« 映画「陽だまりハウスでマラソンを」を観る | トップページ | ピカソの「坐る女」 »

2015/04/24

映画「百円の恋」を観る

Photo 百円に価する「恋」とは、どのような恋なのか。経済を勉強するものにとっては、興味深々たるテーマである。じつは、その昔35年ほど前に、「愛情」をサービス価値換算して、たとえば愛情を含めて、家庭の主婦労働はいったいいくらになるのか、などという計算を、学生時代のアルバイトでよくやって生活費を稼いだ時代もあった。また、当時ノーベル経済学賞を取った、G・ベッカーが「全てに能力を持っている女性Aと、全てにAより能力が劣る男性Bと結婚したら、女性Aは得をするか損をするか」という、マンガチックなジョークを書いていて、経済学の練習問題として流行らせたりしていた。感情に属する領域を経済計算するような「百円に価する恋」ということは、経済学的には、たいへん面白いテーマなのだ。

最近、ノッている安藤サクラ主演の映画「百円の恋」を観る。百円ショップに勤めるサクラ演ずる主人公「一子」と、百円バナナをいつも買いにくるボクサーとの恋愛について、百円に価しないとする「一子」と、その恋のゆくえを描いた作品だ。

百万円の恋と、百円の恋とを比べてみれば面白いことがわかるだろう。この映画では、当然のように、百円の恋でも、百万円の恋に匹敵する恋だというところを見せたいのだが、この映画によれば、幾つかの条件があるようだ。ひとつには「真剣」だという基準だ。百円に価するものでも、百万円に価するものでも、どちらもボクシングのように「ハングリーかつアングリー」の真剣さで取り組むのであれば、同等の価値を持つものだといえるらしい。

百円ライターも外見は百円でしかないが、燃やせば、百円以上の価値が出てくるように、炎であれば、百円ライターでも、ダンヒルのライターでも、熱さに関して変わることがないだろう。同様にして、恋だって、百円かけた恋も、百万円かけた恋も同等に熱いといえる。

それは、結局相手があるということだ。恋を仕掛けるだけの側から見れば、百円の恋と、百万円の恋とはかなりの格差が見えてしまうかもしれない。けれども、それを受け入れる方から見れば、お金の差が問題ではなく、結局のところ恋そのものが重要だからだ。相手をそれなりに尊重しないと、恋にはならない。

この映画では、恋の価値は「ボクシングへの情熱」と重なる部分がある。映画の中で、ボクシングを巡って面白いシーンがあったのだ。それは、男が一子に向かって、なぜボクシングをやり始めたのか、と聞く場面があるのだが、それに答えて、第1には前述のように、「真剣」だからで、第2に試合の終わった後でも、勝者と敗者とが、仲良く互いを讃え合うからだと答える。第2の視点が、この映画の特徴になっていると思われる。簡単に言って仕舞えば、ボクシングや恋では、勝ち負けが重要なのではなく、(もちろんこれも重要なのだが、それ以上に、)勝った者と負けた者同士が、相互に讃え合うところが重要なのだ、という視点だ。それは、この映画「百円の恋」の本質ではないかと思われる。恋やボクシングだから、「百円」の行為が成り立つという状況があり得るのだと思った。それは、きっと素晴らしいことだ。

« 映画「陽だまりハウスでマラソンを」を観る | トップページ | ピカソの「坐る女」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/61513347

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「百円の恋」を観る:

« 映画「陽だまりハウスでマラソンを」を観る | トップページ | ピカソの「坐る女」 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。