« 武雄温泉にたっぷり入る | トップページ | 二十年ぶりのビュウビュウ大雪 »

2014/01/29

なぜ「七人の小人」は白雪姫に協力したのか?

Photo 昔から理不尽だと思っていた話に、グリム童話集の「白雪姫」伝説がある。誰もが記憶にあるのは、たとえばディズニー版の白雪姫で、最後に白い馬に乗った王子様が現れて、白雪姫をキスによって蘇らせ、小人たちから白雪姫を奪っていってしまうというものだ。小人たちがこれほど白雪姫の窮地を救って尽くしたのに、なぜ最後に報われないで、王子に仕合せを横取りされてしまうのか、という疑問である。

Photo_2 今、放送大学のラジオ授業科目で、「なぜ人びとは協力するのか」というテーマの授業を作っているのだが、その中で、逸話を題材とした協力モデルをいくつか紹介している。その中でも、「白雪姫モデル」はもっとも有力な協力モデルのひとつだと紹介している。紹介した時点では、もうテキストをすでに書き上げていて、内容が確定してしまっていたので、すでに一年前の構想になってしまって、この上記の疑問に答えることはできなかったのだが、今回じっくりと考える機会が巡って来たのだ。

Photo_3 昨日、千葉市中央区にある千葉劇場でかかっている映画「ブランカニエベス(白雪姫)」を見ているうちに、ようやく釈然としないままだった理由がわかって来たのだ。映画自体は、1930年代のスペインの闘牛士を題材としているので、グリム童話の白雪姫とは別物だという方もいるかもしれないが、しかしやはり、白雪姫解釈の最右翼的な解釈を披露していて、たいへん興味深かった。監督の意図がどの辺りにあったのかは、わからないけれども、十分に上記の「七人の小人」伝説の理不尽さに対して、ひとつの解答を与えている。

(見逃している人で、近くに住んでいる人は、「直ちに映画館へ走れ」的な、お勧めの一品であるとわたしは思う。)

白雪姫のグリム童話原典によれば、白雪姫と小人たちとの交流が核心のひとつにあると考えることができる。なぜ小人たちが見ず知らずの白雪姫を助けようとしたのか。小人たちの利他主義が根本にあるという解釈が、まずは成り立つと思われる。命を狙われている白雪姫を可哀想だと思ったから、助けたのだ。しかしながら、リアリズムを根本思想に持つグリム童話が純粋な利他主義だけで、白雪姫と小人たちの関係を描いたという解釈には、隔たりを覚えるだろう。

昔からあるもう一つの解釈は、利己主義的な解釈であり、小人たちの料理や炊事・洗濯を行って、小人たちの仕事を支えてあげているから、自分に利益があるから、白雪姫を助けたのだ、という解釈である。近代主義的な解釈で、ディズニー版もこの解釈で成り立っていたと思われる。家族は運命共同体ではなく、近代的な経営として運営されているのだ。

ところが、今回の映画では、第3の視点が呼び込まれていて、極めて現代的な解釈になっている。白雪姫は自分たちの「闘牛士ビジネス」のパートナーとして、一緒に仕事を行う仲間として、描いている。今日の女性像を反映している。たとえば、今回の映画では、小人たちは6人なのだが、白雪姫が入ることによって、「7人の小人」が成立していると考えられているのだ。そして、さらにビジネスであるからには、内部に対立者がいても不思議ではない。利他主義や利己主義解釈では得られることがなかった、内部の対立者として、小人たちのリーダーと白雪姫が対立する、という新しいエピソードまで挿入することができている。

さて、最後に残る問題は、最初に述べたようにこの映画が、王子にさらわれてしまう物語ではなく、小人たちのもとに止まる白雪姫の物語として、グリム童話と整合性を取った上で成り立つ可能性があるのか、という点である。ここには、一つの工夫があって、それは見てのお楽しみということになるのだが、わたしのみるところ、アルモドバル監督の映画「トーク・ツー・ハー」の系譜につながる工夫ではないか、と考えている。しかしそこまで、考えたうえで、なおかつ、グリム童話の持つ理不尽さが完全に消えたかといえば、必ずしもそういう訳ではないのだ。(ここも言いたいところだが、それを言ったら、映画の全部を言ってしまうことになるだろう。)それほど、グリム童話集の奥が深く、不条理に満ちた世界が展開されているということだ、と今更ながら思うのだった。

« 武雄温泉にたっぷり入る | トップページ | 二十年ぶりのビュウビュウ大雪 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/59260389

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ「七人の小人」は白雪姫に協力したのか?:

« 武雄温泉にたっぷり入る | トップページ | 二十年ぶりのビュウビュウ大雪 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。