« 神保町で研究指導 | トップページ | 映画「La・La・Land」を観る »

2017/03/21

東海道と中山道の追分を歩く

Img_6514 朝早くに新幹線で、大阪の伊丹市へ出張。昨年から、4人の先生方の協力で、授業番組「農山村と都市における身近な経済」というラジオ科目を作っている。社会科学では、現在「地域」とは何か、という趣旨の研究が目白押しなのだ。放送大学では、退任された経済学のH先生が「比較地域研究」にみんなで参加しようということで、10年ほど前に「比較地域研究センター」を設けてきている。H先生のもとで、これまで修士課程の経済分野の研究指導を担当なさってきた、I先生、A先生、S先生に、わたしを加えて、今回この科目を企画したのだった。

 

Img_6523

今年の2月には、ほぼ原稿が出揃って、今日は放送教材収録の相談を行うために集まることになった。ところが、日程調整を行なってみると、4人の先生があうような日は皆無に等しいことがわかった。島根からのI先生、大阪からはA先生、熊本からはS先生に、横浜のわたしなので、そう簡単に日程調整が成り立つわけではないのだ。それで、短時間でも良いから、また先生によっては日帰りでも良いからということで集まってもらったのだ。だから、一番日程がキツかった島根のI先生の飛行機時間に合わせて、伊丹空港近くの貸し会議室を借りることになった。また、これに合わせて、一昨年「音を追究する」でお世話になったKディレクターも千葉から駆けつけてきてくださった。

 

Img_6518 相談は順調に進み、メールでは互いに誤解していたような事柄も解くことができ、どうにか全体の調整がつき、次の段階に進むことができたのだった。それにしても、伊丹市という地域の外面的な印象は、ちょっと変わっている。交通通過都市だということだと思われる。Img_6517_3 空港、二つの鉄道、それに会議室やホール、ビジネスビルなどの箱物はたくさんあり、中心を宝塚へ伸びる幹線道路が縦断していて、街の全般に余裕がある。ゆったりとした再開発が行われているところだという印象だった。これまで、あまり経験したことのない、不思議な街のイメージだったのだ。

 

Img_6497_2 さて、半日の自由時間ができたので、横浜へ帰るまでの間、以前から行ってみたかった宿場町の草津宿へ、新快速へ乗っていく。この滋賀の草津で、東海道と中山道が合流する。このような特別な宿場として、江戸時代に発達したのだ。まずは、問題の道標を見る。いくつかのバリエーションがあって、一番有名なのは19世紀のものだが、街道沿いの神社には17世紀のものもあるのだ。また、近代になっても新しい道標が作られており、草津はここ数世紀に渡って、交通の要所を占めてきた場所なのだ。Img_6520 本陣が素晴らしい。草津には、二つの本陣と脇本陣とが存在しており、現在一つの田中家本陣が残されていて、一般公開されている。とりわけ、大福帳には泊まり客が記されており、本陣であるから、公家と大名ということになるのだが、幕末になると、新撰組なども宿泊していた記録がある。また、宿特有の「関札」が大量に残されていて、これを掲げることで、「見せびらかしの消費」が行われたのだな、ということがよくわかる象徴的な歴史資産だ。

 

Img_6531 本陣の構造については、群馬の大庄屋の子孫であるK先生から知識を得ているので、その視線でみていくと、なんなくわかってくる。中世の上下関係を建物の構造に取り入れていて、玄関を入って、次の間、畳廊下、脇の部屋、そして最後は上段の間へ向かって、Img_6533 少しずつ敷居が高くなっていくという建物構造を持っている。この草津の本陣でも、見事にそのように作られている。そして、上段の間の奥に、位の高い人の雪隠と湯殿が作られているのだった。

 

Img_6534Img_6535Img_6536_2

Img_6537Img_6546Img_6548

Img_6555Img_6538Img_6543

Img_6565 草津宿の並びにモダンな交流会館が建っていて、もちろん展示されている模型や物的な標本は面白いのだが、わたしが注目したのは、じつは資料室だった。玄関横に作られていて、現在はそれほど重要ではないかのように、傍に追いやられているという印象だった。けれども、いざ一冊一冊みていくと、なかなか魅力的な資料が集められていることがわかってきた。Img_6568 全部紹介するわけにはいかないのだが、じつは先日群馬合宿の時に書いた、いわゆる「中央用水」構造の宿場町をみていくのに最適の資料が揃っていたのだ。さすが東海道と中山道の合流地点だけのことがある。東海道では、あまり目立たないのだが、中山道には2、3例が見つかったのだ。H先生の喜ぶ顔が目に浮かぶのだった。

 

Img_6614 この収穫だけでも、心はウキウキしてきてしまった。やはり、このような時には、心落ち着く喫茶店で、獲得した知識を反芻しながら、最後はサードプレイス的効用を一人で楽しむべきだろう。Img_6607 山科で電車をおり、地下鉄で京都へ戻って、いつもの喫茶店「Kosci」で玉ねぎのポタージュとパン、そして、珈琲を頼んだ。長かった今日の散策を思い返したのだった。帰りの新幹線では、このコチで購入した「キッシュ」と「くるみとはちみつパン」を食べ、収穫多い出張を終えたのだった。Img_6633

« 神保町で研究指導 | トップページ | 映画「La・La・Land」を観る »

仕事と趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/65073876

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道と中山道の追分を歩く:

« 神保町で研究指導 | トップページ | 映画「La・La・Land」を観る »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。