« 映画「ボーダーライン」を観る | トップページ | 卒業研究ゼミナールが始まる »

2016/04/16

茗荷谷で大学院ゼミを行い、その後映画「スポットライト」を観る

Img_0723 ただひたすら足で稼いで、人と会って、事実を確かめる。これだけの繰り返しと積み重ねの映画だ。これだけで映画になるのだ。むしろこれまでの「映画的」なところがないのが、この映画のリアリティを生んでいる。こうなると、映画らしさとはなんだろう、と逆に考えさせられてしまうのだ。けれども、見終わると、まぎれもなくこの映画は本物の「映画的」な映画なのだ。

一人の神父が幼児虐待事件で訴えられ、それをボストン・グローブ新聞の「スポットライト」欄の鬼記者ロビー・チームが取り上げるところから、この映画の物語は始まることになる。そして、この事件には、幾つかの奇妙な現象がつきまとっていた。たとえば、事件の記録が残っていないなどのことだ。そこに、新任の編集局長が親会社のニューヨークタイムズから赴任してきて、この事件を取り上げることになるのだ。おそらく、ここにおいて記者という職業の勘が働くところなのだろう。何が特ダネ記事になり得るのか、という展開が続いていくのだ。それから、想像でしかないが、ボストンのカトリック信者の方がたがこの事件に遭遇して、複雑な思いを信仰に対して抱いたことは否めないだろう。この点については、ボストンという地域の特徴としても、よく描かれていた。

Img_0722 この映画の中でも感心するのは、チームの記者たちが、夥しい量の聞き込みをこなしていくことだ。そして、ひとつひとつ追っていくうちに、これらのひとつひとつの事実が、別々の切り離された事実ではなく、繋がっている何らかのものとして次第に見えてくるのだ。地域新聞の特徴がよく表れている。事実同士が繋がって、事実から真実がようやくにして見えてくる。段階があって、ひとつは一人の神父の問題から、複数の神父の問題へ広がったことだ。もうひとつには、証拠はすべて非公開にされていたのだが、これを公開する手段を見つけたことだ。これらのストーリーがどんどん広がって、結びついていく興奮は忘れられない。この映画を見て、新聞記者になりたいと思う若者が、確実に増えるのではないかと思われるくらいだ。

なんだ、この手法はまさにいつも論文作成で、わたしたちがやっていることじゃないか、と思い当たる。この映画自体は筋に近いところだけのクールな展開に終始するのだが、1シーンだけ若い記者が感情をむき出しになって怒り出すところがある。ここが特ダネを記事にするべきか否かのひとつの山場なのだが、老練な記者ロビーはまだだといい、部下の記者は機会を逃してしまうと焦る。論文作成でも、このような場面は必ずあるところだ。「やった」と思って、結論が書けたと錯覚するのだが、実際にはまだ真実に達してはいないのだ。

この映画でも、核心を掴んでから、さらに数ヶ月をかけて、実際の掲載記事が書かれるのだ。しかし、ここで山場から最後までの、この期間がほんとうに重要なのだ、ということは実際にものを書いたことのある人にしか、わからないだろう。

この展開は、確かに論文作成の過程に似ていると思う。論文の作成過程そのものなのだ。じつは昼間には、大学院ゼミを東京文京学習センターで開いていて、M2の人びとが少人数でじっくりと検討する機会としては、最後のゼミだったのだ。5月からは、大勢入ってきたM1の方々と一緒に、ゼミを開くので、どうしても時間が足りなくなるのだ。

そこで、今日はじっくりと、修士論文の結論へ向かうプロセスを検討したのだった。これは個々に異なるので、ここでどうだということはまったく言うことができないのであるが、総じて言うならば、一年間先行研究を続けてきて、単なる説明に終始する「記述」と、論文で描かれるべき「分析」による因果関係との違いが、わかってきたのではないか、ということではないだろうか。とは言うものの、わたし自身がそれを本当にわかるのか、と問われるならば、口を濁してしまうかもしれない。上記の映画のように、ひとつひとつがすべて繋がっていることを存分に意識していただきたいと思っている。

Img_0717 ゼミが終了してから、大学院学生OBH氏と近所の喫茶店を開拓すべく、茗荷谷から大塚方面へ歩く。お茶の水女子大学の正門前に、「Fuu」という居心地の良さそうなカフェを見つけて、ゼミの後の休憩をする。わたしはエルサルバトルの珈琲を飲み、彼はチョコレートパフェを食べながら、研究雑誌「社会経営研究」と「社会経営ジャーナル」の編集について相談をする。Img_0718 5月初旬に原稿締め切りがあるので、5月中旬から下旬にかけて、編集委員会を開いたらどうか、などと話す。委員の方がた、いかがでしょうか。いずれメールで日程調整を行いたいと考えている。店を出るときに、ランチの時間は混んでいますか、と聞くと、人気店らしく、行列ができてしまうほどに盛っているらしい。のんびりできそうな店なのに、時間に追われてしまうのは、ほんとうに惜しい気がするのだった。

Img_0724 大学のAさんからメールが入っていた。昨日までに何回かの大きな地震(阪神大震災と同じくらいだという報道もある)に見舞われた熊本には、「社会と産業」コースの教員だったH先生がいらっしゃる。数年前に熊本大学へ赴任したのだが、ようやく彼と彼の家族の安否が確認できたそうだ。阿蘇の麓にお住まいだったので、苦労して宮崎に出て、ご家族は東京へ向かったとのことだった。地震の直撃を受けた地域だったので、みんな心配していたのだが、とりあえず安心だ。振り返ってみると、わたしたちもちょうど1ヶ月ほど前に、これらの地震が起こっている大分・阿蘇・熊本とバス旅行をしていたのだ。あの雄大で緩やかな丘陵地帯の地底で、いったい何が起こっているのだろうか。

« 映画「ボーダーライン」を観る | トップページ | 卒業研究ゼミナールが始まる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/63498614

この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷谷で大学院ゼミを行い、その後映画「スポットライト」を観る:

« 映画「ボーダーライン」を観る | トップページ | 卒業研究ゼミナールが始まる »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。