« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月に作成された投稿

2017/06/26

映画「人生フルーツ」を観る

Img_2285 三日目は、受講生から集めたレポートの整理と、グループ学習でのデータ整理で半日かかってしまった。ホテルのチェックアウトが遅かったので、かなり仕事が捗った。あとは、どこかの喫茶店へ入れば、なんとか今日中に面接授業からは離れることができそうだ。

 

Img_2267 手紙といえば、近くに「盛岡てがみ館」という公共施設があって、ちょうど彫刻家の「舟越保武のてがみ」展が開催されていた。代表作の創作に関わるF氏への手紙が数多く展示されていた。中でも印象的だったのは、啄木の頭部の彫刻についての手紙だ。内側から燃え上がるような、像を表したいという趣旨の手紙だった。Img_2269 保武の彫刻は、表情は極めて優しいのだが、うちに秘めた情熱のようなものがあって、これがぐっと迫ってくるところがある。てがみ館を出て、少し歩いていたら、保武の弟に当たる「直木」氏の展覧会がギャラリーで催されていた。Img_2270 また、帰りに駅近くの道路ガード下に、保武の代表作の一つである「青年」像があって、偶然にも仰ぎ見ることになった。端正な滑らかな身体を描いているにもかかわらず、逆にミケランジェロのダビデ像のような、生の迫力が同時に迫って来るのだった。

 

Img_2288 ちょっと喉が渇いたので、岩手銀行中ノ橋店の赤煉瓦の建物を見学して、紺屋町へ足を伸ばした。江戸時代から続く茣蓙屋や、南部鉄器の店などが続き、番屋跡や白い蔵などがさらに奥へ誘う。Img_2282 並びに、喫茶店「クラムボン」がある。宮沢賢治由来のネーミングだ。街の珈琲専門店という雰囲気で、女性たちのたまり場のようだった。所狭しとばかりに、コーヒー豆が置かれていた。最近焙煎したばかりのパナマを豆のままで購入した。Img_2278 Img_2276 Img_2273_2 Img_2275

 

Img_2268 新幹線の切符をパック旅行で取っていたので、新幹線の時間まで少し余裕があった。そこで「出張先で映画」ということになった。宿が盛岡市の中心部にある「映画館通り」からちょっと入ったところにあって、盛岡ピカデリーや盛岡中央劇場、そして盛岡フォーラムなどが軒を連ねている。ここの盛岡フォーラムが幾通りか向こうの通りに別館を作っていて、そちらがシネコン的な映画館を構成していた。Img_2298 ここで、今年のお正月に忙しくて見逃していた映画「人生フルーツ」が上映されていた。これ幸いと入った。意外に客は多かった。90歳の建築家津端修一氏と妻の英子さんとの生活を描いたドキュメンタリーの再編集版だ。もともとは、東海テレビの番組だったそうだ。愛知県の春日井市の高蔵寺ニュータウンで、里山を復活させるような、住宅を作って実際に住んだ記録である。魅力的な詩が、番組を進めて、区切っていく。

 

「風が吹けば、枯葉が落ちる。

枯葉が落ちれば、土が肥える。

土が肥えれば、果実が実る。

コツコツ、ゆっくり」

 

Img_2331 そして、建築家たちの言葉が小さなテーマとして、映像にかぶさっていく。まず、ル・コルビジエ「家は暮らしの宝石箱でなければならない」ということで、ニュータウンの分譲地を購入して、家を建てるところから始まり、その後の住宅の様子が映されていく。そして次のテーマとして、アントニオ・ガウディ「すべての答えは、偉大な自然の中にある」という言葉で、里山を復活させようとする夫婦の営みとその恵みが描かれる。さらにフランク・ロイド・ライト「ながく生きるほどに、人生はより美しくなる」という人生最後の時がたんたんと描写されるのだ。Img_2325 じつを言えば、これら三人の椅子をちょうど、今回の盛岡スクーリングの中でも取り上げていたのだった。また、受講生の中でも、これらの椅子が人生の中で印象を残してきた椅子にあげていた人もいたほどだ。ほんとうに、偶然の一致ということがあるのだ。Img_2302 Img_2280 Img_2279

 

2017/06/25

盛岡でスクーリング第2日目

Img_2314_2 二日目も順調に講義は進んだ。理論部分では、少し論理が錯綜して難しく聞こえるかな、と思っていたのだが、かえって少し難しいくらいの方が、眠気覚ましにはちょうど良いらしくて、こちらの言葉に少なからず反応してくださった。少し喋り足りなく、また、学生の方の感想も最後は時間切れで、ちょっと時間不足だったと反省している。けれども、二日間分の感想も記してもらったから、それに替えよう。ほんとうに名残惜しかったけれども、これで終了ということにした。一部の学生の方に釣られて、最後は恒例の拍手で大団円となったのだ。

 

Img_2243_2 ようやく梅雨の雨が盛岡にも押し寄せて来たのだが、講義が終わる頃には、また晴れて来た。講義の熱を覚まそうと、本町通りを歩いて、中津川の上ノ橋までいく。県公会堂裏の静かな喫茶店「carta」を探す。Img_2245_2 このcartaとは、手紙の意味らしい。店のカウンターには、手紙ではなく、文庫本がたくさん置いてあったので、村上春樹の雑文集など、手当たり次第に読んで、講義で喋った言葉が頭から離れて行くのを助けた。Img_2247 頭から入って口をついて出た言葉は、わたしの言葉に相違ないのだが、言葉が受講生の耳に入った途端に、わたしの言葉ではなくなり、受講生の言葉になるのがわかる。だから、どんどん喋って、わたしから離れさせて、受講生の耳の奥へ蓄積されてしまうのをしっかりと確かめて来たつもりだ。「carta」では、静かなピアノソロの反復のミュージックが流れていて、熱が静かに静かに冷やされていったのだ。この音源は、店で弾かれたもので、CDにはなっていないそうだ。それで、この音と似たようなCDを推薦したもらって、ワルツの静かな曲の入ったものを購入した。

 

Img_2253 県公会堂は、正面玄関と裏玄関とさらに横玄関を持つ、多面的な利用のできる複合施設のようで、このように重厚なタイルにアール・デコ調の装飾が施されていて、夜の闇に映える。cartaのプロモートするコンサートも、この施設を借りて行うそうだ。

 

Img_2260 県公会堂の正面から、内丸と呼ばれる、かつては盛岡城の枢要な場所だったところに、新宿のゴールデン街のように、小さな飲食店が所狭しと寄り添っている一角がある。ここの真ん中辺にある店「白龍(パイロン)」本店にて、盛岡三大麺のひとつの「じゃじゃ麺」を夕飯とする。深皿にうどんのような柔らか麺と野菜が乗って、そこに肉味噌が添えられてくる。カウンター席の庶民的な店だ。「中」を頼んだけれども、大方の客は「小」を頼んでいた。Img_2297 つまり、ボリュームがあるということだ。味噌を完全に麺と混ぜ合わせ食べる。ところが、周りの常連客たちを見ていると、そのあと「ちいたん」と呼ばれるスープを頼むのだ。生卵がテーブルにあって、自分でそれをかき混ぜて、カウンターへ戻しちいたんにしてもらう。卵スープということだが、これを最後にいただくと、なんとなくお腹がすっとしてくるのだ。旅の客だとわかったらしく、お母さんらしい女性の従業員の方が、ちいたんをアレンジしてくださった。これ全部で六百円。

 

2017/06/24

盛岡でスクーリング第1日目

Img_2171 盛岡の繁華街に宿を取ったのだが、小さい静かなホテルに当たった。到着サービスで、安比高原のアイスクリームがついていて、部屋に入って、甘みをとったら、気分が落ち着いた。今日の午後、K大学で貨幣の話をしてから来たので、今回の木の話へと頭の中を転換させなければならなかったのだ。Img_2177 ここ盛岡では梅雨の時期にも関わらず、二日間雨に降られることなく、繁華街から20分ほど歩いて、岩手大学正門に入った。小川風の人工溝がずっと通った、ゆったりしたメインストリートを少し歩いたところに位置する附属図書館の3、4階に、岩手学習センターがある。

 

Img_2179 今回のテーマも、木製椅子の経済学なのだ。じつは岩手学習センター所長のH先生は、林業学がご専門だ。そこで、不躾ながら「樹木」に関連して質問をし、答えていただいた。たとえば、家具には広葉樹が使われるのだが、植林などで植えられるのは針葉樹が多いのは何故なのか、とか。Img_2178 岩手では、面積が広く、林がたくさんあるにもかかわらず、家具製造所が少ないのはなぜか、などだ。関連して、広葉樹につく害虫の話や、国有林の話など幅広くお答えいただき、たいへん興味深かった。

 

Img_2190 この面接授業のシリーズでは、授業の始まりに、受講者の方々が椅子についての体験を、自己紹介に併せて喋ることになっている。今回も、それぞれの半生に渡る興味深い椅子の話をたくさん聞くことができた。どこで椅子に座るのか、というのは体験の中では極めて重要で、家庭内での椅子体験を述べるかたが多かった。でも、男性ではやはり職場での体験が目立った。Img_2180 職場の椅子には出世とパラレルな等級がある。また、家庭で座るような椅子は、それなりに歴史や部屋との調和が重要な意味を持つ。中でも、「父親が作ってくれた椅子」の話は印象的だった。兄弟で使い回しをして、いわば椅子が家族関係を結んでいると言える話だ。

 

Img_2183 それから、「自分の椅子」に出会いたい、という欲望には強いものがあることを知った。受講生の中には、これから購入を考えている方もいらっしゃって、授業では名作といえる近代椅子の典型を数多く紹介するので、いわばお見合いのような契機を提供しているかの錯覚にとらわれたのだった。Img_2188 講義の後には、きっと良い椅子の「パートナー」を見つけてもらえるかもしれないと思ったのだった。パートナーという目で、椅子を見ると、以前は好みでなかった椅子が、いつ間に、自分の椅子になっているという現象を報告した受講生もいらっしゃって、こうなると、本当に「マイチェア」ということがありうると思えてくるのだった。Img_2196 身体と椅子の関係についても、話は尽きなかった。自宅の椅子の写真集を持って来てくださった方もいたのだった。

 

一日目の夕方には、Aさんが会長を務める岩手学習センターの「学友会」がわたしとの懇親会を開いてくださることになった。Img_2191 学習センターから歩いて、駅近くの居酒屋へ行くことになり、雑談をしながら移動した。途中、北上川に隣接した材木町というところで、街の両側いっぱいに、土曜日の「与市」が立っていたので寄って行くことにする。宮澤賢治が「注文の多い料理店」を出版した光原社のある街である。宮澤賢治の銅像があり、さらにセロ弾きのゴーシュをイメージさせるチェロの銅像も置かれている。Img_2195 りんごとぶどうを混合したワインが売られていたので、これから飲みに行くのにもかかわらず、つい購入してしまったのだった。骨董屋さんの店先で、一緒に歩いていた学生の方が、17世紀頃のウィンザーチェアの骨董を見つけ、しばし観察会となったのだった。

 

Img_2192 光原社には、後からもう一度訪れた。わたしが松本の「ちきりや」で購入を続けている、出雲の白磁作家石飛氏の作品が数多く展示されており、これらをじっくりとみる。Img_2189 もう一人、白磁作家の五十嵐氏の作品も展示されていて、こちらのポットも持っているので、僭越ながら興味深く双方の作家を比べてしまった。経済学を学ぶ者としてはこの二人の値段がほぼ2倍の開きがあり、この違いについて、想像力を羽ばたかせたのだった。

 

Img_2194 別棟では宮沢賢治の手紙や原稿が展示されていた。長岡輝子さんの朗読する賢治作品のCDをしばし聞いた。二階の展示では、最近出回っているのをよく見るようになった、アジアのウォールナット製コーヒーメジャーを購入する。その横で、授業でも詳しく取り上げた、ハンス・J・ウェグナーの椅子、Yチェアやエルボーチェアなどが展示販売されていた。わたしはデンマークデザインの広まりという、一般的な考え方から捉えていたのであるが、こうして見ると、なるほどこれも民芸的な要素をかなり持っているなと改めて認識したのだった。Img_2193_2 昨年秋に出たばっかりの、柚木沙弥郎氏が絵を描いている絵本「雨ニモマケズ」も買ったのだ。小学校時代に祖父の家が破産して、父が遠くへ赴任していた時代に、母が父の所蔵本からこの詩を見つけて来て、家族三人で復唱した記憶が蘇って来たのだ。

 

Img_2182_2 懇親会で、学友会の方々は、わたしの書いたこれまでのテキストを持って来て、見せてくださった。よく勉強した跡が濃厚にわかるテキストが多かった。付箋の数が夥しいもの、赤い下線の目立つもの、マーカーが横にまではみ出して来ているもの、各章ごとに目次を付箋として付けられているもの。感激した。Img_2184 何かメッセージを書いて欲しいと言われて、それぞれ二つの異なる傾向の言葉を記したのだった。ひとつはわかりやすく「つねに好奇心を!」というもの、もうひとつはわかりにくいが、意味深の「怠惰なる好奇心」というヴェブレンの言葉。Img_2173 これだけわたしの書いたものを読んでくださる方々へは、月並みの言葉は書けなかったのだ。懇親会では、最初はワインを飲んでいたのだが、ホテルに当地ワインのエーデルワインを残して来たことを思い出して、途中から学生の方からオススメの地酒辛口の「あさ開」に変える。Img_2198

 

学友会の方々とは、そのまま駅前で別れた。Img_2200 宿の近くの中津川沿いにある、蔦の絡まる、というよりも、蔦で家ができているような喫茶店「ふかくさ」へ行く。Img_2201 老年のピアノ弾きが喋りながら、片手間に曲を弾くのだが、年季が入っている分余裕のある曲想を奏でていた。酔いを覚まして、コーヒーとケーキをいただきながら、一日を振り返った。Img_2207 ついには、雑感を記して来た、ノートの余白がなくなってしまったのだった。Img_2205

2017/06/17

郡山でスクーリング

Img_2121 人口20万から30万人都市というのは、たまに帰ると昔のものがそのまま残っているところがある。戻ることが予想されている都市規模だ。これよりも大きくなってしまうと再開発が盛んになって、昔が破壊され、これよりも小さいと、衰退の波に勝てなくなる。郡山市にスクーリングのための出張できている。ここがちょうど人口30万人なのだそうだ。

 

Img_2123 東京から東北新幹線に乗ると、仙台や山形くらいの遠出する気分になる。列車に乗り込んで那須高原を過ぎ、関東を超えて出て行くとそのあと、ずいぶんと距離があるように思い込んでいた。頭の中に具体的な距離感がなかったのだった。東日本大震災のときに、同じ阿武隈川流域にある亘理町へ行ったが、これは太平洋側であった。郡山市は、それからぐるっと、川が回って内陸部へ入っているところにあるのだ。残していた北欧ミステリーを読んでいたら、なんと東京を出発して1時間18分で郡山へ着いてしまった。

 

Img_2124 駅前広場が広くとってあり、ここのバス停から郡山女子大のバス停まで、10分ちょっとでつく。福島学習センターは、郡山女子大が生涯学習のために建てた建物「もみじ館」に入っている。そして、隣には会議・集会所施設の「つつじ館」があって、こちらはゼミなどに利用されている。レンガ壁作りの洋館が洒落ていて、静かな学習センターだ。駅から少し距離があるが、市役所のそばであり、女子大の図書館も近くにある。交通の不便さはあるのだが、勉強するには恵まれた環境だといえる。

 

Img_2127_2 学習センター所長M先生は教育行政の専門の方で、隣接する公園と神社を案内してくださった。日本史の中の明治期開発の典型例として有名な、猪苗代湖から灌漑用水を引いた「安積疎水」の中心地が、この学習センターの位置している公園で、その昔は沼地だったそうだ。現在は、開拓地記念のモニュメントが建っていて、そこが五十鈴池となっている。昼休みに、気分転換するには最適な散歩コースだった。講義も順調に進んで、質問もたくさん出て、ヒアリングを行っているような楽しい面接授業だった。また偶然にも、学習センターでもいくつもの貴重な情報を様々に仕入れることができて、成果満載の出張だったのだ。

 

Img_2134 駅のそばに宿をとっていたので、郡山の幹線道路の「さくら通り」をずっと歩いて帰ることにする。4月ならば、お花見を同時にできたのかもしれない。市役所をちょっと過ぎたところに、「薄皮饅頭」製造で有名な柏屋が経営しているスイーツの店「Branco」がある。Img_2137 7時間立って講義した後の栄養補給のために、「白桃のショートケーキ」を取り、コーヒーを飲む。夕暮れの中を家へ帰る自動車の波を見ながら、講義で熱くなった頭の中を冷やしてから、ようやく席をたった。

 

Img_2144 20万から30万都市の目安のひとつは、専門書店があるか否か、老舗百貨店があるか否か、そして映画館があるか否か、という点であり、ここには全てあり、そして「郡山テアトル」という複数のスクリーンを二つのビルにもつ名画座風の映画館があるのだ。Img_2159 Img_2157 「出張先で映画を」という習慣は抜きがたい。成島出監督の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」を観る。会社上司のパワハラにあう主人公の一人「青山」が、もう一人の主人公「ヤマモト」に支えられて、パワハラから脱する物語だ。来週は盛岡出張なのだが、今から宮澤賢治が頭に浮かんできた。「セロ弾きのゴーシュ」で、楽長に怒られて、町はずれの川ばたにあるこわれた水車小屋に、重く黒い大きなものを背負って帰っていくゴーシュの気分を思い出したのだった。

 

Img_2146 さて、問題は、映画館での夕食だ。福島学習センターからの帰り道、偶然見つけたバーガー屋さん「SONORA」が美味しかったのだ。安積疏水が通ってきている原野が、最後には阿武隈川河岸段丘で低地へおりて行き、郡山駅へと通じるところに、清水台という場所があって、急な坂道が斜めにゆるくカーブして、国道の幹線道路へ続いている。Img_2156 その両側が、なんとなく渋谷の道玄坂みたいな雰囲気を持っていて、椅子を巧みに展示している花屋さんや古道具屋さんが並んでおり、その連なりの中に「SONORA」がある。白かべの内装と、無垢の木で専用に作られた椅子とテーブルが素敵だ。テイクアウトで、米沢牛バーガーを購入して、何か良いものを発見したような楽しい気分になって、この坂道を下ったのだ。Img_2152 Img_2150

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

「貨幣・勤労・代理人」

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。