« ほんものとは何か(映画:The Best Offer) | トップページ | いつもながらのお正月 »

2013/12/31

今年も、大晦日に仕事納め

Photo 今年も大晦日に、仕事納めだ。毎年のことながら、不徳の致すところだと反省している。二枚目の写真に映っているのは、通信問題の添削だ。放送大学らしい仕事で、学生ひとりひとりと向き合う、ほとんど唯一のコミュニケーションなのだ。いろいろと仕事は残しているものの、中でも残してはいけないものが、毎年あって、それを特別に三日間研究室に閉じこもって、片付けることにしている。

Photo_2 これも恒例となった、「出張中に添削仕事」をここ数日行って来た。12月には、卒業研究などの審査や、面接授業の出張などがあって、そのたびにここに集まった通信問題を抱えて、飛び回って来ている。(通常は、答案を持って出張、などと言うのは紛失のリスクがあるので、禁止されているのだが、実際に時間が足らなくなるので、事実上解禁されているのだ。)

だから、この写真に映っている通信問題の数十枚は、先日の鹿児島旅行にわたしと一緒に行った。返却された答案を受け取った学生の方々に、もしかしたら、鹿児島の香りが付着した、その答案が届くかもしれない。かるかんや、珈琲の香りも着いているかもしれない。複雑な香りに変質しているかもしれないが、楽しんでもらえればありがたいと、勝手に思っている。

今年も無事、夜になる前に、何とか終えることができた。守衛さんに挨拶をして、幕張本部の正面玄関を出て振り返ると、例年通り、まだ明かりの付いている研究室がいくつかあった。おかげさまで、今年もこれで仕事を終えることが出来た。この研究室では、今年もいろいろなドラマがあった。来年もよろしくと研究室に願ったが、もちろん部屋の声は、何も答えてくれなかった。

読んでくださる方々に対して、今年一年間のお礼と来年当初のご挨拶を致したいと思う。来年も、皆様の健康を心から願っております。

« ほんものとは何か(映画:The Best Offer) | トップページ | いつもながらのお正月 »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/58859217

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も、大晦日に仕事納め:

« ほんものとは何か(映画:The Best Offer) | トップページ | いつもながらのお正月 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。