« 映画「君の名は。」を観る | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

2016/12/30

デトロイト美術館展で今年の見納め

Img_5549

原稿の締め切りが迫っているのだが、毎年同じことを言っているので、家族のみんなは本気にしてくれない。それを幸いと見るのか不幸と見るのか、この歳になってくると自分でも判定できない。Img_5577_2 母が存命中は千葉へ行く必要があったので、ついでに幕張の研究室に大晦日までこもって原稿書きを行なっていて、守衛さんたちから「今日まで仕事ですか」と笑われていたのだが、大学には他にも大晦日まで仕事を行なっている先生方が毎年何人かいらっしゃるので、かなり変わり者であることは間違い無いのだが、唯一の変わり者では無いことを毎年確認してきたのだった。

 

Img_5572 ところが、母が亡くなって、幕張へ大晦日に泊まる口実がなくなり、大晦日を自宅で過ごすようになってくると、大掃除やら買い物やら、年の瀬に済ませなければならないことが目白押しで、研究室にこもっていた頃が懐かしいとさえ思えるのだった。

 

Img_5544 上野で開かれている「デトロイト美術館展」の切符があるよ、と娘が誘ってきたのを幸いと見て、程よい仕事の切れ目を潮時とし、朝には家を抜け出した。娘が以前本郷三丁目に住んでいた頃に、湯島近辺で美味しい料理店を開拓してあり、それを期待して、地下鉄の湯島駅で待ち合わせて、Img_5541 まずはフランス料理の店へランチ目指して行く。ところが、店には張り紙がしてあって、本日予約で満席だとのことだった。Img_5576 こんな調子だとイタリア料理のピッツアの店も同じ状態だろうということで、方針を変えて、近くの日本料理の店に早々に入ってしまう。金目鯛専門店だった。金目鯛丼膳を注文する。

 

Img_5552 湯島天神がその店を曲がった正面近くにあった。学業の神様なので、今年の商売繁昌を報告して、感謝のお参りをする。ここには、受験生たちの合格祈願が殺到していて、絵馬を掲げる立て看板がずらっと並んでいた。読んでみると、みんな欲張りで、T大、W大、K大、R大などとずらっと受験校を書いて、祈願していたのだ。Img_5556 でも中には、親御さんたちだけの絵馬が掲げられていて、息子や娘の合格祈願をそっと願っている絵馬があって、好ましかったのだ。それから泣かせたのは、教師の絵馬で教え子が目的の試験に受かったことを感謝していた。教え子のチカラは信じていても、あとは神頼みというところは、確かにあるのだ。

 

Img_5571 湯島から男坂、女坂を下って、枯れたハスの花が茫々と続く不忍池を迂回し、上野の「時の鐘」を遠望しながら、日本芸術院の隣にある「上野の森」美術館へ出る。Img_5562 印象派とドイツ表現主義を中心としたポピュラーな絵が目白押しだった。たとえば、代表となる作品は、何枚かある有名なゴッホの自画像の一枚がきていた。ゴーギャンやセザンヌなどもそれぞれ教科書に出てくるような作品の次に控えているようなものがそれぞれきていた。

 

Img_1817 今回の中で、長く眺めてしまったのは、オスカー・ココシュカの「エレサレム」と「エルベ川、ドレスデン」だ。近景と遠景が斜め上下に分けられていて、絶壁や川によって、中間が仕切られている。ココシュカの人生全体を表しているかのようだった。Koljerusalem けれども、この景色、とりわけ遠景部分は秀逸で、不思議な盛り上がりを見せている。ココシュカの絵画では、恋愛関係にあった有名なマーラー夫人を描いた「肖像画」や「風の花嫁」などの人物像をよく目にしていたので、これまであまり注目することがなかった。Img_5592 けれども、今回の二枚ともに風景画であり、なおかつ、近くと遠くを独特の世界観で描いていて、興味深いものだったのだ。娘は、マティスの「窓」が良かったらしい。この絵の中の椅子やテーブルや窓の一つ一つを見て行くと、何の変哲の無い普通のものが並んでいるに過ぎない。それぞれの絵だって、特別に素敵なわけでは無い。Img_1821 ところが、この絵の前に立つと全ての人びとに、これは「マティス」なのだとわかるのだ。この明確さは、なんなのだろうか。

 

Img_1839 正岡子規球場の前を通って、国立博物館前を横切り、芸大の喫茶店と赤煉瓦の建物群を横目で見ながら、突き当たりの和菓子屋さんで、抹茶と和菓子のセットをいただく。Img_1858 丹波の大納言のゼリーが美味しかった。そのまま根津まで散歩して、千代田線と副都心線、東横線と乗り継いで、横浜の帰路へついたのだ。年の瀬のギリギリの散歩だった。Img_1861 Img_1849 Img_5546 Img_1841 Img_1852 Img_1853

« 映画「君の名は。」を観る | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

絵画・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/64710492

この記事へのトラックバック一覧です: デトロイト美術館展で今年の見納め:

« 映画「君の名は。」を観る | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。