« 札幌での面接授業 | トップページ | 映画「オーバーフェンス」を観る »

2016/12/01

今年行った面接授業の全体結果について振り返った

Img_1707 今回の札幌での面接授業を終えると、「アーツ&クラフツ経済社会入門」と題した、今年度の面接授業、すなわち宮崎学習センターから始まり、山形学習センター、長野学習センター、そして北海道学習センターの4回の授業が完結することになる。今回の札幌での面接授業では、特色のあるいくつかの課題を設定していたのだが、これらの4学習センターに共通する課題もあり、それぞれの学習センターの学生の皆さんに、4回が終わったら、全体結果を公表することを約束していた。じつに、6月に始まって、11月までかかったことになる共通課題があるのだ。

Img_5180 4回がめでたく終了したので、ここに共通課題の結果を公表しておきたい。それは、アーツ&クラフツ(美術工芸)におけるデザインの傾向についてであり、具体的には「機能主義と装飾主義」という傾向が、参加した学生の方々に、いかに認識されるのかという点についてアンケート調査を行ったのだ。「椅子」という日用品クラフツを取り上げ、近代に注目された椅子群を学生の方々に見てもらって、何が「機能主義」的で何が「装飾主義」的なのかを感じてもらおうという趣向だった。おおよそ90名弱の方々に、43脚の椅子にそれぞれ点数をつけてもらって、学習センターごとに集計し、さらに今回4学習センター全体、すなわち80数人の集計結果がまとまった。受講した学生の方々には、当日配った43脚の写真資料を片手に、この全体結果と学習センターごとの差異を比較して、楽しんでもらえればありがたいと思う。

次の表でわかるように、機能主義的だと全体結果から示されたのは、チャドウィックの事務椅子、ブロイヤーのパイプ椅子、北欧デザインのウェグナー椅子などだ。チャドウィックの椅子には、人間工学的で仕事がはかどりそうだ、ブロイヤー椅子には、シンプルで持ち運びに便利そう、などという学生の感想があった。ブロイヤーの椅子に現れているように、バウハウス的な機能主義が椅子に現れている。

2016_5

20161130_213500 20161130_213245

それから、装飾主義的だと認識された椅子は、ウェブの貴族趣味のベンチ、ウィリアム・モリスの装飾椅子、アールヌーボーのガレ椅子などが選ばれた。美術品・芸術品にも匹敵するという感想のあったウェブの椅子、花の模様が彫刻されたガレの椅子などが、装飾的だと学生に判断されていた。アーツ&クラフツ運動やアールヌーボーの影響がこれらの椅子には、顕著に現れている。

2016_4

20161130_213120 20161130_212748

6月、8月から待ってくださった学生の方、そして、今回の札幌の学生の方々に感謝申し上げる次第だ。さて、今回の札幌訪問には、もう一つの目的があり、決して出張費を無駄にしない精神にあふれている。・・・のかな。ちょうど、あと3週間で、修士論文の締め切りが来るのだ。それで、現在M2の方々から毎日のように書き換えられた草稿が到着している。M2の東京のAさんからは、旅行予定があるらしく、直前の原稿が札幌へ出発するときに後を追ってきたのだ。そして、札幌のAさんも修士論文締め切り間近に迫っており、今回の出張の目的の一人であるのだ。つまり、論文の研究指導という目的も今回の出張には含まれている。

Img_5233 二日目の夜になって授業が終了し、北大にある学習センターから駅や道庁を経由して、途中で今年文書館が改修されて、お菓子屋さんになったという古いビルや、さらに札幌市の資料館のライトアップなどを見学しつつ、植物園横の老舗の喫茶店「倫敦館」に落ち着くことにする。Img_5236 Aさんが高校生時代によく利用していたのだそうだ。勉強する学生や、読書する学生の似合う喫茶店だ。二日間も喋っていると、ついさらにおしゃべりしたくなってしまって、Aさんの修士論文のこともさることながら、Aさんが北海道学習センターでの別の発表も抱えているとのことで、議論する種は尽きなかった。Img_5235 そうは言っても二時間が経つほどに、外はしんしんと冷えてきて、目の前をスピードを上げて走っていた自転車が見事に転ぶほどに、道路も凍ってきており、明日も研究指導の時間を取ってあるので、ほどほどに切り上げて、今日のところは大通公園へ出ることにした。

Img_1683 テレビ塔を囲んで、「White Illumination」というイルミネーションの催しが36回目を迎えて、観光客を集めていた。Img_5250 とりわけ、一番はしっこに位置していた8丁目会場には、ドームシアターが設置されていて、大きな万華鏡にみんな見入っていた。小さな時に見たような万華鏡の飽きることない模様の変化を堪能した。Img_5252 なぜ万華鏡は飽きないのだろうか。二つとして、同じ模様にはならないというところが、現実に似ているからなのだろうか。しばし面接授業の疲れを忘れて、見入ってしまった。

Img_5256 Img_5261 Img_5271

Img_5265 Img_5277 Img_5248

ドームシアターの映像は、こちらから。

« 札幌での面接授業 | トップページ | 映画「オーバーフェンス」を観る »

仕事と趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/64566061

この記事へのトラックバック一覧です: 今年行った面接授業の全体結果について振り返った:

« 札幌での面接授業 | トップページ | 映画「オーバーフェンス」を観る »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。