« 「恩地孝四郎」展へ行く | トップページ | 温泉尽くしの旅 »

2016/02/18

クロワッサンとサンドウィッチとスコーンと、ちょっとのビール

Img_3017_2 「きょうはマラカスのひ」という絵本を持って、三回目の訪問となるパン日和「あをや」へ行く。早稲田のO先生と冬カフェなのだ。「あをや」さんが4周年を迎えたというので、O先生は植木鉢に入った花と奥様が作った首飾りをプレゼント。Img_3030 4周年というのはじつはわたしは知らなかったのだが、何やら予感があって、この絵本を贈ろうと持ってきていたのだった。それで、O先生に続いて差し出したのだ。いつも子供連れのお客さんがいらっしゃるので、絵本があると、お子さんたちも楽しめるだろうなという発想だったのだが。

パン日和「あをや」のTwitterはこちら

Img_2371 絵本「きょうはマラカスのひ」は、最近になく傑作の絵本だと思う。うちでは、娘と観て盛り上がっていて、ヒット作ではないかということになっている。最初のほうに、その絵が素晴らしいのだが、主人公と二人の仲間が一緒になって、準備運動のために、マラカスで踊りだす場面が出てくる。それで喜びも上げ潮状態に達するのだった。けれども、主人公が練習を重ねた、その肝心なマラカスの踊りを失敗してしまって、ひとり寝室にこもってしまうシーンになると、みんな一緒に泣けてくるのだ。Img_3015 最後に、二人の仲間が慰め、再び踊りに挑戦する頃になると、主人公に感情移入してしまっていて、わたし自身の仕事がうまくいかなくても、元気がざわざわと出てくるのだった。喜びと悲しみがマラカス仲間の社交で描かれているのだ。

Img_3018 この絵本の作家樋勝朋巳さんは、O先生が信州の松本へ行くとほぼ必ず寄る店に、銅版画を出していて、O先生はその銅版画を2枚購入しているそうだ。それでわたしもその店に入った時に名前を知ったのだが、その時は絵本作家であることは知らなかったのだ。「あをや」の奥様は、このように踊るのは自分だとおっしゃって、直ちに絵本を受け入れてくださった。マラカスの踊りというのを一度は見てみたいな。

Img_3019 きょうは、開店時間早々に寄ったので、開店を待つお客さんがまだ整理されずに、外に溢れていた。O先生が予約を入れていなかったら、危ないところだったのかもしれない。パンづくしのまず最初は、焼きたてのクロワッサンで、何もつけずにそのままいただいた。Img_3020 バターの味と香りがふわっと降りてきたのだ。いろいろな豆の入ったチリスープで途中をつないで、そのあとビールといつものサンドウィッチ(アボガドとクリームチーズ)、最後にホットチョコとスコーンというラインナップだった。

Img_3023 冬カフェの話題は、数々あれど、試験の話は面白かったな。けれども、この話題は残念ながら書くことはできない。それから、「あをや」の奥様の話題もすごく面白かったが、口止めを早々にされてしまった。ここが人間のなせるところだと思われるのだが、禁止や口止めされたことほど、記憶に残っていて、もっと重要で書こうかな、と思っていることほど、すぐ忘れてしまうというパラドクスが働くのは困ったものだ。Img_3024 世にスキャンダルがはやる理由がわかる。それで、O先生との会話が始まって、これはメモにでも書き留めておかねば、と思っていた重要なことがあったことだけは忘れていないのだが。たしか、「音」の話題についてだったのだが、すっかり忘却の彼方だ。有名な哲学命題「誰もいない森で、木の倒れた音がするか」について話していて、今回わたしが書いた「音」のテキストに関して素敵な発想がひらめいたことまでは覚えているのだ。しかしながら、 肝心のその中身をすっかり忘れてしまっているのは、悲しい事実だ。


Img_3029 帰りの駅に出るまで、少し遠回りして、冷気を楽しみながら、散歩をしようということになって、「あをや」の奥様に地図を書いてもらう。それで気がついたのだが、この川崎市の幸区というのは、碁盤の目のように道は真っ直ぐに通っているところは多いのだが、幹線道路はどういう理由かわからないが、

Img_3027 くねくねと曲がり、江戸時代そのままの道筋を見せていて、ちょっと迷うと、すぐに目的地からはどんどん離れていくという、つまりは斜めの道がたくさん通っている街を形成しているのだ。

Img_3040 矢向駅へ出る手前の、家が立て込んだ場所に、O先生が二度目の訪問だという「ノチハレ喫茶店」がある。散歩の喉の渇きを、エチオピア、そしておかわりで、モカブレンドを飲んで癒す。O先生は食欲旺盛で、この店でも小倉の厚切りトーストを頼んでいた。外が暗くなるに従って、お客さんたちが家へ帰って行って、Img_3039 わたしたちだけになったので、若いご主人にいつもの質問をしてみたのだった。店を作る時に、椅子が先に決められたのか、それとも部屋が先に決められたのか。それについての回答は、新しい店なので、同時進行で決定されたとのことだった。白い壁と、椅子の塗料のナチュラルな色が良い対比を醸し出していた。

Img_3037 「ノチハレ」という名前は素敵な名称だと思われるが、どこに由来するのか、とO先生が訊いていた。ポスターのコピー文の中にあった文章から採ったらしいのだ。何の「ノチハレ」なのか、雲りなのか雨なのか、とも。Img_3036 答えは雨だったが、たぶんこの店に来ると、精神的に「ノチハレ」になるということかもしれない。

O先生のブログはこちら

« 「恩地孝四郎」展へ行く | トップページ | 温泉尽くしの旅 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/63232429

この記事へのトラックバック一覧です: クロワッサンとサンドウィッチとスコーンと、ちょっとのビール:

« 「恩地孝四郎」展へ行く | トップページ | 温泉尽くしの旅 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。