« 京都で合宿、第1日目 | トップページ | 映画「リトル・フォレスト」を観る »

2015/01/12

合宿の2日目

Img_8727 合宿ゼミの二日目の朝にも、昨日と同じMコーヒー本店にて、持参のポットにブレンドを詰めてもらう。昨日と違う若い店員が応対してくれた。しばらく待たされた後、わたしのポットの分量がカップの1.5倍に相当するので、二杯分の金額になるが、それでも良いかと訊かれた。Img_8730 東京でも、いつもそのように支払っているので、良いと答えたが、一言、昨日は1杯分の値段でした、と言うと、即座に店員が反応して、昨日と異なるのは良くないので、1杯分で結構ですと言った。昨年のIコーヒー店もそうであったが、京都の商売人たちの基本に流れている伝統的な倫理観を感じたのだった。このような商売習慣は、やはり一朝一夕には形成されないし、醸成される場所として、特別な街が必要なのだろうと推察した。

Img_8691 それにしても、京都人の朝コーヒーを飲む習慣は羨ましい。朝、7時ごろ、自宅を出て、行きつけの広い喫茶店で、新聞を読んで1日の予定をチェックして、9時くらいにおもむろに仕事場へ向かうのだ。自宅のそば、少なくも500米以内に、朝コーヒーの広い喫茶店を持ち、しかも仕事場がやはり少なくとも500米以内にあるような、集積のある伝統的な街が、ここには形成されているのだ。

Img_8797 それで、コーヒーを詰めてもらっていたら、時間が迫ってきたので、一目散に走って、地下鉄電車に滑り込んだ。と、向かいの席には、昨日の懇親会から参加しているTさんが座っていた。「間に合いましたね」と笑いながらしゃべりかけてきた。ゼミの二日目には、まだ昨日のアルコールが残っていて、今日発表の懇親会出席者たちはやはり前日に発表を済ましておけば良かったと、言っていた。

Img_8790 昨夜の懇親会と今日の発表では、わたしにとっても幾つかの収穫があったのだ。ひとつは、4月から始まったわたしの大学院授業「社会的協力論」の感想を幾人かの方々から聞く機会を得た。中には、@をとったという学生がいて、わたしの授業は一般に難しいことになっていて、@を取る方は非常に珍しいので、このような少人数の中にいるとは思われなかったが、思い出してみると、その方の答案のイメージが目の前に蘇ってきたのだった。

Img_8625 これもたいへん珍しいと感心したのだが、他の学生の方で、わたしの使った概念を巧みに組み合わせて、しかもわたしのまったく思いつかないような、現実の事例を観察して、見事にその概念を再構成している学生にも会うことができた。この方は、I先生の指導学生であったが、このような分野で、あの概念が適用できようとはまったく思ってもみなかったのだ。共感を得たときの仕合せな気分を、思いがけず、ちょっとだけ味わったのだった。

Img_8652 最後には、恒例のT先生の辛口の総括を行っていただき、さらに参加していただいた先生方の教訓となるお話もいただいた。さいごに、わたしらしくはなかったけれども、このような合宿に遠方からはるばる来て、何も持ち帰るお土産がないのは申し訳ないと思い、「こうすれば、必ず修士論文の評価がワンランクほどアップします」形式の有難い話をして、二日に渡って25名が参加した合宿ゼミを終了した。

Img_8731 修了生のH氏と「社会経営研究」「社会経営ジャーナル」の発表会の打ち合わせを、今出川の同志社近くの、評判良い喫茶店で行った。Img_8733 ランチメニューにスープや前菜などがついて、お得な昼食を堪能した。外は、京都特有の底冷えのする気候になっていて、このままこの暖かい喫茶店で、ゼミでの議論の応酬をなぞって、いつまでも合宿の余韻に浸っていたいという感じだった。

Img_8813 今日の夜食は、1年に一回は食べておきたい料理の一つで、ホテルの前にある中国家庭料理の店Sでの、「白胡麻担々麺」だ。こってりとしたスープが特色で、思ったよりは辛くはないが、かといって練りこまれた複雑な味のところどころに、ドンとした辛さを感じる味なのだ。Img_8812 こんな小鉢のような容器なのに、食べ終わる頃にはすっかり満足したお腹になっている。夜の栄養としても、これで十分と言えるほどの、こってりさがある。Img_8810 京都の町家を改造した店なので、奥の席に入ってしまうと、本当に静かだ。中庭の緑が夜陰に紛れてあやしい。Img_8809

« 京都で合宿、第1日目 | トップページ | 映画「リトル・フォレスト」を観る »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/61025602

この記事へのトラックバック一覧です: 合宿の2日目:

« 京都で合宿、第1日目 | トップページ | 映画「リトル・フォレスト」を観る »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。