« 博士後期課程のオリエンテーションと「特論」 | トップページ | 茗荷谷で大学院ゼミを行い、その後映画「スポットライト」を観る »

2016/04/09

映画「ボーダーライン」を観る

Img_3994 映画「ボーダーライン(原題:Sicario殺人者)」を観る。殺人者とは、ボーダーラインを超えてしまう者のことだ。この映画には、三つのボーダーがある。一つ目は、麻薬の密輸が行われる米国とメキシコの「国境」というボーダーであり、二つ目は国防総省、FBI、CIA、地元警察などの「組織」のボーダーであり、三つ目が個人間ボーダーというのか、「人間」のボーダーというのか、人間の中にある物理的、生物的、倫理的ボーダーだ。

Img_3990 女性のFBI員が組織のボーダーを超えて、国防総省のプロジェクトに加わるところから、このサスペンス・アクション映画がスタートする。次から次へ麻薬組織とボスをめぐって、殺人が行われていくので、何が真実なのか、何が倫理に適うことなのかがわからなくなるというサスペンスだ。でも考えてみれば、わたしたちの場合にも、生活のボーダーをちょっとでも外せば、このような危険地帯のボーダーはただちに現れることだろう。

Img_3989 わたしたちはいろいろなボーダーを持って生きているが、一度このボーダーが超えられてしまうと、どのような混乱が待っているのか、という映画だ。ここでは、麻薬カルテルの無法地帯で何が起こるか、というスリリングな展開が行われている。この状況もさることなれど、とりわけハリウッド映画がこのところ開発してきた戦争場面の描き方、その映画技術には残酷さを非情に描き出す場合に素晴らしいものがある。

Img_3993 この映像的なリアリティは、実際に現地で行われてきているという、経験に裏打ちされたリアリティなのだろうか。他方において、ボスを始末して、混乱を招くという手段は、統治の点から見れば最悪のシナリオで、この映画の根本的な不条理が存在するようにも思えた。

じつは、映画は夜観たのだが、今日昼の一日は、修士課程のオリエンテーションと第1回目の大学院ゼミナールだったのだ。自分の生活のボーダーを踏み越えて、修士課程という「無法地帯」へいらっしゃった新入生の方々を、ようこそ、と歓迎したい。

それぞれの抱えている問題意識は、皆さん異なっていて、現在は「無法」ような混沌とした状態であるけれども、いずれ明確な秩序を与えて、面白い修士論文へ仕上げていただきたいと考えている。

Img_3988 オリエンテーションの一言スピーチでは、先日発行された村上春樹氏の『職業としての小説家』を例に出した。村上氏が小説は1本だけなら誰でも面白いものを書くことはできる。けれども、常に良いものを継続して出せなければ、職業小説家ではないと言っている。これを逆手にとってスピーチに入れたのだ。つまり、論文も同じで、職業として論文を書くならば、継続してコンスタントに書かなければならないのだが、しかし修士論文は最初の1本目か、2本目かであるから、放送大学生は職業経験が豊富であり、それを総動員すれば、面白い論文を1本書くのはそう難しいことではないだろう、と励ましのスピーチを行ったのだった。

Img_3986 おそらく、自分の中にあるボーダーを、トンと越えることができた人だけが、面白い論文1本をものにすることができるのではないか、とちらっと思ったのだ。それと、放送大学生の特殊事情も、ぜひ常に考慮していただきたい。家庭と仕事と同時並行でうまくバランスをとらなければならないという、社会人特有の事情を皆さん抱えている。論文を書くには、物理的な時間の余裕がなければならないのだが、それが得られるためには、家族や仕事仲間との信頼関係をこれまで以上に築く必要があるということだ。家族の中のボーダー、職場のボーダーを越えて、あの映画のごとくの「無法」ではなく、ぜひ信頼を引き出してほしいのだ。

Img_3987 今日の椅子は、有楽町での映画時間を待つ間に、東京駅近くの東京ビルの地下で食事をしたのだが、そこでは、周りの場所とはちょっと異なった庶民的な店が並んでいる。それで、行列ができるのであるが、店の外での待合の椅子が乱雑に並んでいる。Img_3984 店の中の椅子と、店の外の椅子との違いがはっきり出ていると思われる。左の写真の曲木の椅子は、ふつう、天然の木の色が出るように作成されるのだが、やはり外で使われる椅子の特徴は、耐久性であり、塗装が厚化粧であるというところにある。同様にして、椅子風に作られた看板たても、塗装が厚く塗られていた。

« 博士後期課程のオリエンテーションと「特論」 | トップページ | 茗荷谷で大学院ゼミを行い、その後映画「スポットライト」を観る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/63470638

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ボーダーライン」を観る:

« 博士後期課程のオリエンテーションと「特論」 | トップページ | 茗荷谷で大学院ゼミを行い、その後映画「スポットライト」を観る »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。