« 横濱の港にある「衰退」の可能性 | トップページ | 衰退にこだわるようだけれど »

2014/04/30

家族崩壊の物語

Img_5520 映画が終わって、階段を降りていく最中に、前のふたり連れが映画のなかで、男優のユアン・マクレガーが出ていたようだけれど、誰だかわからなかったと、おしゃべりしていた。そういえば、いつもは金髪の欧州貴族然としている役なのだが、今回は南部アメリカのインテリ役で、ちょっとイメージが異なっていた。個人の表の役割よりも、その裏のことが中心に描かれていた映画だった。

家族崩壊の物語である。家族崩壊の原因には、いくつかのパターンのあることが知られているが、企業組織と同じように、個人が組織に耐えきれなくなって、規則を侵すことで家族が崩壊に至るというのであれば、それほどわからない物語ではない。けれども、やはり家族は、企業と違って、たとえ表の規則を破ろうとも、家族の中では、このような狂気は許されるところがあり、表立った規則を破ろうとも、許されてしまう場面が存在する。そもそも、家族とはそういうものである。だからこそ、家族崩壊は必然となる。

幕張からの帰り道、有楽町で降りて、名優たち総出演の映画「八月の家族たち」を観る。母と子を巡る家族崩壊の物語である。最初の進行は、夫が死に、ドラッグに溺れ、娘たちの言うことを聞かない母が、勝手放題を行う。それで、母と子の関係にヒビが入っていくという関係が描かれる。もしこれだけならば、家族崩壊の「かの字」の段階の崩壊模様だ。ここでもう一枚めくった事情が現れてくる。これが、本当に耐えられないもの、として現れてくるにしたがって、最終崩壊場面が描かれることになる。

映画の始まりは、T.S.エリオットの詩「うつろな人間」に出てくる「人生はかなり長い」ということばである。家族の結ぶ人間関係は、短期間でどうにかなる問題ではなく、人生の長きに渡って形成されるもので、それぞれの態度にはそれ相当の理由が隠されている。だから、時には現実でどうにもならなかったり、時には可能性としてどうにかなったりして、その間に長い間あって、どうしても避けられないものとして、本人たちが自覚しなくとも起こってしまうことがあるのだ。

Img_5525 前半には、ベテラン女優のメリル・ストリープと、ジュリア・ロバーツの激しい掛け合いがあり、言葉と暴力のバトルで目を奪われ、どうしても西洋的な言語戦争に目が行ってしまう。けれども、この映画の本質は、このような現実以上に、「長い人生」のなかでの静かな出来事に真実のあることが明らかにされてしまう。最後に残るのは、残酷な現実なのだが、なぜ家族が崩壊しなければならないのかを、妥協なしに納得させられるのだった。

小津安二郎の映画「東京物語」で、原節子が笠智衆を前にして、なぜ再婚しないのかについて尋ねられるのだが、「わたしずるいんです」という有名な言葉をそこで発する。なぜか、この言葉を思い出してしまった。家族の中に残っていれば、どうしようもなく、家族崩壊を招いてしまう、という逆説的な真理が存在し、社会心理状況として、そのことが現れたときに、家族崩壊が起こってしまうのだ。

Img_5522 階段を降り切って、映画の出演者を掲げたポスターの前で、この複雑な家族関係の系図を確認し合っている、女性たちがいた。さて、誰が誰の夫であり、誰の妻なのか。それが問題だ。

« 横濱の港にある「衰退」の可能性 | トップページ | 衰退にこだわるようだけれど »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/59601012

この記事へのトラックバック一覧です: 家族崩壊の物語:

« 横濱の港にある「衰退」の可能性 | トップページ | 衰退にこだわるようだけれど »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。