、彼の予想が付されていた。見た目より体重が多いですね、ということになった。それで、さらに話していると、背は彼のほうが低いにもかかわらず、体重はわたしより6キロも多いことが判明した。Img_8052 彼は日頃ジムで鍛えていて、見た目より筋肉質であることを強調なさっていた。そうかもしれない。でも、昼食が済んで、その後さらにカステラを追加して注文なさっていたのだった。チーアン特製の美味なるカステラなので、仕方ないところではあるのだが。

 

Img_8054 現在の彼との共通点は、お互いヒアリングを抱えていることだ。上記のように、わたしは椅子作家のヒアリングをここ数年行っている。彼のブログを見ればすぐわかることだが、彼はゼミあるいはゼミ周辺の卒業生たちと会食・喫茶さらにはスイーツ三昧を行なっている。羨ましいからいうのではないが、アラサー・アラフォーの女性への連日のヒアリングをこなしている。Img_8068 ほんとうは、ヒアリングというと語弊があるのだが、でもこだわらずに大雑把に言えば、ヒアリングだと思う。親子の会話でもないし、友人同士の会話でもない。ライフコース論の専門家であるO先生がなんらかの意図のもとに、卒業生たちとの付き合いをしていることは確かだ。一番近い、公正な言い方をするならば、ヒアリングだ。

 

Img_8070 面白かったのは、ヒアリング相手のアラサー・アラフォーの方々にある種の系統が見られることだ。O先生は個人的な情報を漏らすことはしない方だが、ブログを見ている方々にはうすうす気づかれていることだ。まずは、有名W大卒業生なので、どうしても猛烈仕事人タイプは何人か見られる。この方々が就職し結婚するにしたがって、どうしてもその性格ができてしまうものらしい。じつにたくましい。Img_8118 次に見られるのが、表立っては、良妻賢母を表に表すタイプはいないのだけれども、潜在的な良妻賢母タイプはわずかだが見られる。けれども、現代では、良妻賢母が終わった後のことは、誰にもわからない。彼の卒業生にもまだアラフィフはいらっしゃらないのだ。Img_8117 それから、意外なことには、東京にとどまらず、地方へUターンして、地方公務員・地方優良企業勤めの方々がいて、極めて安定し、ゆったりと生活している方がたも多いということがわかる。この辺までは、常識的なのだが、話題になったのは、彼の卒業生には、いわゆる変わり種タイプがかなりの比率で存在するということだ。誰がとは言わないが、芸術家もいるし、海外留学派もいる。どうしても、彼女たちはブログの中でも目立ってしまうように、わたしには見える。O先生はニコニコして、そうですか、などとまだまだ断定を避けているのだった。

 

Img_8122 この後、またグレインノートへ戻って、いつもの田中一光さん制作の陶器を二人で「物色」する。彼は、彼の以前から持っている色調のうすいブルーのごはん茶碗を選択し、わたしはこれも以前から集めている、濃紺色の中皿を2枚求めた。Img_8123 そしてその後は、また結局のところ、またまた栞日に戻ってきて、書架の並んだスタジオ風の空間の中で、ゆったりと雑談に興じたのだった。このころには、大粒の雨が嵐のごとく降り出したのだった。

 

Img_8113 じつは先日盛岡出張の折に、喫茶店「Carta」で購入したCD「ワルツ」のピアノソロ奏者「ヘニング・シュミット」のCDがこの栞日にも並んでいて、しかも十月にはこの場所でやはりソロ演奏会が開かれるというのだった。Img_8114 このようなブックカフェを中心にして、今日本中で、かなりの口コミ系のCDが流行っているという現実に遭ったのだった。でも、仕事中に、この音楽を流していると、仕事本能が集中して出てくるような雰囲気になるから不思議なのだ。環境音楽の手作り版という感じなのだろう。

 

Img_8132 O先生とのカフェの付き合い時間の最長記録を更新したようだ。夕ご飯を彼の予約でフランス料理の「ルコトリ」で食べる。このころになると、雑談の内容も濃密になってきて、親密な関係やら、外に聞かれるとちょっとまずい関係などになってくるので、俄然食事も進むことになる。今晩は、わたしたちだけが独占してこの店の席をしめたようなので、ここでも気のおけない話題が続いたのだった。Img_8140 最後は古本ブックカフェの「想雲堂」で喫茶した。結局、O先生は連日同じ喫茶店を2、3回回ることになるのだ。それが今回の松本カフェであったようだ。Img_8145 日常性研究が彼の専門だとはいえ、このような繰り返しの中にバリエーションを発見する能力を発達させなければならないということだろうか。その意味では、彼との会話を通じてわかるのであるが、彼の日常性開拓能力には脱帽するところがあるのだ。Img_8155 Img_8144

2017/08/07

『貨幣・勤労・代理人 経済文明論』が出版された

9784865281811main_ 昨年の今ごろ、さあやるぞと、今回出版された本書の原稿に取り掛かったことを覚えている。すでに何年も考えてきていたことだったので、内容については、これ以上はもう良いな、などといういつもの楽観主義が、そのころにも出ていたのだった。だから、恒例のお酒の三蔵巡りを昨年行う頃には、もう原稿を渡そうと考えていたのだ。

 

Img_2707 その前から数えると、本書の担当である、左右社の編集者のT氏と、打ち合わせや初校・再校などで8回ほど会った。その度に、喫茶店を変えた。青山のラスチカス、蔦珈琲店、渋谷のセルリアンタワーの喫茶店「坐忘」、同じく渋谷のマメヒコ、東急文化村のロビーランジ、そして東京駅ステーションホテル・ギャラリーなどだ。Img_2545 喫茶店だけ見ても、注文の多い執筆者だったことがわかる。書籍の編集については、T氏にはいろいろとご面倒をおかけして、おそらく何度も徹夜に近いことがあったのだろうと想像されるし、喫茶店での応対も含めて、T氏のご苦労に改めて頭が下がる思いだ。

 

Img_2548 これらの喫茶店の中でも、複数回使ったところが1軒だけある、探してもなかなか見つからない喫茶店なのだが、表参道の「レ・ジェ」だ。店内は、会話するための静かな空気に満ちている。もっとも、昔からある喫茶店なので、喫煙者もオーケーなのだが。Img_2544 ここは左右社にも近いし、わたしも幕張から横浜への帰り道に、ちょっと遠回りすれば良いくらいのところで、都合よかったこともあって、3回ほどここで待ち合わせたことがあるのだ。

 

Img_2543 今回、刷り上がった献本10冊を持ってきてくださるというので、最後にここで待ち合わせることにした。ほどなく、T氏が現れ、グリーンの色調で表紙が整えられている本を手にすることができた。話題になったのは、特にお願いしていたイラストだ。じつはT氏の奥様に描いていただいた。本書の最初の方で、グリム童話をエピソードとして取り入れているのだが、その童話「ブレーメンの音楽隊」が盗賊たちを威嚇するところがあり、ロバ・犬・猫・鶏の4匹がリバイアサン(怪物)になるという場面を描いていただいたのだ。一斉に声を出すところなので、この動物たちの姿勢が重要なのだ。特に、ロバの上に乗った犬、犬の上に乗った猫の中間層でどのような姿勢を取るかが、リバイアサンの性格を決定するのだ。これが見事に描かれていて、声を出す姿勢がぴったりだった。1匹1匹別々に描いて、さらに統合したものだそうだ。本書の14ページ掲載なので、ぜひそのイラストだけでも見ていただきたいものだ。最初はブレーメン市の広場にある銅像の写真で済ませようと言っていたのだが、ごちゃごちゃして見栄えが悪い。イラストにしてよかったと思っている。

 

これで、めでたくT氏との喫茶店巡りも一段落つくことになる。終わりになってしまうのは残念だけれども、T氏はホッとしているに違いない。また、何かの機会に一緒に仕事ができたら良いなと思う次第だ。

2017/08/03

上諏訪での面接授業第1日目

Img_2594 宿の人に、放送大学の学習センターが入っている諏訪市文化センターへ最短でつく道を聞く。2年前にどのように行ったのかを忘れてしまったのだ。じつは、上諏訪の道は変なのだ。微妙に、道が直角ではなく、角度が70度だったり200度だったりして、距離感が方眼紙状でできている人には、上諏訪には住めないだろう。それは、たぶん高島城の城下町であったということと、それから諏訪大社つまりは諏訪湖に由来する道の出来方だったのだろうと想像させるのだ。

 

宿場街道の走りと、諏訪湖の走りが平行ではないために、それを結ぶ道が歪んでしまったのだと思われる。また、城下町では、敵が攻めてきた時に歪んでいた方が良いので、故意にこのような道にした可能性が十分にある。けれども、ここをまっすぐ行くと便利なのだが、どうして曲がってしまって、まっすぐに行けないのかな。近代的合理性が働いていない道の作りなのだ。

 

今回の面接授業では、4人グループで班を作って、端数が出ない12名で行うことができた。理想的な数だ。このようなグループ学習では、参加を重視したい。5人になってしまうと一人当たりの発言時間が少なくなる。3人だとあまり話す意味がなくなってしまう。やはり、4人というのがちょうど良いように思える。今回は、3グループ作り、課題が4つずつだったので、それぞれのグループの発表でも、全員が必ず1回は発表することができて、理想的な参加が可能になったのだ。12名は良いな。今後も、12名で申請しようかなと考えていたら、実際には14人で、欠席の2名がいたから、ちょうど12人になったのだった。12名というのは、狙って達成できる数字ではないのだ。

 

Img_2632 二日目になって、博士課程入学の相談に東京からわざわざ会いにきた方がいて、お昼を一緒に食べた。残念ながら、専門がかなり違うことがあって、博士課程では引き受けることができないことになったのだが、ご本人も上諏訪温泉を楽しんでおられた様子だったから、まったく無駄な出張ということではなかったと思われる。

 

Img_2634 また、千葉から面接授業に参加してきた方とは、二日目の面接授業が終了した後に、卒業研究のことで話し合うことができて、それなりに生産的な出張となったのだった。Img_2635 放送大学では、本部に近いところに住んでいたからと行って、幕張で先生方と会えるわけではない。むしろ、このように地方へ出張してきていた方が、互いに話しやすいということはあるだろう。これは、放送大学ならではの転地効果が働いているのだと、わたしは勝手に解釈しているのだ。

 

Img_2641 上諏訪では、いつもうなぎ屋さんで食事をすることにしていたのだが、今日は臨時休業だそうで、それではというので、以前諏訪に住んでいた伯母に連れて行っていただいたフランスの田舎料理を食べさせる店へ行くことにする。Img_2638Img_2639 どこが田舎料理かといえば、地方の名前がついた料理が次から次へと出てくるのだった。

2017/08/02

上諏訪へ面接授業の出張

Img_2568 昨日、新宿を特急あずさ号でたって、上諏訪駅へ着く。明日からの長野学習センターでの面接授業に備えて、前日に宿へ入る。昨年は、長野市で行ったので、上諏訪は2年ぶりだ。上諏訪駅前の長野学習センターが入る予定のビルは、まだ解体作業を行なっていて、すでに2年が経つが、工事はなかなか進まない。学習センターが入るまでには、さらに2年以上かかる予定だということである。駅前を通りかかる人びとは、みんな未だか未だかという顔をして通り過ぎていくかのように見えてしまう。

 

Img_2570 宿に荷物を落として、さっそく温泉と行きたいところだが、まだ陽が高い。そこで、宿場町をさかのぼって歩く。何故ならば、滞在中3日分のお酒をまず確保するためだ。この街道沿いには、酒蔵5軒が点々と並んでいて、試飲させてもらえる。けれども今日は残念なことに、大方の蔵は5時でお終いだということなのだ。それで、わたしのかなり遠い遠い親戚筋に当たるのだが、醸造元の「本金」へまっすぐ伺う。ここの「雨上がりの空と」という純米酒は、いつも買っているのだ。だが、今回はもう少し濃くのある「樋ノ口」を購入する。

 

Img_2569 奥様に話を伺っていたら、本金では「太一」という辛口を中心に品揃えを行なっていたのだが、若い世代に移って、バリエーションが豊富になってきているらしい。辛口中心の蔵でも、甘口(決して甘口とは表示しないところが面白いのだが)を置いておくと、かえって辛口との比較ができ、それなりに存在理由があるとのことなのだ。Img_2583 もちろん、甘口専門の有名な「真澄」でも、辛口を置くようになっていて、味というものの相対的な位置付けというものに気がついたのだった。これらを味わうことによって、その醸造所の味の系列がわかってくるのだ。

 

Img_2574 さらに、坂を登っていくと、父方の本家の菩提寺である「正願寺」に行き着く。Img_2575_2 ここは奥の細道で芭蕉に随行した「曽良」の墓があることで有名なのだが、祖母の墓があるので、いつも上諏訪に来たら、寄ることにしている。黄色のマリーゴールドが咲き誇って、本堂に迫っていた。

 

Img_2577 宿へ帰る途中、駅前に学習センターがあった時にランチで通った喫茶店「石の花」へ寄って見たが、やはり駅前工事の影響なのか、当分休業だそうだ。Img_2580 でも、この一角は奇跡的に残っていて、希望はつながったと行って良いだろう。店が再開されることを切に期待している。

 

 

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。