« 青山のグルニエと編集者パーキンズ | トップページ | 編むということ(クラフト・ピクニックにて) »

2016/10/15

まつもとクラフト・ピクニックへ行く

Img_5100 朝、横浜を出て、新宿へ向かう。あずさ5号へ乗って、松本へ。このところ、卒論や修論の仕上げの季節を迎えて、連日次々と、草稿が届く。旅行に仕事を持ってくるのは、止めたいので、どうしても徹夜に近い作業を前日に行ってしまうことになる。加えて、「社会経営ジャーナル」の編集も少しずつだが行い始めているのだ。だから、朝の眠気を覚ますために、特別あつらえの珈琲をポットに用意しての旅行となった。Img_4462 この負荷が激しかったらしく、途中から目が充血していたらしい。そうとは知らず、あずさ号の中では、推理小説に集中してしまったのだ。目に良いわけがない。本人にだけ目の充血はわからないのだ。

Img_4255 松本へ着くと、さわやかな青空が広がっていた。クラフト・ピクニック日和だ。駅の観光案内で、ピクニックの出展者リストをもらい、その足で中町通りの「グレインノート」へ挨拶に行く。奥様と話をしていたら、目の前の棚にある田中一光氏の陶器を手にとって、コーヒー茶碗の色を確かめている女性客がいらっしゃった。この仕草は、実はわたしもこの店に来るたびに行う動作なので、同じ趣向の方がいるな、と思ったのだ。Img_4256 たっぷりした藍色のカップが定番として、いつもは棚に飾られているのだが、ここ半年ほどは、田中氏の体調が悪いということで、出品されていない。それで、黒色のカップが並んでいるのだが、色が紛らわしいので、つい手にとって確かめてしまう。

Img_4260 なぜ同じ趣向の人がいるのだろうと思うのだ。これまで、それは趣味の問題だということにして、このような感性の問題にはなるべく関わらないようにしてきたのだが、同じように好きだ、という感性は、考えてみるまでもなく、改めて不思議な現象なのだ。何らかの「同調」が、境遇の異なる人の中で、同じく起こっているという現実が存在するのだ。

Img_4259 昨年よりも、遅い電車だったので、今年はまずは腹拵えをしてから、ピクニック会場へ向かうことにする。喫茶店「chiian」を考えたが、夕方まで少しあるので、少しお腹にたまるものをと考えて、ブック&カフェの「栞日」へ向かう。ピクニックの行き帰りに寄る客が多く、外国からの女性客もいた。ご主人から、先日早稲田のO先生のブログを読んだ女性の方がいらっしゃいましたよ、と告げられる。Img_4320 栞日は、地域雑誌を中心に置いていて、ローカルな雰囲気を大事にしているが、だからこそ、ユニバーサルに受ける何ものかを持っている喫茶店だと思っている。このようなところに特色が現れるのだろう。O先生の卒業生が一人できても、旅の途中できっと休まるものを得られる場所なのだ。

Img_4263 9月に伺った「グレインノート椅子展」の作家のO氏、S氏、T氏、H氏がこのクラフト・ピクニックで出店しているので、それぞれ挨拶へ行く。とりわけ、今回は目的があった。来年わたしが出す本の中でO氏と、石の彫刻家のI氏に登場していただいているので、実名を使って良いかの許可を得たいと思ったのだ。プリントを見せて、いいですよ、と言っていただけた。

Img_4335_2 クラフト・ピクニックの特徴は、子ども世代の参加が多いところだ。もちろん、木工のグライダーや、木の汽車のおもちゃや、積み木などは、子どもに人気があるのはわかるのだが、本格的な椅子造りや、樽造りなどにも参加してきて、木の感触を楽しんでいるのが印象的なのだ。Img_4266 一年に一回のほんのちょっとしたことが、木工作家に結びつくかもしれないのだ。松本はバイオリン教室の多いことでも有名だが、わたしの経験からして、1万人に一人でも教室の最後に残り、さらに数万人の一人がようやくにしてプロを目指すことになるということから考えると、Img_4319 木工の場合にも、子どもの頃から親しんでも、この中から一人でも、木工を目指したいという子どもが出てきたら、それはそれで良いことだと思われるのだった。イベントの中で、徳島の樽職人が来ていて、木槌を持って、一緒に樽のタガを嵌める作業を行っていた少年・少女のたくましさに感動した。

Img_4307 今年も池の端に、M氏のコンフィチュールの店を出していたので、予約を入れる。そばへ寄って行っただけで、フルーツの甘い香りが誘う。これに誘われて、人間だけでなく、ミツバチやアシナガバチなども、寄って来るそうだ。今年は、どれにしようかな、葡萄は季節のものだから入れるとして、もう一つ酸味の強いのを入れると美味しくなるらしい。Img_4439 ところが、M氏によればコンフィチュールにはそのような倫理観はまったくないのだそうで、好みのものを選ぶように客に勧めていた。それで、松本にいた小学校時代に、友人の豆腐屋さんの店先にたわわになっていたイチジクを思い出し、Img_4445 これに決めたのだ。それぞれ生でちょっと味わっておき、いつものようにスケールに鍋を置き、まずイチジク70グラム、そして葡萄を130グラムくらい、砂糖を4分の1位に軽く止めて、泡がちょっと粘性を持つくらいに煮込む。Img_4441 この止めどきが勝負らしい。見事な出来上がりだ。昨年もそうだったが、作っていると、必ず観客ができてくる。そして、ちょっと一緒に味わうと、自分もやってみたくなるのだ。Img_4454 わたしの次には、この白いシャツの女性が挑戦することになった。

Img_4447 木工のS氏と、北欧の推理小説について話している時に、目の充血を指摘された。朝から、さらに進んで、横一列にさっと血走った眼になっていたのだった。それで、今日はこれにて退却ということにして、ピクニックの会場を離れ、懐かしい地元の源池小学校に立ち寄り、家路に着いた。Img_4453

« 青山のグルニエと編集者パーキンズ | トップページ | 編むということ(クラフト・ピクニックにて) »

仕事と趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/64442782

この記事へのトラックバック一覧です: まつもとクラフト・ピクニックへ行く:

« 青山のグルニエと編集者パーキンズ | トップページ | 編むということ(クラフト・ピクニックにて) »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。