« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月に作成された投稿

2013/09/27

ゴルトベルク変奏曲と是枝映画の解釈

0927 秋になって、映画の季節が巡ってきた。カンヌ映画祭で賞を取った是枝監督の「そして、父になる」を観にいく。このところ、忙しかったこともあるが、映画界は不作続きで、いくつか見てはいたのだが、これはというものに巡り合うことはなかった。

偶然にそのような映画に巡り会えればいのだが、そこまで現代社会は暇ではない。次々に送り込んでくるものにもやはり限界があって、なかなか見事な作品に遭遇することはなかった。

この作品については、賞を取ったこともあって、関心を寄せる人が多くて、新聞にもいろいろな批評が出ているので、ここでさらに上塗りしても何も面白くないだろう。それで、今回は音楽に注目することにした。

バッハのゴルトベルク変奏曲には、こんな聴き方があったのか、と思ってしまった。変奏曲だからして、様々なシチュエーションを想定して作られたとは思われるのだが、それにしても、これほどの含意を包み込んでしまうとは思わなかったのだ。実際、映画の中でもG.グールドの演奏が使われているから、わたしはこの演奏を何回も聴いているはずなのだが、状況によって現れ方がずいぶんと異なるのだ。

3回、映画の中で使われている。それぞれまったく異なるシーンであり、感情移入の内容も異なるはずのシーンなのに、同じ曲がそれぞれにピッタリ合ってしまっている。

最初に流れた時、こんなに暗いシーンで、ゴルトベルクが流れるのか、と思った。もっとも、かなりゆっくりと演奏しているバージョンのほうだったのだが、それでも、こんなにこの場面に合うとは思わなかった。監督本人がこの曲が好きであることは想像できるのだが、それだからと言って、使おうということにすぐなるのだろうか。実験的にまずは流してみようということになったのだろうか。これは、まずは成功したと言える。本当に暗い曲をそのまま暗い場面でかけてしまったら、それこそセンスを疑われてしまうだろうから、ほどほどの雰囲気の伴奏があれば、それで良いのだ。

問題は二番目である。場面が展開して、少し明るい雰囲気に転換する時に、またしてもこのゴルトベルクがかかるのだ。これが、またピッタリくるのだから、不思議なのだ。つまり、後から考えれば分かることなのだが、じつはゴルトベルク変奏曲自体が二面性、というよりも多面性を持っているということなのだ。だから、このことがわかるのだ。それで、どちらのシーンでも合ってしまう。

でも、このようなことは、つねに自分の映像と、音楽の関係を試したことのある人にしかわからないことだと思われる。この両面性に気付くのは、どのような状況で決定されたのか、興味津々なのだが、どなたか評論家の方が是枝監督に聞いてくれないだろうか。手紙を書いてでも、現在知りたいことのひとつなのだ。

そして極めつけは、3番目のゴルトベルクが流れるところだ。ここに、映画の山場を持って来ていて、観客全員の映画に対する「共感」を狙っていることが、この音楽を通して、十分に伝わってくるのだ。

簡単にいえば、主人公の野々宮良多は、近代社会を象徴するエリート社員であるのだが、これを反省する場面なのだ。ここに至る映画全体の累積が、一気に感情として吹き出してくる。近代批判と言ってしまったら身も蓋もないのだが、それでもこの近代社会からどうしてもはみ出さざるを得ない部分があって、それと寄り添って生きていくにはどうしたらよいのか、と問うている。頭で考えれば、この場面でなぜゴルトベルクなのか、ということになるのだが、ここもやはり合っているとしか、言いようがないのだ。ちょっと状況は異なるけれども、自分の経験と重ね合わせてほんとうに泣けるシーンなのだ。

ということで、この映画を暗々裏に、「ゴルトベルク映画」と名付け、ゴルトベルクの新解釈をなし得た映画の称号を与えることにしようと、0927_3 わたしは勝手に考えている。これまでもゴルトベルク変奏曲を使った映画は数々あるが、それでもこの多面性を正当に表した映画ははじめてなのではないだろうか。このような遊びの存在しない映画は、ほんとうの映画じゃないのだと、言ってもよいだろう、とハンバーガーを頬張りながら考えたのだ。

2013/09/20

何度目かの、「原稿をドン」なのだ

このところ、「ひとつの仕事」をずっとやり続けたようでもあり、その割には、他のいくつかの仕事を同時に「次から次への仕事」としてこなしたようでもある。「ひとつの仕事」は、来年度のテキストなのだが、そろそろ再校が終了し、編集者の前へドンと原稿を置かなければならない時期に来ている。それから、「次から次の仕事」とは、この時期の学生たちの卒論・修論・修士OBなどの論文がそろそろ仕上がりの時期を迎え、全部で20~30本がかかっているものへの助言である。最後まで読んで実際に添削したのは、まだ今年度は10本くらいだが、それでも佳境をむかえていることは確かだ。これからは、2日に1本の割合で添削を行わなければならないだろう。

0911 それで今日は、前者の「ひとつの仕事」の方で、何度目かの「原稿をドンと置く」日を迎えている。実をいえば、このタイミングはほぼ3週間前に予定していた。田舎から帰ったらすぐに編集者のNさんへ連絡をとって、いつもの喫茶店で会って、次の週には必ず渡すからと言い続けて、毎週会っていたのだが、結局それが果たせずに今週を迎えている。夏休みの不測の事態が生じたことが遅れの最大の原因なのだが、もうひとつは編集の過程で、他の先生がたに読んでいただくという制度が放送大学のなかで出来たために、その過程をこなすことで汲々としてしまったことがある。その先生方へも夏休み中にかなりの負担をかけてしまったのではないだろうか。

0911_3 編集者の方と、神楽坂で待ち合わせなので、今回も娘を呼び出して、昼食を取ることにする。日差しが強いので、待ち合わせた坂道が重なる道にあっても、避ける日陰はあまりない。そこで、ようやく電信柱の影で小休止するぐらいだ。

0911_4 娘の案内で神楽坂界隈を歩いていると、珍しいものに出会う。ちょっと引っ込んだ民家の影にあるような器屋さんがあったり、その小径には蝉の抜け殻がそのまま残っていたりする。そんな取り残された街には、これもまた取り残されたようにして、小説家の住まいがあったりするの

0911_5

だ。尾崎紅葉邸を見つけた。


ランチはイタリアンで、女性ばかりが客の店に滑り込む。サービスの良さが女性客を引きつけるの0911_6 だろうか。いつも満員だ。その後、ようやく編集者Nさんと待ち合わせた喫茶店へ駆けつける。これまで、いつも期待を裏切られた席には座っていなかった。今日は、すべての原稿を渡すことができたのだった。K喫茶店の手彫りの看板が洒落ているのだが、表と裏とがことなる肖像が描かれている。女性像のほうの顔が笑って見えた。

0911_7 帰りに気分が良くなったので、その近くにあるGコーヒー豆屋さんへよって、コスタリカ産のコーヒー豆を買う。豆と店のコーヒー豆が異なることを告げられたので、香りを十分に吸い込んでから店を出る。0911_8 この界隈は、新しい店が次から次へ建っている。また、美味しいものを作ることを目指したような店が、改装されつつあった。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。