« 映画「紙の月」を観て | トップページ | 横浜へ来たイチゴ »

2014/11/22

ガバナンス研究会のコメンターを務める

Unnamed ガバナンス研究会が開かれて、コメンターとして招かれる。放送大学を定年退職なさったA先生が主宰し、N大学のT先生が会長を務めていて、毎月1回例会を神奈川学習センターで開かれている放送大学の名物ゼミである。これまでも、事あるごとに聴衆の一人として招かれたことはあったが、コメンターとしては初めてだ。会場には、25名の方々が集まり、センター所長のI先生も加わって、さらにウォーキング主催しているFさん、社会と産業のAさんも聴きに来てくださった。議論するのに、最適の研究会となった。

今回はT大学名誉教授のA先生が基調講演を行うことになっていて、テーマは、「ポストベッドタウン体制について」という、現代的な問題だ。どのような風の吹き回しかは分からないのだが、たいへん名誉でかつ興味深いことには、わたしにコメンターのお鉢が回ってきたのだ。じつは、政治学や政治史の分野では、両A先生を含んだ泰斗たちが「戦後とは何か」を巡って、長い間座談会を繰り広げてきた経緯があって、到底わたしの教養の程度では追いつかないことは知っていた。そこで、「脱戦後体制」については、「横浜市」ということに限って報告するという、少し工夫を行うことにした。これならば、20年にわたって、神奈川学習センター赴任時代から考えてきたことがあって、十分にしゃべらせてもえらえる良い機会だと思えたのだった。

A先生の基調講演は、重厚な内容にもかかわらず、わかりやすく、かつテンポ良くとんとんと進められた。戦時体制・戦後体制・脱戦後体制という時間軸の元で、空間的な配置が国際、政治、経済、社会と並べられ、社会のシステムがいかに変容をしていったのか、という歴史的な推移が十分に理解されたのだった。

じつを言えば、横浜こそ、この戦後と脱戦後の複雑性が重なって現れている、典型的な都市だといえる。わたしは学生のとき、1970年代に横浜へ移ってきたのだが、そのときから、横浜の都市化と、さらに横浜のコーヒーと喫茶店をずっと追い続けてきたように思う。わたしにとっては、この喫茶店のような場所は、家庭と職場のあいだにある「サードプレイス」だということになるが、これを見る中で、横浜都市に現れる「構造」というものが分かってきたところがある。

コメントのなかで、二つの点を強調した。ひとつ目は、横浜市という都市の構造に4つのタイプが重層的に存在しており、これらの相互作用によって、横浜市全体が成り立っているという観点である。横浜市という一枚岩的な文化構造が存在するわけではない。A先生は、適切にも「連合」としての横浜市という表現であらわしてくださった。

二つ目の観点は、発表者のA先生が脱戦後体制の特徴として、市場システム、政府システムに並行して、「再生産」あるいは「再結合」のシステムが存在するという問題提起をなさっていて、それに対応して、横浜市のジャズプロムナードの「再生産」方式をわたしが紹介し、大いに議論が盛り上がったのだった。こう書いてしまうと、感激が薄れてしまうのだが、そのあとの酒の席でも、当人たちは随分と議論が積み上がったと思えるときを過ごすことができた。

« 映画「紙の月」を観て | トップページ | 横浜へ来たイチゴ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/60801161

この記事へのトラックバック一覧です: ガバナンス研究会のコメンターを務める:

« 映画「紙の月」を観て | トップページ | 横浜へ来たイチゴ »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。