« 今日はモーツァルトの日と決めていた | トップページ | 逗子まわりの感性回復小旅行 »

2013/04/25

スィーツで感性を目覚めさせよ

Img_7684 戸山公園の中を散策しながら、W大の講義へ向かう。都営の公園には、形は細長く、歴史は粘り強く、苦労して土地を手に入れてきたような公園がいくつかあって、このような消え入りそうな土地がいかにして、都営公園になったのか、たいへん知りたいところだ。

Img_7697 いずれにしても、アヤメやスイセン、ツツジにサツキ、色とりどりの花々が公園の中に咲いていて、季節の花と交響曲を奏で合っている。途中、ベンチがあって、そこにはいま、藤の花が満開で、年をとった人から子どもまで集っている。きっとこんな棚の下では、知らない人とでも口を利きたくなるだろう。

Img_7682 演習が終わって、教員控え室へ行くと、O先生が探していました、とカウンターの人に告げられる。研究室へ向かっているうちに、電話が鳴って、向こうから、やあといらっしゃるのが見えた。

Img_7802 久しぶりに、カフェGへ行こうということになった。二階に上って、入り口を入った正面に、ケーキのショーケースが置いてあって、パウンドケーキがそこにあった。現在の口内炎を煩っている身からすると、これが柔らかそうで適当だ、という上からの声が聞こえた。ところが、店のカウンターへそのことを告げに行くと、さらにそこにはチョコレートケーキと、そしてぽこっとした、リンゴのタルトが焼きたてですよと言っているみたいに並んでいて、こちらの呼び声の方が大きく聞こえてしまったのだった。

Img_7689 O先生との話は、雑談のように聞こえるのだが、あとで考えてみると、なんとなくつながっている。前回会ったときに、社交の感性を開拓しているという話を、なんだかんだとおしゃべりしたのだが、今回の社交は、なんとジャズなのだという。ジャズは社交だ、みたいな植草甚一風な好事家的なことになっていくのかと思えば、そうでもないらしい。

Img_7809 この年になって、一つのジャンルの新しい音楽を改めて聞き始めるというのは、きわめて珍しいと思う。音楽はやはり習慣だから、日頃なんとはなく聴いていて、それが身体の中にしみ込んでいる必要がある。この土壌があるから、たとえばジャズの新曲を聴いても、なんなく受け入れることができるのだと思っていた。だから、年を取ると、新しいジャンルへ挑戦することは難しいし、それよりも意欲がふつうは湧かないのが当たり前だ。ところが、O先生には、新しい状況として、いくつかの必然性があるらしい。

Img_7676_2 ひとつは、ジャズ喫茶へ通い始めたということらしい。O先生は、蒲田にお住まいなのだが、そこのサッチモという花屋さんが数年前に早稲田の図書館のそばへ移転して、今度は「ナッティ」というジャズ喫茶を開いているらしい。この人脈があって、人を繋いでいるものとして、ジャズを聴くことが必須になっているのだと、おっしゃる。はじめて、ジャズにあげ入れるにしても、社交から入っている。これは、わたしにとってはちょっと不思議な感じがするのだ。若いときならまだしも、この年でジャズかとも、自分のことは棚にあげて思う。けれども、まあ、女性に入れあげるよりはましか、とも思う。

Img_7812 もうひとつのほうが、自然かもしれない。一枚のCDを購入して、聴いているのだそうだ。何に由来して、そのCDなのか、というところは、尋ねたはずなのにわすれてしまったのだが、けれども、自分でも若い頃に、ジャズ喫茶へ通って、これだ、というので、聴き続けたという経験があるので、解る気がする。音楽では、社交と同じように、出会いで何かが始まりだすのだ。一枚のCDの中から、思わぬ世界が発展していくことはかなりの確率であり得ると思われる。感性の発展は、年をとってもまだまだ続くと、O先生は自然に考えているのだろう。すべてのジャズファンが、このようにして聴きはじめたことはたしかだ。

さらに、もうひとつの理由がありそうだったが、それはひとりの小説家をめぐる話だったので、話が長くなりそうだった。それで、楽しみに残しておいて、それは後日聴くことにして、今日最後のコーヒーを飲み干した。

« 今日はモーツァルトの日と決めていた | トップページ | 逗子まわりの感性回復小旅行 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/57250430

この記事へのトラックバック一覧です: スィーツで感性を目覚めさせよ:

« 今日はモーツァルトの日と決めていた | トップページ | 逗子まわりの感性回復小旅行 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。