« 卒業研究ゼミナールが始まる | トップページ | O先生と松本カフェ »

2016/04/30

北アルプスの麓、奥深い田舎へ来ている

Img_3012 連休を前にして、溜まった原稿をまとめようと、田舎にこもっている。世間と遮断して、ネットもメールも見ずにただひたすら、風呂に入って検討し、検討しては風呂に入るという生活だ。原稿が進むかと問われれば、そういうわけでもないのだが、湯船に浮かんでいると、肩の凝りが治り、明日の原稿のアイディアが湧いてくるかのように思えるのだ。

Img_3014 けれども、今朝はちょっと調子が違っていた。気温が異常に低く、風呂へ入るには寒すぎるのだ。零度以下には、もうすぐ五月だから、さすがにならなかったけれども、すれすれのところまでは行っていて、窓を開けると昨日の大風に乗ってきた冷気がさっとカーテンを揺らして入ってきた。昨日の、もの皆吹き飛ばすような春の強風は、この冷気の前触れだったのだ。それで(とつながれば良いのだが)、寒さを避けて、田舎から近くの地方都市である松本市へ、今日一日出ることにしたのだ。

Img_3023 朝一番のコミュニティバスに乗ったのだが、土曜日だということもあって、ついに乗客はわたし一人きりで、貸切状態で駅に着いた。バスという公器を独占しているようで、利用していない人びとに何だか申しわけないような気にもなりそうだが、しかし、これで誰も乗っていない時の運転手の方々の心持ちを考えると、もっと厳しいだろうから、やはり一人でも乗っていた方が良いに違いないと思い直した。

Img_3201 大糸線に乗ると、松本駅に近づくに従って混んでくる。若い人たちや、高校生たちが多いから、予備校や高校の補習授業でもあるのだろうか。長野県は昔から教育県と呼ばれているから、土曜日の登校くらい当然だと思っているのだろうな。このところは、小学校の学力テストでも、秋田に取られているし、長野県が教育県ということはあまり聞かなくなったのは、なぜだろうか。少し正常になったということなのだろうか。

Img_3206 松本駅を降りて、あがたの森公園へ向かって、駅前の大通りを大股で歩く。後ろから来た若い人が突然走り出し、何なんだと見ていたら、今度は交差点で並んだ背の高い女性も足早になって、とっとと先を急ぎ、わたしは何なく追い越されてしまう。右手にブックス&コーヒーの「栞日」が見えてきた。マスターがビルの前で話をしていたのだが、何かを思い出したように、入り口から駆け込んでいくのが見えた。昨年以来の「栞日」訪問である。カフェオレを注文する。岩手盛岡の地域雑誌「てくり」などが3階に展示されていて、すっかり岩手特集の様相だった。Img_3209 盛岡の喫茶店を特集していた「てくり」と「別冊てくり」を購入する。じつは来年度には、岩手学習センターで面接授業を行わなければならない。数年前にも、授業で行って、「光原社」や岩手大学内の農学校の校舎などを見学した覚えがある。今回、この雑誌を偶然手に入れ、これを見たからには、きっと充実した出張になる予感がするのだった。

Img_3052 今日の松本市出張の目的は、以前ラジオ講義でお世話になった松本クラフト推進協会主催の「工芸の五月」企画の中で、今度インタヴューをお願いしている椅子作家のSさんたちの「子ども椅子」展を見るためだ。Img_3050 松本市美術館のふかふかした芝生の中庭に60脚ばかりが置かれている。今日は展示の初日に当たっていて、しかも連休日だということで、家族連れや子連れが多く来ている。

Img_3060_2 25名の椅子作家たちが、数十年前のものから現在の新作に至るまでの子ども椅子たちを展示しているのだ。そして、この椅子作家の誰か一人が毎日の当番で説明に当っている。今日はH氏が担当だった。Img_3063 H氏は親子で「Kancraft」という工房を主宰なさっていて、注文家具の製作を行っている方だ。子ども椅子では、クルミ材や栗材、でできたコムバックチェア系統と、ボウバックチェア系統椅子を出展していた。

http://kancraft.jp

Img_3079 子ども椅子を作っている作家の方々へいつも質問するのは、「大人椅子と子ども椅子とどこが異なるのか」というものだ。もちろん、大きさが違うのだが、単に縦横を同じ尺度で縮小しているわけではないというところが肝心なところだ。それじゃ、具体的にどこが異なるのか、という質問を行って、楽しんでいる。皆さん、それなりの理由がユニークであるところが面白いのだ。Img_3091 特に、手仕事での椅子製作では、気になるのは採算の問題だ。これらは、ほとんど「企業秘密」に属する問題なので、密着取材をしないと得られない情報のひとつであり、興味深々のところがあるのだ。

Img_3148 松本市美術館では、「工芸の五月」に合わせるような企画で、「バーナード・リーチ展」を開催していた。これまで、大山崎の美術館や、新橋汐留の美術館で何回か観ており、とりわけスリップウェア系のものは、英国の伝統と、描かれた動物のダイナミックさが素晴らしいと思っていた。今回は、日本の民芸運動との関係をとりわけ重視しているところが面白かった。柳宗悦のリーチを評する言葉が壁に描かれていた。Img_3198 きっと構えた窯のあるセント・アイブスの英国と、日本などの外国での窯の間を行き来した陶人としてのリーチを捉えたものであると思われる。Img_3126 正確には覚えていないが、ものを作るより、「人を誘うこと」がうまかった、ということが強調されていた。一箇所に止まってしまってしか作陶できない仕事に就いていながら、「人を誘うこと」ができる社交の域に達するには、どのような人となりが必要なのだろうか。

Img_3116 市美術館を離れるころには、すっかり14時を回ってしまい、昼食時を逃していた。それで、中心街にある食べ物屋さんはどこも満員で、特に蕎麦屋の前には行列ができていて、入ることすらできない状態だった。Img_3139 観光客に人気の「しずか」にも待つ人が溢れていたのだ。それで、結局はいつものうなぎ屋さんで肝吸付きのうな丼を食べることにして、ひんやりと落ち着いた雰囲気の中で一息をついたのだった。

Img_3171 今日はたっぷりと椅子を見たので、取りあげる「今日の椅子」は60脚の子ども椅子全部だ。駅への道で、いつものジャムの店「シェモモ」で、三種類のコンフィチュールを購入する。この中で、りんごとライムのものが爽やかな味だった。これからの季節に合いそうだ。ワインは駅前の中島酒店で、並んでいる中で小布施が良いか城戸が良いかと訊くと、逆に日頃何を飲んでいるのか、と問われてしまった。それとの相対的な嗜好で、結局小布施の白ワインを勧められる。

Img_3164 それから、田舎にこもるには、眠気が大敵なので、いつもよりもかなり濃いめの焙煎で、少し甘さを感じるくらいのコーヒー豆ケニアAAを、焙煎豆専門販売店「ローラ」で買う。これに乗れば、山奥へのバスの最終便にやっと間に合うことになる、大糸線にようやく飛び乗ったのだった。

« 卒業研究ゼミナールが始まる | トップページ | O先生と松本カフェ »

仕事と趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/63593272

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプスの麓、奥深い田舎へ来ている:

« 卒業研究ゼミナールが始まる | トップページ | O先生と松本カフェ »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。