« ユリイカ現象が起こると研究者本能が疼く | トップページ | O先生と冬カフェ »

2016/12/08

横須賀美術館へ散歩

Img_5300_2

冬の陽の落ちるのは早い。散歩に出ようとしても、まごまごしているとすぐ暗くなってしまう。先日の逗子・鎌倉へ行ってから、足の調子は良くないのは仕方ないとしても、呼吸器系の調子が良く、歩くことの効用については歳をとるほどに感じてしまっていたのだ。Img_5303_3 それで、今週も逗子と横須賀の美術館をはしごしようと妻と計画していた。電車の時間表など調べてもらっているうちに、両方は無理じゃないか、ということになり、さらに妻がどちらの企画展も見たくないと言い出して、結局のところ一人でトボトボと家を出て、横須賀美術館を目指すことになったのだ。

 

Img_5359_2 目的は二つあって、横須賀美術館の企画「新宮晋展」を観ることと、じつは3年前に開かれた企画展「日本の木のイス展」のカタログを購入することだ。当時、イス展をなぜか見逃していたのだ。それで、カタログだけでも手に入れておこうと思ったのだ。Img_5312_2 ここには、わたしの講義でも取り上げた、フランク・ロイド・ライトのイスや、柳宗理のイスなどが展示され、とりわけテーブルや部屋との調和の観点から取り上げられていて、今更ながらではあるのだが、見逃してしまっていて残念だったのだ。

 

Img_5321_2 それにしても、この美術館の海風の中を歩くのは、気持ちがよい。美術館に近づくにしたがって、今日の展覧会「新宮晋」のモチーフの一つである「風」のオブジェが芝生の傾斜した庭いっぱいに広がっているのが見えて、爽快な風模様を感じるだけでなく、観ることができるのだ。Img_5339_2 今日は小学生への美術館開放の日であったらしく、列をなして帽子をかぶった子どもたちが表坂道を降りてきた。Img_5330 前面のレストランには、犬を連れて、散歩途中の老人が風模様の黄色と、浦賀水道の青い海との対比を眺めていた。こうなると、体力がないからと言って、家に閉じこもっていられない。気分が晴れた分だけ、気力の問題だということになるだろう。

 

Img_5334_2 「新宮晋」の動くオブジェは、楽しいものだった。入ってすぐの部屋では、「水」を自然動力とした、二つの水車が展示されていた。「雨の光線」と「小さな惑星」と名付けられているオブジェだ。水車といっても、通常のものとは異なって、上から流れてきた水がオブジェに受け止められて、オブジェの内部で複雑な動きを見せ、それに合わせて、回る工夫が施されている。Img_5342 見ているだけで、いろいろな複雑な動きを見せるので、そのメカニズムがどうなっているのかを考えて見ているだけでも面白い物体なのだ。単純に水は上から下へ流れているだけなのに、溜められて横に向かうと、なぜこのように複雑な流れを見せるのだろうか。不思議な動きが生まれる遊具なのだ。

 

Img_5343_2 次の部屋では、今度は「風」がテーマになっている。天井に隠れて据え付けられた扇風機が風の流れを生み出して、それを受ける大きな風車と小さな風車が組み合わさって、これも大きな回り方と小さな回り方との複雑な組み合わせを見せている。Img_5337 あるいは、近くの風と遠くの風が、それぞれ大きな動きと小さな動きを連鎖的に生み出していく。ひとつとして、同じ動きはない。一つの風は、他の風とぶつかったり合流したりして、互いに弱く吹いたり強く吹いたりして、異なった風模様を作り出していく。

 

Img_5336 このように言葉で説明しても、隔靴掻痒でうまく伝わらないかもしれないが、それがオブジェというものの良いところなのかもしれない。特に注目したのは、「空のこだま(Echo of Sky)」だ。これを見たら、これまでの新宮の意図が、はっきりと見えた気がしたのだった。

 

Img_5355_2 水車にしても、風車にしても、なぜか新宮の作る今回の車には、支柱を挟んで、左右に二輪の車が付いているという共通点が見られた。そして、この二重の車を支える支柱が伸びて、地面に固定されたり天井に据え付けられたりして、何れにしても二輪を支える土台が存在するのだ。Img_5361_2 典型的には、「小さな花」と名付けられた三段に円柱が重ねられ、動きがグレデーションとなって現れる、回るオブジェなどは、最終的に三番目の円柱を支えるところで、土台が強調されている。いつも、土台との戦いの中で、車が回っているのが特徴なのだ。車は、しっかり固定するものがなければ、回らないのだ。これが展覧会の前半の答えだ。

 

Img_5341_3 ところが、「空のこだま(Echo of Sky)」では、初めて土台から、車の存在が自由になるのだ。車が上で転回するために、土台ではなく、重し(バラスト)が車の反対側に吊り下げられているのだ。バラスト効果がこんなところで目に見える形で出て来ようとは、到底想定していなかったのだ。Img_5366 驚いてしまったのだ。風車が宙に浮いて、それをバラストが左右に重心をとって、全体を安定させている。素晴らしい想像的オブジェだと思った。土台からバラストへ転換することが、こんなにオブジェ全体の自由を保障するとは本当に思わなかったのだ。Img_5365_2 おそらく、社会にもこのようなバラストがたくさんあるに違いないと類推を羽ばたかせてしまったのだった。

 

Img_5382_2 そんなこんなで、さらに常設展で、いつもの朝井閑右衛門の「パン」や三岸節子の「室内」や松本竣介の「お堀端」や国吉康雄の「毛皮の女」、さらに萬鐵五郎の「ガス灯」なども堪能して、Img_5376_2 3時間ほど心の散歩をして遊んでしまったのだ。Img_5378_2 夕闇迫る浦賀水道には、まだまだ常夜灯を掲げた船たちが行き来していた。ようやくにして、1時間ほどの家路に着いたのだった。遠くに、富士山が赤く染まっていた。

« ユリイカ現象が起こると研究者本能が疼く | トップページ | O先生と冬カフェ »

絵画・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/64646424

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀美術館へ散歩:

« ユリイカ現象が起こると研究者本能が疼く | トップページ | O先生と冬カフェ »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。