« 試験監督という面白い?出来事 | トップページ | 長野学習センターでの面接授業 »

2013/08/04

採点は楽しい

0802_2 今日は大学の単位認定試験期間が終わって、学習センターも閉じている。例年であれば、神奈川学習センターの一部屋か、二部屋を借り切って、1日中採点に没頭するのであるが、今年は周期の巡り合わせが悪く、残念ながらこの1日だけ、休館である。

0802_3 それで、いつもお願いしているF先生に頼んで、K大学で採点を行うことにする。K大学はすでに試験期間が終わっており、わたしも先日K大学分の採点が済んで、すでに夏休みに入っており、さらに今日は日曜日ということもあって、構内は閑散としている。運動サークルの部員か、あるいは夏休みの模試を受けに来ている予備校の高校生が時折行き交うだけだ。

ちょうど夏休みに読むための専門書をK大図書館から借りる予定になっていたので、午前中は早めに着いて、これも学生がまばらな図書館の書庫を物色してまわった。結局、制限一杯の50冊のうち、すでに35冊位をすでに借りていたので、今回は15冊ほど選んだ。楽しい読み物も、すこしは入れたが、やはり中心は来年度の教科書を書くために選んだもので、新刊書の多い選定となってしまった。大きめのリュックがずっしりと感じ、帆布がピンと張った。

0804 気温が上がって来ているが、木陰が涼しかったので、先日の京都からの福井旅行以来、機会ある毎に購入している「カツサンド」を頬張る。関西系のパン屋さんでは、これが関東県でも定番になりつつある。それで、肉もほんとうに柔らかく、中核のところだけを使っていて、すこし贅沢な感じが客に受けているのだと思われる。

0804_3 さて、最初は、学生が少なくて空いているので、附属図書館で採点をしようと考えていたのだが、F先生が新館の講師室を都合してくださったので、すぐにそちらへ移動して、さっそく採点に集中する。とはいえ、毎年のごとく、雑談を始めると、そちらのほうに没頭し余念がなくなるのだが。それで、結局のところ、2科目分の採点を行うのに、いつものように、たっぷりと5時間ぐらいかかってしまった。今回は、昨年度にいくつかの科目が終了しているので、2科目分とは言え、例年より大分少ない。

0804_4 K大の良いところは、非常勤講師のわたしでも使える無線LANが全大学内に張り巡らされていて、たいへん便利なのだ。採点結果をただちに送ることができる。F先生には毎回たいへんお世話になっていて、ほんとうに助かるのだが、さらに楽しみなのは採点完了の喜びと同時にやってくる、慣例となった乾杯なのだ。坂を下って、途中の宅配便で答案全部を放送大学本部へ送付し、その足で京浜東北線に乗り、関内へ出る。

0804_5 宵闇が迫る中、まだ昼の熱気が残っていたが、いつものビール・パブへ入る頃には、ようやく治まってくる。日曜日のせいか、席が空いていて、昨年立ち飲みしたことを思い出しながら、エールの「アングリー・ボーイ」のパイントを飲み干した。

« 試験監督という面白い?出来事 | トップページ | 長野学習センターでの面接授業 »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/58037131

この記事へのトラックバック一覧です: 採点は楽しい:

« 試験監督という面白い?出来事 | トップページ | 長野学習センターでの面接授業 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。