« 千葉さや堂ホールでバッハのモテットを聴く | トップページ | カネが媒介する人生について »

2014/02/16

大阪学習センターで博士課程の説明会を行なった

0216 ワンデイパックという便利なJRきっぷがあって、日帰りの出張に最適なのだ。ちょっと長距離の散歩シリーズも、これだけ原稿締め切りが重なってくると、理由が必要となる。今回は、たった8分喋るだけ、それだけで良いというたいへん楽な出張だったので、原稿から気分転換するに十分な理由と、それに長距離散歩付きというので、全く断る理由がなかった。

0216_2 早朝にもかかわらず、すぐに目が覚め、新幹線に飛び乗った。とはいえ、気になる原稿なので、言い訳がましく新幹線の中でも、原稿を書く。すると、気分転換の効果は目覚ましく、アイディアも次から次へと出て来るのだった、といけば良いなと思うのだった。それで、おそらく書き留めておけばその後、きっと役に立ったであろうことも、やはり電車のなかで0216_3 は、限度があって、思いついたことも、見事に費消されてしまい、電車を降りるころには、忘却のかなたなのだった。それでも、家にいて、暖房の前で原稿を広げて、居眠りするよりは頭の体操としてよほど良いと思われる。

出張の用事までにかなりの時間を残して、大阪に着いてしまった。それで、散歩を先にして、出張の仕事を後回しにすることにした。0216_4 今回のJRパックには、豪勢なランチがついている。どのくらい豪勢かといえば、通常のランチの値段の2.5倍くらいなのだ。手の届く贅沢というところが肝心なのだ。早速新幹線から大阪環状線に乗り換えて、桜の宮で下車する。ここから、川沿いに5分ほど歩くと、Tホテルへ着いた。正面玄関から入らずに、川の散歩道から入れるようになっているところが、たいへん洒落ていると思う。

0216_5 順調に二階にあるレストランへ着いたのだが、まだランチの時間になっておらず、ゆったりしたランチとなった。流石に、インフラがしっかりしていて、高級ホテルにもかかわらず、わたしのようカジュアルな客も、取り入れていて、この辺は商売の上手さを十分感じさせたのだ。高級ブランドがペイするのは、高級な部分なのではなく、むしろ高級ブランドの下を狙う層を惹きつけたときなのだ。わたしのクラスがたびたび訪れるような工夫がなされていると、栄えますよ。

0216_6 子牛のフリッカがメインディッシュで、サラダとデザートが付いて、申し分ない昼食だった。このホテルの並びには、二回ほどテレビ取材でお世話になった、大阪造幣局跡があって、それを見ながら、十分な歩きを楽しんだ。このところ出かける度ごとに、雨か雪に降られていたので、昨日までの雪が残ってしまうのではないかと思ったのだが、珍しく快晴で川沿いの散歩道にも多くのランナーや散歩者が溢れていた。天満橋まで、たっぷり歩いたのだが、川の幅と言い、見通しの良さと言い、これもまた、散歩するものの心をスッキリさせるゆったりさを醸し出している。

0216_7 ちょっと前を、赤いアノラックを着て、散歩バックを背負った中年の男性が歩いていたが、わたしもあの様に、目的なしに歩いているように見えるのかもしれない。そして、家族ずれには、どのように映るのだろうか。日曜日の散歩には、最適な道筋なのだと思った。この桜並木に花がつく頃には、この川沿いの道は、きっと人で溢れかえることだろう。

 

0216_8 大阪学習センターのある天王寺へは、谷町線で一本だった。途中、喫茶店を探したのだが、以前行ったところも日曜日で、閉じていた。それで、直ちに大阪学習センターへ0216_9 向かって、散歩を休止して、仕事に専念することにした。でも、さっき述べたように、たった8分なのでは、仕事をした気分には到底ならなかった。

« 千葉さや堂ホールでバッハのモテットを聴く | トップページ | カネが媒介する人生について »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/59260555

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪学習センターで博士課程の説明会を行なった:

« 千葉さや堂ホールでバッハのモテットを聴く | トップページ | カネが媒介する人生について »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。