« 若林奮展を観に、葉山へいく | トップページ | みなとみらいホールでコンサートを聴く »

2015/11/25

映画「ローマに消えた男」を観る

Img_2313 いつもより早めに起きる。例年この季節には、夜になって自分の仕事が終わるころメールを開くと、学生からの修論の草稿が送られてきている。昨日も、2通ほど届いているのを夜中に見つけ、添削の必要のあるものには赤字を施し、簡単な指示で済むものはメールで返す。毎年、多い人で20数回やり取りをする人もいるのだが、だいたいは4、5回で済むのだ。最初に幻滅、次に落胆、そして絶望、最後に希望の繰り返しだ。そしてさらには、自分のときの苦い思い出が頭をよぎる瞬間があるのだ。

Img_2259 内容についての議論は、10月までのゼミでおおよそは済んでいるのだが、やはり議論の足りなかった人は、メールでも手がかかってしまうことになる。ここが通信制大学の楽しいところでもあり、泣けてくるところでもあるのだ。

Img_2266 今日はメールが途切れそうになったので、雨降りにもかかわらず、散歩に出かける。どうやら、自分の仕事の方が暗礁に乗り上げてしまって、原稿が進まない。このような時には、肩こりと頭こりを柔らかにする必要がある。

Img_2260 午前中に見る映画は、深刻なものでも大丈夫だし、軽快なものでももちろん良いのだ。まだ、心の余裕がある。どちらの系統の映画であるのか、この映画の場合に予想はできなかったが、今週を逃すと、すぐにロードショウが終了してしまいそうなので、映画「ローマに消えた男(原題:Viva la liberta)」を観ることにする。雨が横殴りに吹いてきても、足取りは軽やかだ。

Img_2258 内容は、情熱を失った政治家が失踪し、代わりに双子の兄が狂気の世界から舞い戻って代役を務めるというものだ。イタリア野党の党首たる政治家エンリコと、精神を患う哲学者ジョバンニを演じる、俳優のトニ・セルヴィッロの一人二役演技が見ものだ。政治の世界を表す時に、右目は情熱で、左目は冷静、というようなレトリックを使うが、まさにこの二人をこの俳優は使い分けている。エンリコが失踪する先は、かつての恋人ダニエルのパリにある家庭なのだが、この監督を職業とする夫と、それにこの娘はほんとうに物分りが良いのだ。このような自由で良い関係を作ることが予想できたならば、誰でも失踪したくなってしまうだろう。社会ものだという予想を覆して、意外に爽快さを感ずる映画だった。

Img_2268 使われている言葉が素晴らしい。やはり、政治の世界で大事なのは言葉なのだ。当然、政治の世界では、偽りが横行する。けれども、真実の言葉には重みがあることも知られていて、真実であるという、その「らしさ」というものが重要なのだ。それで、おそらくこの映画の一つの山場となる、ローマの広場での党書記演説で、劇作家ベルトルト・ブレヒトの文章が使われていて、それがこの映画の「パッション」側を表す場面で抑制的に語られるので、かえってピッタリと合っている。この文章があったから、この映画が作られたのでは、と思わせるような詩的な文章だ。

君は言う ひどい世の中だと

闇は深まり 力は萎える

こんなに長く働いても 状況は厳しい

始める前よりも 敵は目の前にいて 

かつてなく手強く 

その力は増す一方で とても勝ち目はない

我々は過ちを犯した それは否定できない

我々は減る一方だ

我々の言葉は 混乱している

言葉の一部は 敵にねじ曲げられた

見る影もないまでに

何が過ちで 何がいつわりなのか

言葉の一部か すべてなのか

誰を頼るのか 

我々は生き延び 流れからはじかれ

取り残されるのか

誰も理解せず 誰にも理解されずに

それとも自分の運を 天に任せるのか

そう君は自分に問う 

君に必要なのは 誰の答えでもない

君自身の答えだ

Img_2274 雨降りの散歩は、パン日和あをやへ向かった。この地域には、工場跡にマンションが建ち、景気の良い企業が進出してきている。ドアを開けると、今回も子連れの先客がいた。「お楽しみプレート」を頼む。Img_2273_2 スコーンが温められていて、それにこの写真にある「クロテットクリーム」+ ジャムをつけて食べるのだ。サンドウィッチのパンも穀類が入っていて、美味しかった。そのあと、雑談に集中していて、写真を撮り忘れてしまったが、ゆず茶と栗あんの美味しいパンも食べた。

Img_2271 先日、O先生と一緒に来た時に、O先生に会いに来る教え子の方たちにある種の傾向があるということがここで話題になった。それはたいへん面白い見方だったので、今回もそれを話題にしたのだった。そのときには、O先生はあまり興味を示さなかったのが不思議なのだが、実際のところ、O先生自身はどのように考えているのか、知りたいところだ。Img_2257 とはいうものの、教え子の方々にとっては、端でこんなことが話題になっているとは、迷惑な話だろうと思うから、ここだけの内緒話にとどめておくことにしよう。まだまだ、今日の雨は止みそうにない。

« 若林奮展を観に、葉山へいく | トップページ | みなとみらいホールでコンサートを聴く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/62757295

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ローマに消えた男」を観る:

« 若林奮展を観に、葉山へいく | トップページ | みなとみらいホールでコンサートを聴く »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。