« 川崎運河クルーズという審美主義 | トップページ | 試験監督の最終日 »

2014/07/31

パガニーニの天才性について

Img_6865 ニコロ・パガニーニのヴァイオリン超技巧を、どのように考えるか、ということは、音楽に興味のある人びとであれば、たいへん気になるところだ。ちょうど映画「パガニーニ」が封切られていて、映画に対する大方の不評にもかかわらず、これだけ観客を集めているのは、理由あることだと思われる。

Img_6888 あとで言うように、パガニーニのように四六時中見張られているわけではないが、わたしの場合、定期試験中に外へ出るのはなかなか難しい。試験監督に幾日かが取られるし、採点をつぎつぎに行わなければならない。通信制大学は、「規模の経済」性を最大限利用した教育システムだ、と言ってしまうと、無機的な感じがしてしまうのだが、「規模の経済」に頼れば頼るほど、そのプロセスの中でも、「規模の経済」に依存できないところに、却ってしわよせが出るのだ。記述式の採点がそれだ。授業は放送であるから、受講生を多く取ることができるが、採点はそうはいかない。まずは、非常勤で行っているK大の採点を、昨日一気に終わらせてしまって、今後押し寄せて来る放送大学の答案に備えた。

Img_6890 また、試験監督も手作業であって、人海戦術で成り立っている。一昨日は神奈川学習センターで監督を一日中務めたが、試験時特有の事故や摩擦がそれ相当にあって、センター所長をはじめとして、学習センターの職員の方々、アルバイトの横浜国大の大学院生のご苦労を拝見したところだった。数年前は、この渦中にあったのだが、と最近になってようやく距離をおいてみられるようになってきた。

Img_6862_4 それで、今日は試験期間中の、気分転換の日として設定していた。まずは虎ノ門へ出て、コンピュータ関係の会社へ伺い、委託研究の相談を行う。わたしが文科系であることもあり、内容がはっきりしない上に、方法も不確定であったため、相手の方々も質問の仕方がない、という顔をなさっていたのが印象的であった。契約をする上で、困った客のひとりであることは間違いないだろう。最初は、会社の会議室ではなく、近くに最近できた「虎ノ門ヒルズ(あちこちに「ヒルズ」ができて、この単体のビルでヒルズを称するのはいかがImg_6863 か、と思うのであるが、すでにブランド化している)」でどうか、と話したのだが、相談の内容からして、喫茶店で話すのが適当で、背広でネクタイを付けた、会社の会議室というのは場違いな感じがあったのだ。今日はとりあえず、話を聞いてもらう、ということで、早々に退散したのだ。

Img_6866 虎ノ門から千葉幕張へ出るが、映画案内を観ると、市内にある千葉劇場で、この映画「パガニーニ」が掛かっていたので、すぐその足で回った。パガニーニと、マネジメントを担当する「ウルバーニ」との人間関係が、今回の映画の最大の焦点だった。天才が生まれるには、魂を売り渡す相手がいるのだ。という天才神話が、今回の映画でも健在であった。天才を補佐し、マネジメント部門を一手に引き受けていたのが、興行師ウルバーニであったという設定で、のちにウルバーニと手を切って、彼を追い出し、パガニーニ自ら興行師になった途端に、「天才神話」が崩壊するという設定である。典型的な天才神話映画である。

Img_6881 これは有名な話だが、音楽の「実演」という職業は、言うまでもなく、労働集約的な仕事に属することになるので、通常であれば生産性の低い職業であり、赤字覚悟の職業であるという特性を持っている。けれども、「魂を悪魔に売り渡す」と、それが違ってくるのだ。薬物中毒、ギャンブル中毒、さらには女性遍歴などの俗っぽい描き方も然ることながら、いかなる実演の「売り方」が存在するのかが、この映画の見所だ。

そしてまた同時に、売り渡すことのできない「音楽の楽しみ」というものが、どのように描かれるのかももう一つの見所となっている。「売り渡すことができないものは何か」という、興味津々の場面も用意されている。たとえば、ロンドンのパブで、即興演奏する場面があるが、このようなところでのパガニーニ、さらには彼を演じている現代のギャレットも、クラシックな演奏以上の演奏をみせている。

Img_6871 三つ目の気分転換は、千葉市美術館の会員として、開催されている浮世絵の展覧会を回った。浮世絵であっても、子どもの描写に焦点を当てたものだ。学習塾の大手が買い集めていた江戸期の子どもの浮世絵だ。寺子屋などを描いたものも多く展示されていて、江戸時代の日本の識字率が高かったことを見事に描いていて、「実証」というのは、このことを言うのだと言いたいくらいだった。観ていて、歌麿と英泉の対比が面白かった。歌麿の子どもは、「美人」を引き立てる役割を持っていたことは確かだが、英泉の子どもではどちらかと言えば、日常の子どもそれ自体が描かれている。このことは、歌麿の描く女性はうなじが強調されているのだが、英泉の描く女性にはうなじがまったく現れないところの対比に現れている。美人の象徴である、首の長い、襟足のきれいな女性というのは、歌麿の観念であって、英泉にはまったく通用しないのだ。

Img_6875 などと生半可な考えを巡らせているうちに、時間が来てしまった。来週には、諏訪での面接授業があり、さらに田舎での生活がある。その準備として、コーヒーを調達しなければならない。Img_6885 選定のために、アフリカ産とインドネシア産の豆を買い込み、さらに安ワインを1本追加して、家路に着いた。

« 川崎運河クルーズという審美主義 | トップページ | 試験監督の最終日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/60238933

この記事へのトラックバック一覧です: パガニーニの天才性について:

« 川崎運河クルーズという審美主義 | トップページ | 試験監督の最終日 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。