« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月に作成された投稿

2014/09/27

雑貨あるいはガジェット

Img_7825 雑貨には、おもちゃ的な要素があって、そこから自由な発想が出てくる、かのような錯覚をまき散らすところがある。だから、あえて雑貨であると開き直られると、受け止めるこちら側としては、ちょっと気恥ずかしいのであって、本人が純粋な気持ちで雑貨と向き合った、Img_7829 無垢なおもちゃ的なものがそこで崩れてしまうような、気がする。

Img_7826 ガジェットという言葉は、通常は雑貨の代名詞として使われていて、用もないのにのさばってしまう代表選手であった。ところがひとたび消費され効用がもたらされるものだということが知られると、それなりに役立つものだということになり、存在が許されるようになってしまう。Img_7831 ここでは、役に立つものと役に立たないものとの差は、紙一重である。この紙一重を自覚しているか、いなかで、恥ずかしさ、真面目さが問われることになるのだ。

Img_7830 このところは、その人の感性の違いのあるところだと思われる。雑貨だと開き直って、「凄い」というのか、まじめに「追究」してみましたというのか、Img_7838 それとも、暇だからちょっとやってみました、というのか、雑貨に向き合う恥ずかしさを表現する方法には、限りが無い。

Img_7852 今日は、先日信州松本の「T」に寄った時に、ここを主催するM氏が出店していると聞きつけ、松本の店で招待券を得ることができたので、毎年松屋銀座で開かれている「目利き」展を観てきた。Img_7851 この展覧会では、50人ほどの自他共に認められている現代日本の目利きと呼ばれている人びとが、ひとつずつブースを出店していて、この50例ほどの中に、上記の「紙一重」がシャープに出ている。

Img_7840 たとえば、写真にあるような、木で作ったバインダー。これをどのように考えるかという問題がある。バインダーという言葉の響きからすると、用具は挟み込むのでバネでできているという、イメージが一般的であって、もしそうでなくても、何か弾性を利用したものを思い浮かべる。Img_7841 けれども、この実物は磁石を使っている。デザイナーが木工屋さんと組んで商品化したもので、ほんとうに商品として通用することを目指している。真面目であって、気恥ずかしさはみじんも感じられない。ガジェットであっても、ほかの実用品と同列に役に立ち、なおかつ、優れた文房具だと思う。

Img_7846 ガジェットという英語を辞書で引くと、ちょっとした、目新しい道具、あるいは気のきいた小物という意味が出ている。まさに、このバインダーは、気の利いた目新しい道具である。ガジェットなのだ。Img_7844 これならば、一時地下の名店街に必ずあった、アイディア商品屋さんに並んでも不思議はないし、きっと売れることだろう。

Img_7864 ところが、この品の対極にあるのが、「役に立たない」ことをむしろ全面に出しているブースだ。これは、衒いが半分以上だと思われるが、やはり気恥ずかしさがあるのだと思われる。目利きであるためには、それが「ホンモノ」であることが必要である。役に立つもののホンモノはかなり現代では難しい。Img_7859 そこで、「役に立たない」と最初に言ってしまえば、「役に立たない」ことのホンモノについて目利きであればよいのだ。それならば、比較が必要でないから、それだけの価値を主張すればよいのだ。このブースは、意外に多かった。

Img_7833 これらのブースを見て回って、現代における「ホンモノ」とは何か、ということをほんとうに考えさせられた。Img_7868 このようなことを考える意味で、「紙一重」を展示する、このような展覧会?は、問題提起として、必要なのだと思ったところである。

Img_7834 Img_7847 Img_7850
Img_7857_2 Img_7871
Img_7873 Img_7861 Img_7869

続きを読む "雑貨あるいはガジェット" »

2014/09/24

昨日の散歩を振り返る

Img_7726 昨日は、G店の椅子に魅せられて、すっかり長居してしまった。G主催「椅子展」の最終日だったので、最後にあまり邪魔をしてもいけないと思い、お昼に退散した。ほんとうは椅子を購入したかったのだが、財布と相談すると、今回は見送って、もうすこし蓄えてから、購入しようということになった。楽しみは、残ってしまった。

Img_7748 中町通りを垂直に交差して、女鳥羽川をわたって、そのまま縄手から上土町へ入っていく。ホテルKの真ん前に、ブックカフェ「S」があって、先日夏に来たときには、定休日だった。それで、きょうはお邪魔することにした。Img_7749 窓際の席からは表通りに向かって、オープンテラスになっていて、秋の風が入ってくる。ここでは、さわやかなワンピースの女性が本を読んでいたので、場所を変えて、カウンターに近い奥のふたりがけの席を占めた。目の前が天井までずっと書棚が並んでいて、数時間いても飽きることがない。

Img_7750 ちょうど目の前の棚が、歴史と職人社会を特集した書棚で、鍛冶やたたらなどのおなじみの本が並んでいた。数冊抜き出して、ふむふむと拾い読みをはじめてしまった。木工関係の古本など2冊購入。店のマスターが途中から出勤してきて、松本民芸家具の池田三四郎の古本もありますよ、という。また今度来ようという気にさせる書棚群だった。

Img_7751 ここのランチは、スリランカ・カレーで、野菜サラダ付き。健康的な食事となった。数百メートル歩いたところに、松本城公園がある。イベントが常に行われている。それは昔から、そうなのだ。Img_7758 今から半世紀ほどまえ、ここで小学生の絵画コンクールが催されていて、自慢ではないが、参加してメダルをいただいたという古い記憶が蘇ってきた。

Img_7767 今日のイベントは、信州にあるクラフト・ビール数社と、県外のクラフト・ビール会社、そして松本市と提携関係にある米国のソルトレイクシティの会社が参加して、クラフト・ビール・フェアが開かれていた。Img_7761 ひところは、「地ビール」という地域性を強調する名前が使われていた。しかし、考えてみると、ワインならば、その土地で採れた葡萄が使われるから、「テロワール」が問題になるのだが、ビールやエールの場合には、とくに日本の場合には、Img_7770 地元の麦やホップあるいは発酵菌が使われるわけではないから、テロワールというような地域性はそれほどないのだ。Img_7765 だから、クラフトという言い方は、妥当で、小ロットで生産が行われているところに特色があるのだ。Img_7781 むしろ、小さな樽というのだろうか。

Img_7778 放送大学の学生の中にも、クラフトビールファンがいて、論文を書きたいと考えているらしい。楽しみなテーマだと思う。それで、信州ビールのいくつかの銘柄と、ソルトレイクシティの濃厚なビールを1杯。Img_7775 酔った目でみると、松本城もいつもより、気炎を上げているようにも見えてくるから不思議だ。

Img_7807 特急あずさに乗るまでに時間がたっぷりあったので、喫茶店ギャラリーの「L」へ行く。酸味の効いた好みのコーヒーを一杯。おまけに付いてきた、珍しい「橡の実」の「かりんとう」を賞味。それでも、Img_7797 やっぱりケーキが欲しくなって、カボチャのチーズケーキを頼んだが、売り切れだった。十分な距離を歩いた松本散歩を終えて、帰路についたのだった。


2014/09/23

S氏の椅子についての話

Img_7747 S氏の椅子について述べようと思う。他のものとそれほど変わるわけではない。人目を引くには、材質の色もそれほどでないし、構造に工夫があるようには見えなかった。それで、話を聞くのが後回しになってしまったところがある。他の椅子については面白い話を、ここまで1時間ほどたっぷりしていただいた。短くしてしまうには、もったいないので、このたっぷり感はまたの機会、たとえば2年後のテレビ放送まで、温めておこうと思う。ここでは、三つだけ取り上げたい。

Img_7649 つまり、帰る先たって、ご本人を目の前にして、他の人の作った椅子の話だけ聞くわけにはいかないだろう。それで、S氏が他の客と話をしている間に、ようやくS氏の椅子を見つけて、坐って待っていた。

Img_7650 にこにこして近寄ってきて、この椅子の来歴を話始めた。ひとつの注文がきっかけだった。注文主が陶器の絵付け師であった。それで、絵付け作業に合わせた椅子となったのだった。長時間の作業になること、腕が自由に動くこと、立ち上がる動作に合っていることなどなど、特別な制約を考えていくと、この形になったのだというのだ。(そういえば、町で見かける椅子の中にも、このように肘掛けや背もたれを低く作っている椅子が思ったより多い。)

Img_7655 まず、長時間作業を行うと疲れがたまり、前屈みになってしまうそうだ。それで後ろの背もたれに寄りかかるのだが、そのときに背面が固定されていると、疲れがとれないので、可動式にしたとのことで、この背面は角度が自由に変わるのだ。その変わり方も、通常の背面全体が動くのではなく、背中を延ばすように変わるところが珍しい。

Img_7651 絵付け作業の自由度を高めるということで、肘掛け部分があるにもかかわらず、極端に低く作ってあるのだ。これで、左右の手の動きを制約する事がないのだ。肘付き椅子であるにもかかわらず、肘掛け部分が低いということは、むしろ特色を減じてしまう可能性があると思われるのであるが、このような仕事・作業の性質によっては、むしろありえることなのだということを知った。

立ち上がりの工夫は、ちょっとしたことなのだが、それがあると無いとでは、やはり椅子としての役割が異なってきてしまうのではないかと思われるのだった。

二番目のエピソードは、興味深いものだった。この椅子展の中に、「アドルフ」と名付けられた椅子があった。なぜアドルフなのかは、S氏も作者から聞いてないとおっしゃっていた。でもヨーロッパの古典的なベンチを思わせるような、重厚で肉厚なフォルムをしていた。ベンチといえば、聞き忘れてきた椅子が、この店の1階の入ってすぐのところにあって、二つ繋げればベンチになるが、ひとつひとつでも、椅子になる椅子があって、これはこれで、ベンチとは何かについて、聞いておきたいところだったのだが、これも次の機会にしておきたい。アドルフに話を戻すと、実際のものは新作で、アイディアの凝縮したものなので、写真に撮ることは極力避けたが、イメージははっきりした椅子だった。いずれ、ちゃんと取材の機会を得てから、お目に掛けたいと考えているのだが、じつはアドルフの重量感は、実際にみてみなければ、その効用はわからないものだろう。

つまり、ひとりで坐る用に作られていながらも、ふたり以上のベンチのようなフォルムをもっているのだ。その工夫のひとつは、「たっぷり感」にあると思われる。お尻を受ける座面の回りにさらに二重に肉厚の縁が付いている。それから、背面の木も通常の厚さではなく、もりっとした感触があるのだった。

「椅子の集団性」というものがあるとすれば、それは実際に集団が輪になって坐ることができるから、集団性が存在するのだというように考えてしまうと、集団性のあり方を誤解することになる。集団性は、集団性がむしろ抜けたところで、それを補おうとして、過剰に発揮されてくるのだ。つまり、ひとりで坐っていながら、ふたり以上の想いを乗せて、その椅子はあるのだ。

椅子の原理には、じつは恐ろしいところがあって、芸術作品で描くことがなかったことが、鑑賞者によって補われて、その作品を高めることがあるように、生活芸術たる椅子にも、じつはそのようなことがあるのだと知った。

エピソードの3番目のものが、こちらが聞くともなしに、話を二重に向けたら、よどみなく、話が出てきたので、びっくりしたのだった。この椅子展の特色は、実際に、現物の椅子に腰掛けてみることができるという点にある。それで、ひとつの椅子のところで、「坐ってみてください」と言われたのだった。そして、「足を閉じるのでなく、投げ出すようにまえで構えるように坐ってください」、というのだった。

その椅子というのが、足のない椅子なのだ。土台があって、座面があって、背もたれがずっと伸びているだけの椅子なのだ。たとえば、CD立ての横に指していくタイプのものがあって、それにかなり似ている。だから、ちょっと不安定な椅子ではないか、と思ってしまうのだが、実際にすわってみるとかなり安定している。S氏が言うには、発想は「携帯用の椅子が可能か」、というところらしいが、そこから始まって、じつは足の無い、むしろ足が無いばかりか、坐っている人の足を、椅子の足として、利用してしまっている椅子だと言ってよいのだ。このために、通常の椅子には、足が3本から4本付いているところ、土台だけで椅子が成立してしまっている椅子となっている。これも、足りない機能が、むしろプラスに働いて、椅子の過剰性を生み出している。

坐るという用途が椅子の形を決定しているというのが、通常の椅子であるとすれば、人間が坐ってはじめて、椅子という現象がようやく成立するのが、この椅子の面白いところだと思われる。

椅子展は今日が最終日なので、S氏も余裕があって、話につき合ってくださったのだと思われる。話をしている間にも、10組くらいの鑑賞者の方々が訪れて、かなりの盛況さを表していたと思われる。2年後には、さらに面白い話を取材で集めて、もう一度S氏のインタビューも採って、番組を作りたいと考えている。そのときには、ぜひ今日取り上げた椅子も写真付きで紹介できることを願っている。


2014/09/22

散歩の足を延ばす

Img_7626 大町に来ている。といっても、田舎の家が文明の利器たる浄化槽を、四半世紀を隔てて、ようやく設置して、公共衛生に協力することになった。Img_7635 それで、今回は以前から家の面倒をみてもらっている、建築士のTさんにお世話になって、水廻りと暖房器具を一新したのだった。そして、説明会ぐらいは自分で出なくてはと思った次第だ。

Img_7683 手続きもすべてお任せしてやってもらっていたのだが、やはり最後は大町市役所の下水道課から説明会を行うので、出てきてほしい、との案内を受けて、出てきた。おそらく、車を持っている人にとっては、ちょっと遠出のドライブというところなのだが、車を運転しないわたしにとっては、ハイキング程度の散歩の延長というところなのかもしれない。

Img_7656 これまで20年以上、簡易な浄化槽で済ませてきた事自体、この地域であっても珍しいのではないかと思われる。それで、ようやく地域標準の生活を過ごせることになったのだと、たいへん喜んでいる次第である。

Img_7661 信濃大町駅に着いて、駅を出ると、ちょうどコミュニティバスが目の前に泊まって、市役所へこのままいくのだと言うことで、さっそく乗り込んだ。Img_7666 じつは朝が早かったので、まだ昼飯を食べていなかったのだ。駅前で、秋蕎麦でも食べようと考えていたのだが、タイミングの良いときには、それに便乗すべきだろうと、小さな運命に身を委ねた。

Img_7671_2 市役所の案内のかたが、早速食堂の場所を教えてくださったので、迷う事無く、定食のカツ丼をお願いする事にした。これが素晴らしいロケーションで、写真のように北アルプスがずっとそこにあり、今や黄金色の水田が輝いている、二方眺望の開けた食堂なのだ。

Img_7674 近くに建築士Tさんの事務所があるので、挨拶を済ませて歩いた。道なりにずっと続くコスモス畑が素晴らしかった。大町の町には高瀬川の花崗岩の砂が北アルプスの高い山から流れ込んでいるために、白っぽい地面が特色なのだ。Img_7677 東京へ出て、地面が関東ローム層で、赤黒かったのが不思議だったが、それは幼児体験のこの町が白い地面だったことの影響を受けているのだと思う。そして、コスモスはこの白い地面に合っている。9月のコスモス畑は懐かしい。


Img_7679 浄化槽の説明会は、得るところ多かった。というのは、じつは父の思い出につながったからだ。わたしが小学校時代に、祖父のやっていた林業の会社が潰れて、父も責任を取ることになった。それで、東京へ出てきて、出直しの最中に、父は参議院の選挙参謀などを引き受けたりしている中で、急に思い出したのだが、当時はまだ高度成長の最中だったので、珍しかったのだが、環境ビジネスを手伝う事になって、バイオの浄化槽を採算に乗せるという事もたしかやっていたのだった。Img_7680 半世紀も前の事だったので、すっかり忘れてしまっていたが、もし今でも続けていたら、採算ベースにきっちり乗ってきたと思われる。当時も、補助金がどのくらい出るかが問題だったという話を思い出した。

Img_7691 そして、半世紀ぶりに、この浄化槽となって、当時の環境ビジネスが発展しているのをみて、感慨深かった。Img_7696 プランクトンが多様で複雑に育成されているのをみるにつけ、都会で環境ビジネスを行おうと考えた父親の考えとは逆に、このように地域の集中浄水場のないところで、応用されているのが、何となく不思議な感覚を呼び起こしたのだった。

Img_7701 夕方5時ごろに、赤とんぼの中、温泉を浴びに行き、ゆっくり入って壜牛乳を飲んでいたら、すっかり帰り道が真っ暗闇になっていた。ずっと車道の先を伺うと、漆黒の中に道が消えてしまっているのがわかった。Img_7703 そういえば、熊情報が流れていて、今日は近くに出たとのことだった。

2014/09/21

修士OB研究会を茗荷谷にて開く

すっかりよい天気になってしまった。天気予報では、この連休中には、雨が降ることになっていて、いくつかの予定が鈍るのではないかと考えていたのだが、順調に進んでいく。

比較地域研究会の第9回の会合が、茗荷谷の東京文京学習センターで開かれ、OBの面々が集まった。テーマは、Y氏による「ピケッティ論」、S氏による「カントと原爆論」、そしてわたしの「賃金カーブ低下問題」といういつものように、多様な話題が並んだ。それぞれ1時間を超えて議論が続いたので、結局のところ、予定していた時間を大幅に超過してしまう。司会のH氏には、いつも負担を掛けてしまっている。あとの懇親会の準備で、もう一人の幹事M氏が先に会場へ向かったのだが、何時まで待っても、皆が到着しないので、すっかり痺れを切らしていた。

参加者のY氏から、わたしの主宰で「読書会」を行わないか、というお誘いがあり、それも良いな、と思ったのだが、じつは障害があって、現在東京渋谷で、授業としての読書会を行っているのだ。片方が有料で、もう片方は無料で行ったら、近くで開いているのだから、やはり無料のほうへ人は移ってしまい、有料のほうは立ち居か無くなるだろう。ここは、ちょっと考えなければならないだろう。全部無料にしてしまう、という手はあるし、むしろ今はわたしの負担がかなり多すぎるのだから、無料にすれば、参加者が活動してくれ、わたしも仕合せになるかもしれないのだ。

物事は、考え方次第かもしれない。もちろん、現在の東京渋谷の講義も、追加的に報酬が上乗せされているわけではないのだから、労働意欲を賃金が刺激する、という古典派的な経済学の論理で動いているわけではないのだが。

場所は、懇親会に移ってからもいろいろな議論が渦巻いた。M氏は重要な決断を行うそうだ。内容を言うわけにはいかないが、聞いていると、現在の日本の立っている位置が相当流動的になってきており、海外との結びつきが強くなりつつあることを実感する内容だった。そして、夜は更けていくのだが、まだまだ、コーヒーを飲んでいないことに気づき、駅前のコーナーを占めて、もうすこし話が進んだのだった。そのうち、M氏から報告が入るだろうと期待しているところだ。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。