« 映画「ゴーンガール」をみる | トップページ | 今年も京都から始まる »

2014/12/31

「年の瀬」のピエタ的雑音たち

車道へ飛び出そうとする子を

足を踏ん張ってとめようとする母の

絶叫の声が聞こえる。

マーケットで怒鳴り散らす男の声がする。

店員に憂さを晴らそうと、苛立ってしまう

独り暮らしの老人客がいる。

バスの客席へ殺到して、

前を行く人が右に足を踏み出し、

後に続いた人も同じく右へ身体を寄せ、

互いにぶつかる鈍い音がする。

病院の玄関外で、「こんにちは」と一日中

穏やかな声をかけてくれるガードマンがいる。

見守られる病人の安堵の息がする。

太陽の眩しさ、青空の広がる、9階の病室では

入れ歯無しで、香の物をくちゃくちゃと食べる

病人の口の音が聞こえる。

もう一花咲かせてよ、との気休めへ応酬する患者がいる。

トイレを流す音を聞きたいだけだ。立たせてよ。

お隣さん、お願いしますよ。

97歳の誕生日を迎え、ベッドでガムシャラに

食べ続ける老婆がスプーンを動かしている。うーうー。

食べることは快楽だ。

世の中の人びとは、パアーなのです、と

言ってのける患者たちの、間を動き回る、

看護師の軽やかな靴音がきゅきゅと鳴る。

脳梗塞が解け、妻の手を振り切って

走り出し、顔から鼻から血が流れ出しても

笑って喜ぶ声がする。

前から頑固でした。行かないで、と言ったのに、

言うことを聴かないで、飛び出すのですもの。

またやるでしょうけど、仕方ないですよね。

道路脇の植え込みに、疲れ果てた母子がどっと座り込む。

子は膝間付いて、目を斜めに据え、放心している。

母は抱きかかえて、子に支えられている。

« 映画「ゴーンガール」をみる | トップページ | 今年も京都から始まる »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/60907132

この記事へのトラックバック一覧です: 「年の瀬」のピエタ的雑音たち:

« 映画「ゴーンガール」をみる | トップページ | 今年も京都から始まる »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。