« 茗荷谷の播磨坂でランチ | トップページ | 合宿が始まる »

2013/07/09

トーク・イベントについて

きょう図書委員会があって、委員の投票で、放送大学のリポジトリーの愛称が決まった。リポジトリーは、大学などが自前で蓄積した学術情報を貯蔵して、インターネットで公開しているサイトだ。

全国の大学でも、素敵な愛称が考えられている。眼に留まったものをピックアップすると、小樽商大の「Barrel 」なんかはシャレているし、賞を取ったらしいお茶大の「TeaPot」などは、センスがある。苦労した感じのある東北大学の「Tour(TOhoku Uni. Repository)」や福島大の「Fukuro(Fukushima Uni. ReapOsitory)」もある。

放送大学図書館の呼びかけに15件の応募があった。それで、各委員が二つずつ選んで投票したところ、自慢する訳ではないが、わたしが投票した二つが上位1、2を占めた。ひとつは、頭文字を取ったという意味のある愛称、もう一つは、放送大学のマスコットを捩った、どちらかと言えばあまり意味を重視しない愛称だった。結局、決戦投票の結果、後者が選ばれたのだった。意味がなくとも、可愛くて愛されるものが良いのだ。応募で当選した人に賞品がでるのか、と思ったが、どうやら名誉だけらしい。結果については、放送大学図書館のホームページをご覧いただきたい。

図書館長のM先生は、じつは放送大学叢書の委員長もなさっていて、今回のO先生の著書発刊記念トーク・イベントについても、大いに宣伝なさってくださることになった。また、広報からも、放送大学のホームページに載せてくださったとの連絡を受けた。

http://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/2013/250705.html

また改めて、S社のKさんからいただいた宣伝文をここに掲載させていただく、興味のあるかたは、ぜひ足を運んでいただきたい。

大久保孝治著『日常生活の探究 ライフスタイルの社会学』刊行記念

日常〉の大変化 これからの「幸福の物語」を考える

トークイベント:大久保孝治・坂井素思・長谷正人

近代化以降、これまでも大きな変化の波にさらされてきたわたしたちの〈日常生活〉。なかでも、人びとが共同体や企業とも切り離され居場所を失う「個人化の第二波」は、待ったなしで向き合うべき大きな波です。『日常生活の探究 ライフスタイルの社会学』の刊行を記念して開催されるこのトークイベントでは、著者の大久保孝治さん、社会経済学者の坂井素思さん、社会学者の長谷正人さんをお招きして、わたしたちの〈日常生活〉はどのようなものであったか、これからどのようなものであるべきか、歌謡曲・テレビドラマ・村上春樹の小説・ツイッターやブログ、さまざまな素材をとりあげ、共に考えます。

726日(金曜日)18時会場、1830分スタート

ジュンク堂書店渋谷店 喫茶スペース

|

« 茗荷谷の播磨坂でランチ | トップページ | 合宿が始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トーク・イベントについて:

« 茗荷谷の播磨坂でランチ | トップページ | 合宿が始まる »