« ガバナンス研究会のコメンターを務める | トップページ | 鎌倉の麻生三郎展を観に行く »

2014/11/29

横浜へ来たイチゴ

Img_8377 朝から強い雨が降っている。風も出てきた。東日本大震災以来、インタビューなどでお世話になっているM氏が、復興の催しに参加するために、横浜の山下公園にきているのだが、この風雨の中で、テントは大丈夫だろうか。

Img_8355 午後から所用があったので、午前中にご挨拶にうかがいますと、告げてあった。テントが50以上あって、イベント参加者も大勢集まっていた。M氏はM苺農園を経営していて、震災が起こったのち、いち早くビニールハウスを立て直し、自宅農園を復活させた一番手だった方だ。共同でテントを張っているらしく、なかなかテントの場所がわからなかった。

Img_8358 尋ねていると、ステージに出演していることがわかって駆けつけると、ちょうど終わったところで、自分のテントへ帰ったところだった。社長である奥さんが手作りしたジャム(苺ジャムと葡萄ジャム)が売りだされていたので、早速購入した。ガラス瓶を通して、香りが突き抜けてくる。Img_8383 一緒に頂いた苺のふた粒も、ポケットにそのまま入れて、地下鉄の中でちょっと取り出してみたら、淀んでいる空気に対して、苺の香りが鮮烈に広がったのだった。

Img_8393 それから、ご本人は謙遜して、評判が悪いのですが、おっしゃっていたが、大きなサツマイモと、つるっとしたジャガイモの付けてくださった。雨の中だったので、Img_8389 あまり話はできなかったけれども、ボランティアの方々と一緒に働く姿をみていると、何歳も若返っているように思えた。Img_8396 実際には、震災があって苦労が重なっていて、年配に見えていたのだが、実際の年齢は今日の姿が本来の姿のような気がしてきた。

Img_8382 帰りに、開港記念館での「団地」を特集した展覧会にちょっと寄って、毎年必ず訪れる日本大通りのイチョウ並木を拝見しながら、次の目的地を目指したのだった。雨の黄葉をそれなりに、色鮮やかなことを確認したのだった。

Img_8381 Img_8390
Img_8357 Img_8361 Img_8356
Img_8350 Img_8367 Img_8378
Img_8400

« ガバナンス研究会のコメンターを務める | トップページ | 鎌倉の麻生三郎展を観に行く »

風景と風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/60801195

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜へ来たイチゴ:

« ガバナンス研究会のコメンターを務める | トップページ | 鎌倉の麻生三郎展を観に行く »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。