« O先生とS先生と一緒にラジオ収録 | トップページ | 職人技の本能とは »

2015/10/02

生活の面倒臭さについて

Img_1441 友人のF氏と、神保町で会う。なぜ神保町なのか、と問われても理由があるわけではないのだが、神保町へ行けば、なんとかなるという、昔からの思い込みが働いたものと思われる。理由がなくとも、神保町を選ぶという習慣があるということだ。行けば、なにかうまいものが当たり外れなく、食べられ、しかも書籍や映画などの何らかの文化的な雰囲気が漂っているという予感のある街は、東京であっても、そう多くはない。

Img_1443 F氏の職場は、隣町の神田にあって、そちらもビジネス街特有の食べ物・飲み物屋が発達しており、神田で、何回か呑んだ覚えはある。けれども、やはり神保町には、ビジネス街から少し外れて存在しているような感覚がまだ残っていて、ゆっくり飲むにはこちらの方が良いと思う。F氏に何軒かあげてもらったら、ランチに行くような店だそうだが、適度に飲めて、さらに肉が美味しそうな店が見つかったので、そこで落ち合うことにする。ステーキセットにオードブルとワインがついて、「乾杯セット」となっていた。ゆっくり飲んで良いらしく、次の料理を出すタイミングをちゃんと測ってくれるというサービス振りだった。

Img_1444 それでも、2時間ぐらい時間を潰すと、もう一軒行こうということになって、神保町に行くとほぼ必ず寄る喫茶店「L」へ回ることにする。夜は、喫茶店から、雰囲気としては、バーに近い場所になっていて、相変わらず気の置けない、心地よい場所を提供している。いつもは、奥の部屋へ行って、本を読む体制をとるのだが、今日はドアのそばの席を確保して、じっくりと話のできる空間を得ることができたのだ。

Img_1447 今日の話題の中心は、やはり年齢問題なのだ。それでも、並みの老後問題と違うのは、病気や年金などの世俗的な問題ではなく、むしろ「生活の面倒臭さ」という点に集中した。互いに身の周りのことは、自分で行うタイプではあるのだが、全体的に「面倒臭い」と思うようになったということである。一つは、やはり年齢による体力の問題はあるかもしれない。互いに60歳代の半ばをそろそろ超えてきているという事情があることは大きい。けれども、もう一つ根本的な問題があって、それは仕事との関係なのだ。Img_1448 仕事に加えて、レジャーというのか、個人的活動というのか、こちらの方が生活の中心を占めつつあるという事情が、「面倒臭さ」を助長している。Img_1452 結局のところ、生活には二種類あって、生活のクリエイティブな面と、生活維持的な面とが存在していて、クリエイティブな面は許せるとしても、やはり生活維持的な面は面倒臭いのだ。

Img_1450 F氏の仕事は、出版関係なのだが、趣味はギター演奏で、街のイベントなどに呼ばれるほどの腕前らしい。それで、練習が頻繁にあって、仕事との両立が難しいとのことだ。演奏仲間の人びとも定年を迎えるようになっており、練習時間が頻繁にスケジュールへ入ってくるのだそうだ。そのような生活であれば、生活のクリエイティブな面を優先させてしまうのも納得できるし、生活の「面倒臭さ」は当然だと思うのだった。最終的には、両面が大切なのだが。

Img_1453 さて、本日の椅子は、この喫茶店「L」の設立当初から存在する、カウンターの古い木製回転椅子だ。使い込んだ色調を見せていて、このような色になるまでには、人びとの喜びや悲しみをどれほど吸い込んできたことだろうか。

« O先生とS先生と一緒にラジオ収録 | トップページ | 職人技の本能とは »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/62470752

この記事へのトラックバック一覧です: 生活の面倒臭さについて:

« O先生とS先生と一緒にラジオ収録 | トップページ | 職人技の本能とは »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。