« 同じ職場でともに長く働くということ | トップページ | 映画「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観る »

2015/04/01

今年度予定している「授業科目」ラインナップ

仕事を行うには、気持ちを入れなければ成り立たない、とはわかっていても、なかなかそういう機会はない。ブログの良いところは、すでに起こってしまったことも整理するにも便利だが、これからどのようなことが起こるのかを言語化することでも便利である。言葉に変えておけば、気持ちも乗ってくることだろう。

4月になって新学期がスタートした。学習センターに勤めていた時には、入学式や始業式などがあって、季節の変わり目があざやかに見えたのだが、放送大学の本部へ移ってしまったあたりから、授業は放送で行われているために、この季節感が薄れてしまった。けれども、以下のように上げておけば、整理が付くだろう。今年度のラインナップは次のとおりだ。

今学期からの始まる新規科目は、

1.「グローバル化と私たちの社会」(基礎科目)

2.「多様なキャリアを考える」(総合科目)

Photo Photo_2

+

+

+

+

+

+

+

+

科目「グローバル化と私たちの社会」の1章半くらいを担当している。「社会と産業」コースの先生がたが総出で制作していて、華やかな科目になった。それから、総合科目「多様なキャリアを考える」では、3章分を担当している。職業キャリアには、常識的な賃金キャリア以外にも、技能キャリアや功績キャリア、さらに生きがいキャリアなどの多様なキャリアが見られ、それらが年齢とともに変化することを見たものだ。

継続しているのは、

3.「社会的協力論」(大学院科目)

4.「社会の中の芸術」(総合科目)

これらの二つの科目は、わたしの現在の中心テーマを含んでいる授業科目であるのだが、何回考え直しても、まだまだ過渡期的な産物であることに変わりないなあ、と未だに往生できない想いを抱いている。現在、進んでいる総合科目の制作が終わったら、本格的なフィールドワークを行って、これら2科目の後継科目を制作したいと考えている。

本年度の1学期に再履修の方々が終えれば、それで終了する科目が結構ある。これらは「社会と産業」コースの先生がそれぞれ1章から3章くらいを担当して、またなるべく、オムニバスにはならないように配慮しつつ作った科目であり、3科目をシリーズとして制作できたという、思い出深い科目たちだ。

5.「市民と社会を生きるために」(基礎科目)

6.「市民と社会を考えるために」(基礎科目)

7.「市民と社会を知るために」(基礎科目)

8.「消費者と証券投資」(専門科目)

それから、これもまだまだ、自分の中では解決できない問題を抱えている科目が終了する。

9.「格差社会と新自由主義」(総合科目)

この科目は、学生の方々からの質問数が多かったので、印象深い科目となった。ということは、まだまだ現在進行中で、課題の多いテーマなのだが、これも終了する。これまで関心を持ってくださった多くの放送大学受講生の方々へ感謝申し上げる次第である。

現在進行中の制作科目も二つある。おおよそ原稿も出来上がってきているので、放送教材の工夫を行う段階へ入ってきているのだ。

10.「音を追究する」(総合科目)

11.「色と形を究める」(総合科目)

これら二つの科目については、感性からみて社会ということが、どのように聞こえたり見えたりするのだろうか、というテーマであって、じつに楽しみながら制作を行っている。また、学問横断的な科目には、常に関わるようにしてきているのだが、もう一科目関わってみても面白いな、と思い、提案を受けているものがある。

面接授業については、もう直ぐグランドスラム達成だ。今年度は、奈良学習センター、香川学習センター、島根学習センター、長野学習センターを回って、学生の方々との議論を楽しみたいと準備している。

もちろん、これらに加えて、卒業研究、修士論文、博士論文などのゼミがそれぞれあって、本年度も学生の方々が魅力的なテーマを寄せてきているので、こちらの完成も目指さなければならない。

今年心がけたいのは、これらの多様な関心を幾つかの太い基本的な問題点へ集約させて、自分の論文へ雪崩れ込むように持っていきたいと願っているのだ。さて、どうなることやら、神のみぞ知るとは言いたくないところだが。

« 同じ職場でともに長く働くということ | トップページ | 映画「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観る »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/61515092

この記事へのトラックバック一覧です: 今年度予定している「授業科目」ラインナップ:

« 同じ職場でともに長く働くということ | トップページ | 映画「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観る »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。