« 六月燈の三姉妹 | トップページ | ほんものとは何か(映画:The Best Offer) »

2013/12/26

久しぶりの吉祥寺を歩く

久しぶりに吉祥寺へ出る。ラジオ授業番組のインタビューも今年最後の収録を迎えようとしている。ようやく後半に入り、そろそろ諦めるべきは諦めて、できる処だけ回ろうという転換点に来ている。すでにロケ先も10カ所くらいにのぼっている。

Photo 夕方の約束だったので、十分な時間があった。昔、妻と良く通った喫茶店が、まだあるかな、などと散歩して回る。じつは大学院生時代に井之頭線の三鷹台に住んでいて、玉川上水に沿って井之頭公園へでる散歩コースをいつも取っていた。

公園からの出口というか、入り口に、有名な喫茶店Mがあったのだが、店主が亡くなってからさびれてしまい、閉じてしまっていた。場所は、散歩コースの終わりにあり休むには最適だったが、ほんとうに惜しい気がする。今日、行ってみるとおしゃれな紅茶屋さんになっていた。雰囲気がまったく異なっているのを横目に見ながら、お正月にお菓子と一緒に飲むように、秋摘みのダージリンを購入した。

Photo_2 駅前に戻って、今日はまだ珈琲を飲んでない事に気づき、老舗で静かな喫茶店「Y」へ入る。客は少なく、静かな話し声が響くだけで、落ち着いて日記を書くのに最適な店だ。

ふと床を見ると、たぶん木製の床なのだろうけれど、適度に歪んでいて、節々がまくれ上がって年季が入っていることがわかるのだ。自分でも感心するのだが、最近は歳を取ったせいか、こんな些細なことにも感動してしまうのだ。ただ古いのであれば、あまり注目しないのだが、この床の場合には、少なくとも毎日数百人のひとがその上を通っているのだと考えると、この床の重要性というか当たり前性がわかってくるのだ。見ていて、困っているのじゃないかと思われるのは、通りに面した新しい床と段差が生じてしまっていることだ。喫茶店のことだから、わたしが気にする事もないのだが、やはり気になってしまう。いつかの時点では、このギャップを解消することになるのだろうか。

Photo_3 井之頭公園を辿って、ジブリの美術館を通り過ぎたところに、今日のインタビュー先の「T」がある。一階が木造りのショールームになっていて、O 氏はほかの客と打ち合わせを行っていた。何だか、先客を追い出した感じになってしまって、申し訳なかった。大きなテーブルを占拠して、録音のTさんに準備をしていただく。

O いつもインタビューで楽しみなのは、「他者」を感ずることが必ずあるということだ。今日のひとつのテーマがここにある。実際のところ、これがなければ、インタビューをする意味もないのだが。今日の質問内容は、とくに誰でも答えられるということでなく、どんな人に頼んでも断られそうな質問満載のインタビューなのだ。来年のことなので、今言ってしまうことが出来ないのが残念なくらいだ。遠目に写真に入っていただけたのが、今日のインタビュー相手のT代表のO氏だ。若くして、この複雑な社会に、地味ではあるが、果敢に挑んでいる。このインタビューもお勧めの授業になると思う。

Photo_4 せっかく、吉祥寺にまできたので、美味しいものでも食べたいと思ったのだが、人混みに押されて、心ならずもすでに、井之頭線に乗ってしまった。この頃までに、小雨も降り出して、このしとしととした雨音が年末の空にあっているなと思ったのだ。それで渋谷を過ぎると、気が緩んでしまった。寄り道をして、本屋に駆け込んでしばし雨宿りをすることにした。Photo_5 社会科学の棚が他の分野より冊数が少なく見えたが、それでも結構見逃していた何冊の本を見つけ、ざっと目を通しているうちに、雨の音がもっと激しくなって来てしまった。趣味の棚に移って、もう一時間ほど時間をつぶして、家路に着くことにした。

« 六月燈の三姉妹 | トップページ | ほんものとは何か(映画:The Best Offer) »

仕事と趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/58858436

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの吉祥寺を歩く:

« 六月燈の三姉妹 | トップページ | ほんものとは何か(映画:The Best Offer) »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。