« 「社会経営研究」「社会経営ジャーナル」第2号発刊 | トップページ | 鳥取での講義の2日目 »

2014/11/01

鳥取での講義第1日目

Img_8086 昨日は激しい雨が降っていて、この連休にはずっと雨が続くのかなと、昨夜の雨音を布団のなかで聞いていた。その場合には、授業の出だしで、「晴耕雨読」だと言うと受けるのだが。ところが、朝になると、陽こそ出なかったが、空模様を伺うと何とか持ちそうになってきた。ここは、「晴耕雨読」を使えなくて、良かったと思うことにしよう。朝、宿から歩いて、10分ほどのところにある、市立図書館の入っているビルの5階にある、鳥取学習センターを目指す。

Img_8090 「人びとはなぜ協力し合うのか」と題する面接授業の開始である。このテーマで、今年は愛知と長野を回ってきて、今回が最後の授業ということになる。準備に2年以上かかっていて、インタビューも豊富に話し合いの題材として使っているので、これで最後にしてしまうのは、なんとなく惜しい気はするものの、来年からの授業ではこれと異なるテーマがすでに出来上がってきているので、終了すべきものは終了しなければならない。今回は、少人数の9名の学生の方々が集まったので、最後に相応しい、こじんまりと、そしてじっくりと話し合う授業を心がけようと思った。

Img_8091 さっそく、教室のテーブルをぐるりと四角に並べていただき、全員の顔を見られるように座ってもらった。わたしが少し話をして、それに対して、続けて、学生の方々の話を聞くという対話形式の方法を今回は取った。少人数の利点を最大限活用することにする。話していると、これまでの放送授業や愛知、長野の授業が思い出されてきて、面接授業の良さがじんじんと伝わってきた。集まった方々は味のある話し方を持っていた。

Img_8093 最初に、自己紹介を兼ねて、自分の半生における「協力」経験を、全員に語ってもらった。若い頃のストライキ進行中の協力活動、小学校でのトーテムポール造りの協力経験、過疎の村での見守りボランティア、職業としての看護、贈り物をして誤解を受けた協力の失敗談、職場での成功体験が崩れ始めている経験、農業会社での協力、子育てにおける夫・家族の協力などなど、これらの話を聴く時が、放送大学に勤めていて良かったと思える時だ。この語り、経験の豊富さは、一般の大学では望むべくもない。

Img_8096 1日当たり6時間近くもある時間の長さを忘れるほど、授業に夢中になってしまった、ということが、信じられないかもしれないが、(もっとも歳のせいもあるのだが、)ほんとうにありうるのだ。それで、時間の経つのは早くて、予定の授業もさくさくと進んだのだった。

Img_8095 夕方になって授業を終えて、教室を出ると、昨年度放送大学を定年退官されたK先生が、待合室から出てきて、ニコニコなさっていた。K先生は、元鳥取大学の先生で、そのあと放送大学へ来たのだ。そして、また鳥取へ再び戻っているのだ。Img_8098 駅から北へちょっと行った、昨日の温泉近くの弥生町あたりに、飲み屋さん街が固まってあり、そのうちの「S」へ入る。K先生の数十年来の馴染みの店らしい。堀こたつ形式のカウンターにドッカと陣取って、さっそく飲み始める。Img_8099 酒は、地元のZSをお燗して出してもらった。また今は、様々な種類のイカが旬で、こりこりとした歯ごたえのあるイカや、肉厚のどてっとしたイカや、刺身のイカなど、どっと出てきたのだった。また、ヒラメの刺身も美味しかった。

Img_8100 積もる話もたくさんあって、酒も肴も美味しかったので、今回の授業では明日までの宿題を出していて、それに取り組んでいると推測できる学生たちには悪かったけれども、鳥取の味を堪能させていただいたのだった。K先生は身体も大きく、飲む方も達者で、最後はウィスキーをストレートでグイグイと飲んでいらっしゃった。夜の更けるのも忘れてしまうほどだった。

« 「社会経営研究」「社会経営ジャーナル」第2号発刊 | トップページ | 鳥取での講義の2日目 »

学問の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/60800960

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取での講義第1日目:

« 「社会経営研究」「社会経営ジャーナル」第2号発刊 | トップページ | 鳥取での講義の2日目 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。