« 松本へ出かける | トップページ | M市美術館と「子どもの椅子」展を見て回る »

2015/05/24

信州のO町に来ている

Photo 朝、空気が凛としていて、深呼吸して入ってくる森林の香りが、肺に浸みる。O町に来ている。テーブルに向かって、書評の仕事と印刷教材の校正仕事を、少しだけ片付け、午前中の爽やかな風を受ける。言葉では伝わらない世界へ、次第に入っていく。

Photo_2 昼をいつものパン屋さんでピザを食べることに決めて、娘は木崎湖までジョギング。6kmくらいだそうだ。わたしは息子と連れ立って、目的のパン屋さんへ向かう。Photo_3 ピザランチだ。20分くらいで歩いていけると思っていたのだが、途中河原などで写真を撮って止まったりしたのが悪かったのか、たっぷりと30分ほどかかってしまった。遅刻だ。

Photo_4 ピザは、石窯で焼いてすぐ食べないと味が落ちるので、パン屋さんは窯から出すタイミングを探っていたらしいのだ。娘が早くに着いて、程なく私たちも着いたのだが、パン屋さんが心配して、道に出て、わたしたちの姿を見てから、窯へ向かったらしい。それで娘の報告によると、細心のピザが焼きあがったのだ。

Photo_5 でも、歩いた効用は確かで、ちょうどお腹の具合が空いてきたのだった。最初にマルゲリータ、ついで、はちみつとチーズのピザが出てきて、さっそく頬張ったのだった。トマトの新鮮な酸味が効いていて、一年に何回かは味わいたいピザなのだ。この生地には、やはり天然酵母のパン生地が使われている。外はパリパリ、中はモチモチで、この生地だけを食べても美味しいのだが、マルガリータのトマトの酸味が効いて、素晴らしい。反復というものに、幸があるとすれば、それはこのようないつ来ても、変わらぬ味を提供してくれる場所をもっていることだろう。これは、途轍もないほどの財産だと思われる。

Photo_6 帰りの河原で、娘がわたしたちに小石を集めてほしい、というので、麦わら帽子にたっぷりと小石を拾って、土手のベンチへ持っていく。すると、娘がとんとんと置いて、小石のメッセージを作った。友人の誕生祝いに写真を送るのだそうだ。実物は、存在感ある、ゴツゴツとしたものなのだが、平面的にみると、そのゴツゴツ感が整えられて、陰影感へと変質するのをみることができる。

Photo_7 ピザのあとのスイーツは、猫の喫茶店で、プリンをひとつ。

« 松本へ出かける | トップページ | M市美術館と「子どもの椅子」展を見て回る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州のO町に来ている:

« 松本へ出かける | トップページ | M市美術館と「子どもの椅子」展を見て回る »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

『経済社会を考える』第9回〜第15回

  • 『経済社会を考える』
    “『経済社会を考える』"

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。