« 「横濱」の遊歩に積まれたもの | トップページ | 新たな二つのこと »

2013/10/20

遠出の日曜日散歩

1020 日曜日の散歩というには、少々遠出だった。先週もぞくぞく送られてくる卒研と修士の論文を読んだり、自分の論文も造ったり(こちらはぞくぞくというわけに行かないが)していて、実際外に出たのは、試験採点のためと、ゼミのためだけで、あとは目をしょぼしょぼさせながら、小さな文字を追っていたのだ。当然のように運動不足は明らかで、最近は足がむくんで来ていて、夕方には体操をしなければ治まらない状態だ。身体のほうは、それでも何とかなるのだが、頭の酸欠状態は避けられない。

1020_24 この運動不足を解消すべく、朝あずさ号に乗って、松本散歩を目指した。あいにく、空は曇り模様から雨模様になってきてしまった。まだまだ、信州も涼しいという感覚だったので、雨の散歩も素敵だろうと楽観的に思うことにした。

1020_3 じつは、散歩ともうひとつ目的があった。今、松本の「あがたの森」公園で開催されている「クラフトピクニック」を見ておきたいと思っていたのだ。クラフトピクニックは、工芸中心のワークショップのお祭りだ。木工などの工芸家たちが説明をしながら、催しを行っているというのだ。1020_25 といっても、あまりイメージが湧かなかったので、5月に開かれている有名な「クラフトフェア松本」とどう違うのか、というところを知りたかったのだ。

1020_4 駅前で夏に入ったイタリアンの店で、今度はパスタランチで腹ごしらえ。信州産のキノコがたくさん使われていて、素材の味が活かされたパスタだった。前菜として出て来たインゲンもパリパリしていて、とても新鮮だったし、1020_5 タマネギとジャガイモのスープも野菜の国に来たという感覚を呼び起こしてくれて良かった。ランチを楽しみに来た訳ではなかったが、頭の中が洗われて、運動不足も野菜を食べれば、解消されるような気になったのだ。いつもの東回りミニバス乗って会場へ直行する。1020_6 バスの中には、草間弥生さんデザインの赤い水玉のポスターが貼ってあって、表に現れるもの(水玉の世界)と、裏で動いているもの(人間の世界)との相剋が描かれていた。ちょっとしたアイディアだが、いつもながら、人の気を誘う。

1020_7 バスに一緒に乗った年配の婦人が、バスのなかで、どのバス停で降りたら、クラフトピクニック会場へ一番近いのかと運転手に訊いていたが、1020_26 わからなかったらしく、 運転手が声を張り上げて、乗客に呼びかけていた。道を訊くというのも、ピクニックの一部だと思いたい。

1020_8 公園には、テントが何十張りも出ていて、それぞれ工芸の実演が行われていたり、参加者の体験実習が行われていたりして、一回りぐるっと回るだけでも数時間かかってしまう。雨の中でも、こんなに混んでいるのだから、晴れたらもとたいへんな人出になっていただろう。気がついたのは、子1020_27 ども連れが多いということだ。体験して交流するという学習方法は、学校で行っているので、今の若い世代の人びとをすぐに活気づける。木工のおもちゃ制作のワークショップでは、とくに子どもの姿が目立った。

1020_10 わたしも子ども時代に帰ったつもりで、すこし長時間のおしゃべりを楽しんだ。二つのテントに入って、話を聴いた。ひとつは、下諏訪にある織物のA工房のテントで、夫婦で来ていた方々だ。実物を見ていても、制作者本人が目の前にいて、その織物の説明をしてくれるだけで、その織物が急に親しみを帯びて、目の前に改めて表れるのだった。基本は、経糸と緯糸で、経糸は一貫したいわば背骨を構成して、緯糸でバリエーションを構成する、1020_11 と説明されただけで、目の前にある布が別物に見えてくるから不思議なものである。なぜ織物のグラデーションが構成できるのがわかって、目の前に織物に生命が吹き込まれていくのを見ることが出来る。1020_12 このかたは、会社にずっと所属して織っていたが、かなり年を取ってから独立したらしい。会社で覚えた織り方から、かなり自由に織ることができるのだそうだが、それでも、記憶の遺産の重要さを語ってくださった。1020_13 その方が特集された新聞記事の切り抜きをいただいた。

1020_15 二番目に入ったテントは、女性の革工芸の方のところだ。フクロウを30分で造ることができる、というので加えてもらった。道具の紹介から、使い方、手順と進むに連れて、1020_16 ぐっと集中力が増して来て、ハンマーを持つ手も力を抜いて軽やかに打てるようになった。短い時間だとはいえ、数分かの職人時間を体験した思いだ。毎日、数時間パソコンを打つのではなく、ハンマーを打つのも悪くない。小道具の名前をそれぞれ教えてもらったのだが、にわか勉強だったこともあって、ずっと記憶に止めておくことはできない。 刻印の工程、カスミの工程などそれぞれの工程を無事クリアして、写真のとおりの出来上がりとなった。1020_21 とうぶん、わたしの鞄のキーホールダーにぶら下がっていることだろう。

1020_19 この革職人のかたは、何と注文は取らないとのことだった。自分の造りたい物を造るには、それだけの時間が必要なのだそうだ。そうだとはいえ、それで生活ができるのだろうか、とは到底聴くことは出来なかったのだが。

1020_22 帰り道は、小学校時代に遊び回った小径を選んだ。その昔、きれいに揃って建っていた土蔵群が見る影もなく、朽ちているのを見るのは辛い。けれども、逆に見るならば、よくぞ、これまで残っていたな、というところだろうか。1020_23 すでに高校時代に雷事故で亡くなった友人の家の前を通って、さらに住んでいた家のまえを経由して、途中中町通りなどで道草を食いながら、ぶらぶらと駅へ出た。過去の記憶を辿るのも、立派な散歩のメニューなのだと思う。

« 「横濱」の遊歩に積まれたもの | トップページ | 新たな二つのこと »

日常生活の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/58593424

この記事へのトラックバック一覧です: 遠出の日曜日散歩:

« 「横濱」の遊歩に積まれたもの | トップページ | 新たな二つのこと »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。