« 牛込神楽坂の、本がたくさん置いてある喫茶店K | トップページ | 日本社会のひとつの歴史的転換点 »

2013/05/31

今学期最終の渋谷授業

0928_3 今学期の渋谷での面接授業も、早くも最終日をむかえた。K大の講義を終えて、久しぶりに教室の近くにある、オーガニックレストランへ行こうとしたら、きょうは貸し切りでお休みだと言うことだ。それで、六角橋商店街の奥まったところにある、学生の下宿時代に行きつけだったキッチンTへ寄ることにする。

0928_4 学生街なので、量の多いメニューが多くを占めていて、テレビの「孤独なグルメ」でなぜこの店が取り上げられたのかわからないが、もちろん美味しいからというのが前提なのだが、そのときもジャンボメニューを取り上げていたから、やはり量の問題はこの店の大きな要素なのだと思われる。美味しい上に、量が多いのだ。古典的な定食である「ハンバーグランチ」があって、いつもこれを頼んでいる。これにはハンバーグだけでなく、魚のフライがつく。それに、鰹節の効いたみそ汁と、ソースの美味しい野菜サラダがあれば、申し分ない。大学生時代に近くに下宿していて、このキッチンにほぼ毎日通っていた。そのときの味は、今でも忘れないのだ。

渋谷の講義で、今日のテーマは、「多様性」である。といっても、たくさんある多様性とはひと味違っているところを鑑賞してもらった。都市経済学のJ.ジェイコブズを今学期のはじめの時間に取り上げたのだが、そのときは、社会運動家としての側面を取り上げてしまったので、今回は理論的・原理的な、知られていない面をとくに取り上げたいと思ったのだ。多様性については、生物多様性がマスコミに取り上げられたこともあって、現代を特徴付けるキイワードともなっている。けれども、社会的な多様性については、わたし自身これまであまり論じてこなかった。これを機会に、ジェイコブズを通して、まとめてみようと思ったのだ。

学生の方々の意見も聞くことができ、最後は時間が足らないくらい充実した時間となった。18時から21時までという、授業とはいえ、こんなに遅くまでつき合ってくださって、ほんとうに感謝している。若手の講師たちも興味深い意見を述べてくれて、楽しい時間を過ごすことができた。4回の中では、取り上げた書籍も、テーマが非正規雇用から社会保障政策、日本的経営からアベノミクスまで幅広い内容となった。また、来学期も新たなテーマを取り上げていきたいと考えている。

Img_0049_2 体調もかなり悪く、仕事もたまって居るので、今日の打ち上げ会は失礼しようと思っていたが、いざ授業を終わってみると、軽く一杯くらいであれば、大丈夫ではないかと思い直した。渋谷駅前のプラザビルの8階で、授業は行われているのだが、その裏口へ出れば、直ちに飲み屋街が広がっている。

530_3 井の頭線のあるマークシティの対面角にある、パブ風のビアレストランの野外樽の上で、フルーティなビールを一杯開けた。目の前を、勤めを終えた無数の群衆が通っていくのを眺めながら、若者たちの会話に頷いた。気分が良くなっていくのを感じながら、ネオンの下で、今日も暮れていく。

« 牛込神楽坂の、本がたくさん置いてある喫茶店K | トップページ | 日本社会のひとつの歴史的転換点 »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/57532736

この記事へのトラックバック一覧です: 今学期最終の渋谷授業:

« 牛込神楽坂の、本がたくさん置いてある喫茶店K | トップページ | 日本社会のひとつの歴史的転換点 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。