« 卒業研究の成果が問われる季節だ | トップページ | 「この世の事物は人間生活を安定させる機能を持つ」 »

2015/12/31

今年の暮れ模様

Img_0626 暮れも押し迫ってきて、今年を振り返ってみた。空を見上げれば、この一年世界で起こった悲惨な出来事が暗雲のごとくに覆っていて、その隙間からちょっとの青空すら見えないほどだ。それで足元を見るしかないと思い、やはり今年は母の亡くなったことが、身近な出来事の中では大きなことだったと改めて思った。他のことを考える余裕を失っている、自分が見えた。

Img_0627 父が亡くなったのは、今からちょうど35年前の6月だった。ところが、それに続いて、父の母つまりわたしの祖母が同じ年の12月に亡くなった。歴史は繰り返すというから、今年の6月に母が亡くなり、12月頃にはわたしにも危機が訪れてもおかしくない状況にあるという、強迫観念に捉われていた。大袈裟なと思われもしようが、12月の風邪は2週間以上続いたし、そのため疲労は極度に達していた、と自分では思い込んでいて、ブラックホールへ吸い込まれるように、この年の瀬を迎えていた。

妻と話して、昨年の今頃を思い出した。母が風邪を拗らせて、28日には救急車を呼ばなければ移動できないほどに、病変を迎えた。病院に着くと、レントゲンなどで検査が行われ、心臓と肺に水が溜まっていて、すぐに危篤状態になるのではないかということだった。親しい範囲でみんなに集まってもらう騒ぎになっていた。そして、その後6ヶ月続く、母の病院生活が始まったのだった。

それにしても、年末の夜の病院には、いろんな患者が手当に来ていた。母の次に診察を待っていたのは、上半身から顔に傷を負っていて、血だらけで救急車で担ぎ込まれてきた老人の男性だった。付き添いの老妻が「いつものことなんですよ」と事も無げに言うのにびっくりしてしまったのだった。坂道を先に歩いていて、危ないと思った時には、すでに視界から消えていたそうだ。笑顔が素敵で、怪我をしても奥様のこの笑顔があれば、落ち込む事もないだろうというほどの素敵さだったのだ。

わたしも、いつものように難なく乗り切り、何とか今年の年末を迎えることができたのは、幸いだった。まだ生きよという恩寵が働いているからだと思いたい。外へ出かける気力もなかったせいか、毎年恒例の修士論文の読み込みも順調に終わり、原稿もそこそこ進んで、災い転じて福となす、という年末を迎えることになったのだ。夕方になって娘がワインやシャンパン、さらに中華料理を持ってくるというので、弘明寺駅へ迎えに出る。

Img_0624 駅から街へ向かう頃には、帰省へ向かう人と、荷物を持って帰ってくる人とが交錯していた。女性が一人でリュックを背負い、さらに、ペット籠をキャリーに乗せて、帰省へ向かう姿が目を引いた。そして、意外なことに、家族連れという姿がほとんどなかったことだった。弘明寺では毎年のことだが、初詣客が多すぎて、今晩から数日間は、境内へ立ち入ることができない。それで、まだまだ人影がまばらな弘明寺の本堂へ寄って、晦日詣を行ったのだった。

そして、数時間後には、再びここを訪れることになった。授業番組「音を探究する」で自分の音を持ち込むことになっていて、それに使うために、うまくいくのかは全くわからなかったけれども、とりあえず素人録音の「除夜の鐘」の音を取るためだ。「録り鉄」の方々もさもありなんという姿を寒空にさらして、少し先では、初詣客が何千人も押し寄せている熱い場所を尻目に、録音機を梵鐘へ向けて、しばし立っていたのだった。Img_0598 今年の最後の仕事は、毎年恒例だった本部の研究室での「通信問題の添削」ではなく、今年は録音納めということに相成ったのだ。ゴオーン、ポヨーヨン、ポヨーヨーン・・・・・・と今年も暮れたのだ。

さて、ほかの方々には、それほどの写真だとはけっして思われないだろうとは考えるが、わたしにとって、たいへん意味のある写真が今年最後に掲げる写真となった。今日の椅子は、いつもコーヒー豆を購入する店で坐る椅子だ。Img_0596 注目できるのは、椅子と椅子の間に大きな一枚板のガラス窓があることである。そして、内側の椅子は、ホーネットタイプの曲木椅子であり、外側の椅子はバウワータイプの鉄パイプの金属椅子である。椅子の素材と構造を決定している理由が、一枚の写真で明瞭に明らかになっている写真なのだ。

« 卒業研究の成果が問われる季節だ | トップページ | 「この世の事物は人間生活を安定させる機能を持つ」 »

日常生活の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/63009398

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の暮れ模様:

« 卒業研究の成果が問われる季節だ | トップページ | 「この世の事物は人間生活を安定させる機能を持つ」 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。