« 昨日の散歩を振り返る | トップページ | 博士後期課程が始まった »

2014/09/27

雑貨あるいはガジェット

Img_7825 雑貨には、おもちゃ的な要素があって、そこから自由な発想が出てくる、かのような錯覚をまき散らすところがある。だから、あえて雑貨であると開き直られると、受け止めるこちら側としては、ちょっと気恥ずかしいのであって、本人が純粋な気持ちで雑貨と向き合った、Img_7829 無垢なおもちゃ的なものがそこで崩れてしまうような、気がする。

Img_7826 ガジェットという言葉は、通常は雑貨の代名詞として使われていて、用もないのにのさばってしまう代表選手であった。ところがひとたび消費され効用がもたらされるものだということが知られると、それなりに役立つものだということになり、存在が許されるようになってしまう。Img_7831 ここでは、役に立つものと役に立たないものとの差は、紙一重である。この紙一重を自覚しているか、いなかで、恥ずかしさ、真面目さが問われることになるのだ。

Img_7830 このところは、その人の感性の違いのあるところだと思われる。雑貨だと開き直って、「凄い」というのか、まじめに「追究」してみましたというのか、Img_7838 それとも、暇だからちょっとやってみました、というのか、雑貨に向き合う恥ずかしさを表現する方法には、限りが無い。

Img_7852 今日は、先日信州松本の「T」に寄った時に、ここを主催するM氏が出店していると聞きつけ、松本の店で招待券を得ることができたので、毎年松屋銀座で開かれている「目利き」展を観てきた。Img_7851 この展覧会では、50人ほどの自他共に認められている現代日本の目利きと呼ばれている人びとが、ひとつずつブースを出店していて、この50例ほどの中に、上記の「紙一重」がシャープに出ている。

Img_7840 たとえば、写真にあるような、木で作ったバインダー。これをどのように考えるかという問題がある。バインダーという言葉の響きからすると、用具は挟み込むのでバネでできているという、イメージが一般的であって、もしそうでなくても、何か弾性を利用したものを思い浮かべる。Img_7841 けれども、この実物は磁石を使っている。デザイナーが木工屋さんと組んで商品化したもので、ほんとうに商品として通用することを目指している。真面目であって、気恥ずかしさはみじんも感じられない。ガジェットであっても、ほかの実用品と同列に役に立ち、なおかつ、優れた文房具だと思う。

Img_7846 ガジェットという英語を辞書で引くと、ちょっとした、目新しい道具、あるいは気のきいた小物という意味が出ている。まさに、このバインダーは、気の利いた目新しい道具である。ガジェットなのだ。Img_7844 これならば、一時地下の名店街に必ずあった、アイディア商品屋さんに並んでも不思議はないし、きっと売れることだろう。

Img_7864 ところが、この品の対極にあるのが、「役に立たない」ことをむしろ全面に出しているブースだ。これは、衒いが半分以上だと思われるが、やはり気恥ずかしさがあるのだと思われる。目利きであるためには、それが「ホンモノ」であることが必要である。役に立つもののホンモノはかなり現代では難しい。Img_7859 そこで、「役に立たない」と最初に言ってしまえば、「役に立たない」ことのホンモノについて目利きであればよいのだ。それならば、比較が必要でないから、それだけの価値を主張すればよいのだ。このブースは、意外に多かった。

Img_7833 これらのブースを見て回って、現代における「ホンモノ」とは何か、ということをほんとうに考えさせられた。Img_7868 このようなことを考える意味で、「紙一重」を展示する、このような展覧会?は、問題提起として、必要なのだと思ったところである。

Img_7834 Img_7847 Img_7850
Img_7857_2 Img_7871
Img_7873 Img_7861 Img_7869

Img_7880 Img_7877 Img_7876 Img_7870

|

« 昨日の散歩を振り返る | トップページ | 博士後期課程が始まった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑貨あるいはガジェット:

« 昨日の散歩を振り返る | トップページ | 博士後期課程が始まった »