« 夏季合宿始まる | トップページ | 椅子のコレクションを観る »

2017/07/22

京都で博士課程ゼミナール

Img_2448_2 今年度の博士後期課程の学生たちは、なぜか関西にかたまっている。島根、大阪、名古屋なので、結局のところ、ゼミを開こうとすると、駅前に位置し、集まるのに都合の良い京都学習センターでということになる。今回は、学習センターが入っている「キャンパスプラザ京都」の中でも、和室というのがあって、そこに予約を入れておいた。Img_24448畳間でちょうど良い大きさなのだ、ここを一日借り切った。あとで調べてみたら、中庭があり、さらに茶室用のコンロが床下に埋め込まれているという、贅沢でかつゆとりある空間だった。

 

Img_2445祇園祭の最中の京都は、猛暑で、35度を超えている。この暑中で、和室でのゼミナールというのは、気分転換にもってこいだ。参加の学生たちも、仕事に追われながらも、家で論文をシコシコと構想していたのであるが、一日喋れば、また論文への情熱も湧いてくることだろう。

 

Img_2452 現在の段階は、来年の予備論文目指して、1年前のスタートというところだろうと想像する。これまで考えてきたことを、ここでもう一度ひっくり返して総点検すべき時期を迎えている。この目的に沿って、大きな筋道を互いにひっくり返して、議論を重ねあったのだった。この段階には、特有の不確実な楽しさがあって、油断できない。ちょっと気を抜くと、隙を突かれる恐れのある議論が続く、という注意の必要な段階なのだ。

 

Img_2450 外へ出ると、夏雲がもくもくと発達していた。京都出身のHさんは琵琶湖、福井方面は雨ですね、と言っていたのだが、みんなでクラフトビールを飲んでいる最中に、その雲が襲ってきて、突風と横殴りの大粒の雨が京都の街を吹抜けて行ったのだった。

« 夏季合宿始まる | トップページ | 椅子のコレクションを観る »

学問の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/65584531

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で博士課程ゼミナール:

« 夏季合宿始まる | トップページ | 椅子のコレクションを観る »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。