« 触感の記憶について | トップページ | 京都で博士課程のゼミを行う »

2016/12/20

ラジオの最終収録

2017_4 年の瀬が迫ってくると、仕事もあらゆるものが最終を迎える。今日は、二年前からテキストを製作し、さらに今年度ラジオ講座を製作して来たものが、収録の最終回を迎えることになったのだ。『日本語アカデミックライティング』と題する放送大学のラジオ講座だ。書くことをとりわけ意識した論文作成講座なのだ。

 

ヨーロッパ経済史のK先生と日本語学のT先生が主任講師となって、天文学のY先生、教育社会学のI先生、そしてわたしが加わっての異なる専門領域の5名の先生による講座だ。先生方は、それぞれの専門領域で一家言を持つ方々ばかりなので、全ての番組に立ち会ったK先生とT先生は色々な意味でたいへんな思いで臨んだものと思われる。苦労が多かったラジオ制作だったと推察される。

 

けれども、こうして終わって見ると、かえって良いことばかりが思い出されて、多くの先生方と一緒に作る楽しさが思い返される。今回の中で、最も印象に残っているのは、番組の中へ挿入された対談者の言葉だ。

 

わたしは、今回おもしろいテーマをいただいて、二章分書いた。一つはこれまでも何回か書いたこともある「情報を調べる」という章であるのだが、これはこれで、今回書き直して色々と興味深いものがあったのだ。けれども、もう一つのテーマが変わっていて、「他者の言葉で書く」というものだった。この他者という言葉を使って、書くということを考えさせてくれるというので、二つ返事で飛びついたのだった。

 

それで、わたしの担当回の「他者と書くことの関係」についてはそれはそれで楽しかったのだが、それに加えて、今日の座談会でも、他の先生方からも興味深い話が飛び出して来たのだった。K先生のお話はとくに印象的だった。若い頃に漱石全集を購入して、日夜文体を真似したのだそうだ。そしてときには、字体までなぞったとのことだ。

 

もちろん、そのままを真似ること自体に意味があるのではなく、真似ることで自分の体内に文体や字体が浸透することが重要なのだ。おうむ返しのように、すぐに真似ることの結果を求めるのではなく、自分のものになったという確信が必要なのだ。他者が自分の中に入ってくるということは、思った以上に困難があり、これを克服しなければ、他者の言葉を使って書くなどということはできないということだろう。

 

じつはラジオにおける座談会は、時間との勝負のところがある。一人の話者が時間を取ってしまうと、他の話者は時間が少なくなるというジレンマがあるのだ。だから、何か言おうと考えている場合に、ふつうは自分のいうことだけを考えて発言すれば良いのだ。ところが、ラジオの座談会では、それこそ他者がこの次どのようなことを言うのかまで予想を立てつつ、発言しなければならない。今回の座談会では、この「他者」がどのように言うのかを意識しつつの座談会であり、時間がぴったりに終わったことから考えて、5人の先生方がそれぞれの発言ばかりか、他の4人の発言を考えながら、つまりは、他者の言葉を意識しながら座談会を行なったのだと推察されるのだ。


この時間のぴったり感は、文章を書くときには、すこぶる大事なものだと思われる。ぴったりしていれば、表現もぴったりするということだ。ぜひ来年4月から始まる『日本語アカデミックライティング』のラジオ放送を聴いていただければと思うのだ。

« 触感の記憶について | トップページ | 京都で博士課程のゼミを行う »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/64709767

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオの最終収録:

« 触感の記憶について | トップページ | 京都で博士課程のゼミを行う »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。