« 逗子で食事して、松本竣介展を観る | トップページ | 今年行った面接授業の全体結果について振り返った »

2016/12/01

札幌での面接授業

Img_5215 昨夜、陽が落ちてからホテルへ着いたので、寒さのために窓に霧がかかって細かい水滴がついていた。それで、外の景色はキラキラしたビルのガラス窓しかわからなかった。向こうの方に、コンサートホールらしき大きな建物がようやくわかる程度だった。Img_1709 朝になって、水滴のない窓の上の方から、青空が広がっているのが見え、その下には札幌の藻岩山が昨夜降った雪で冬化粧をして現れた。そして、眼下には中島公園の池が真っ白に凍結していた。白い世界が目覚ましの清涼な風を運んできた。

Img_5185 朝食を食べた後、まだ時間があったので、ホテルの中島公園散歩案内図をもらって、ちょっと歩いた。ホテルの横がすぐ公園の入り口になっていて、地下鉄へ向かう通勤客が足早に階段を下っていく。Img_5183 幼稚園の施設が建物を擬人化させて、単調な緑の景色に剽軽なアクセントを加えている。道なりにコンサートホールへ向かって池の周囲を迂回する。途中、ベンチがあって、池に臨みつつ、重要文化財の豊平館を望む良好な配置の場所があった。Img_5192 典型的なレイクビューのベンチだ。おそらく、世界中のベンチの中でも、腰掛け率などというものがあるかわからないが、それに相当する率が良いと思われる椅子だ。Img_5194 ここを通る人の多くが必ず座ってしまうほどの良いロケーションのベンチである。

Img_5191 公園には、多くの彫刻が置かれているのだが、コンサートホールが近くにあることもあって、音楽に関係したものが散見される。Img_5199 札幌交響楽団の本拠地だということで、地下鉄のベンチでは、楽器を持った乗降客を多く見かけた。さて、彫刻なのだが、この陽に背を向けた指揮者は誰だかわかるだろうか。

Img_5201 コンサートホールを過ぎると、そのまま中島公園の南側にある地下鉄方面へ行くか、それとも、池の反対側を回って、ホテルへ帰るかの分かれ道となる。授業が控えているので、今朝のところは、池の反対側へ足を向け、枯葉が積もっている文学館の前の道を通って、いったん戻ることにする。Img_5205 そして、地下鉄で4つ目の「北12条」駅で降りて、放送大学の北海道学習センターへ入る。北大は入り口を入ってから建物までが長いのだ。その分の計算がうまくいかず、数分の遅刻をしてしまった。二日間の中で、なんとか挽回しよう。

Img_5207 当初懸念されたような、寒さで喉が詰まって、声が出なくなってしまうこともなく、ちょっと過剰反応だとは思ったのだが、龍角散のど飴を準備して臨んだのだ。しかし、その世話にもならずに、1日が順調に過ぎた。

Img_5211 以前、同僚のA先生が札幌へ来た時に、受講生の学生主催の懇親会が開かれたらしい。熱烈なA先生のファンがいたらしい。その伝えで、わたしへもお声がかかった。もちろん、A先生のように高級志向ではないので、ごく慎ましく近くのカフェで、Aさん、Sさん、Eさん、Kさん、そして事務長のIさんも残業の後、駆けつけてくださって、気の置けない飲み会となった。Img_5219_2 何が楽しいのかといえば、多くは学生の方々の放送大学の先生方や職員の方々への見方の面白さだ。これらの話の中には、同僚のわたしたちではうかがい知ることができない話がたくさんあって、猛省したり抵抗したり、会話が弾むこと、この上ないのだった。

« 逗子で食事して、松本竣介展を観る | トップページ | 今年行った面接授業の全体結果について振り返った »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/64566010

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌での面接授業:

« 逗子で食事して、松本竣介展を観る | トップページ | 今年行った面接授業の全体結果について振り返った »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。