« ルーシー・リー展が来ている | トップページ | 母の法要 »

2015/07/18

今年度の幕張ゼミ合宿

https://youtu.be/orDxrvAIqlk

毎年恒例の大学院ゼミ合宿だ。今日も明日も、気温は35度を超える予想が出ている。そこで、風を感じる動画をひとつ、いかがか。幕張の放送大学への通勤路には、さまざまな経路があって、この動画でご覧にいれるのは、高校生たちが多く通り、さらにランニングや散歩の人びとを多く見かける、Img_0848_3 駅への道とはちょっと異なる通勤経路だ。ここを朝、ささっと歩くと、1日の準備が整ってくるのを感じる。活動と活動をつないでいて、ここで感じる余裕が次の活動への発想を生むのだ。

Img_0845 セミナーハウスで、合宿の議論が始まった。本年のテーマもきわめてバラエティに富んでいて、聴いていて楽しいと同時に、漫然と聞いていると議論についていくのが難しい。それほど、予断を許さないテーマが並ぶ。ざっと挙げていくと、次のとおりきわめて経験的な問題が多いのである。

地域の物価問題、被災都市の地域経済問題、

企業の危機管理問題、途上国の経済特区問題、

社会的企業問題、合併企業の融合問題、

日本製造業の発展問題、製造業の産業集積・立地問題、

成年後見人の役割問題、プロスポーツのセカンドキャリア問題、

安全保障政策問題、自衛隊の人間関係問題、

子供の貧困問題などなど。

Img_0214 ちょっと無機的な書き方になってしまったので、面白さが伝わらないかもしれないが、十分に満腹感のあるテーマ群だった。わたしたちは、すでに、M1については3ヶ月、M2についても15ヶ月以上の議論を積み重ねてきているから、ほぼ対応できるのではあるが、それでもこれらのテーマについては常に新たな議論が湧いてくるので、気を抜くことは決してできない。

Img_0842 合宿当初は、27名の発表者が予定されていたのだが、さすがにこの暑さで体調を崩したり、仕事の忙しさが重なったりして、3名が欠席だった。そして、飛び入りでD1のFさん1名の追加発表があり、発表コマは25を数えたのだった。

Img_0843 昼食は、新しく建て替えられたステーキ屋さんへ行く。昨年度退任なさったT先生と良く通ったところなのだ。今回京都から駆けつけてきてくださったT先生を誘って、学生の方々と一緒に、二階の予約席でゆったりと注文する。もちろん、ステーキと共に、野菜食べ放題、ワッフル付きだ。残念ながら、食べるのに一生懸命で、写真を撮る余裕がなかったくらいだ。北海道から参加しているAさんや、いつもはWeb会議で参加するKさん、そして、TゼミのTさんも、食べ物を追求する欲望には余念がなく、さらにゼミ発表でも、貪欲で野心的な発表を行ってくれた。

Img_0850 1日目は、ほぼ半分を消化して、夜の懇親会へとなだれ込んだ。毎年こちらも恒例となっている、中華料理Hのパーティ・メニューだ。Img_0854 先日、吉祥寺でかなりの量の日本酒を飲んでいたにもめげず、今日は紹興酒と共に、旨い料理をいただいた。昼がステーキだったので、お腹が空いていなかったにもかかわらず、中華料理は中華料理で、身体に十分な栄養補給をもたらしてくれた。

Img_0858 二日目目も重量級のテーマが並んだ。じつはわたしが、会場が変わることをすっかり忘れてしまっていて、会場へ朝着くと、千葉学習センターの囲碁倶楽部の面々が、「違うじゃないか」という怒り顔をしていらっしゃった。慌てて、わたしの不備を詫びて、直ちに会場を研究棟へ移す。Img_0859 その間約20分、さすがにゼミみんなの助けを得ると、協力が強力になるのだ。516号室という、いつもは「社会と産業」コースの先生方がコース会議に使われる部屋を、拡大ゼミ室に作り変えて、今日の議論を早速始める。テーマは以下の通りだった。

誠実の経済思想問題、中国の正統性獲得問題、

公的年金制度改革問題、日本経済のデフレ問題、

地域金融の地域性問題、農村コミュニティの政策問題、

アベノミックス問題、コミュニティバス問題、

公共交通問題、チリの経済発展問題、

消費者行政問題などなど。

Img_0867 今回もこれだけの多様なテーマについて話し会うことができたのは、T先生、N先生、A先生、S先生などの専門が異なる諸先生がたの参加があったからであるし、さらに、Hさん、Yさん、Tさん、AさんたちのOBの参加があったからだ。いつもながら、参加者に代わって、感謝申し上げる次第だ。わたしに関していえば、体力の問題が今回はあって、最後まで持つかどうか心配であったが、何とか最後まで耐久できたのは、ほんとうに幸いなことであった。Img_0868 最後の挨拶で申し上げたことだが、論文を書く方がたは、発言してくれた方の顔を思い出しながら、そのときの議論を思い出し、自分の論文に反映して欲しいと思う。論文のアイディアというものについては、どこから得られるのかは予想できないものだから。

Img_0709 今日の椅子は、日々進化を続けている、JR東日本のホームベンチだ。隣の駅では、この進化を遂げる前のベンチが設置されていたから、それがよくわかる。どこが進化しているのかといえば、座るプラスチックの座面横の金属の荷物置き場に付いている、傘立てだ。意外に小さなアイディアなのだが、シンプルで洒落ている。それから、よく見ないと見落としがちなのが、看板の横についている金属の取っ手だ。Img_0708 ベンチから立ち上がる時の支えになる。まだまだ、ちょっと使いにくいな、という感じは否めないが、まずはこのことに気づくということが大切で、デザインはその後に続いて起こってくるのである。

« ルーシー・リー展が来ている | トップページ | 母の法要 »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/61994502

この記事へのトラックバック一覧です: 今年度の幕張ゼミ合宿:

« ルーシー・リー展が来ている | トップページ | 母の法要 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。